1. TOP
  2. 保険活用術
  3. 生命保険は一時所得を有効に活用せよ!受取り方で大きな違いになる?

生命保険は一時所得を有効に活用せよ!受取り方で大きな違いになる?

保険活用術
  150 Views

生命保険を貯蓄代わりに利用している人は少なくありませんね。

 

それはやはり支払った保険料より増えて戻ることも多いからではないでしょうか?

 

その増えたお金に対しては、この日本は税金がかかることになっています。

 

銀行の利息とかにも税金がかかるのと同じことです。

 

その増えたお金にかかる税金は一時所得というもので申告することになっています。

 

その一時所得について見ていきましょう。

生命保険の一時金は一時所得として申告

一時所得という名前を聞いたことがあるでしょうか?聞いたことがない人もいると思いますので、国税庁のホームページから詳細を抜粋します。

 

「一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。この所得には、次のようなものがあります。」

(1) 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)、競馬や競輪の払戻金
(2) 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期返戻金等
(3) 法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除きます。)
(4) 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

~国税庁ホームページより~

 

簡単にいうと、お給料のような継続的なものではなく、一時的に受け取れる所得のことをいいます。

 

この一時所得には一時所得独自の計算方法があります。

一時所得の計算方法は?

一時所得があったときには、通常の所得の計算方法とは違う計算式をすることになります。一時所得の計算は下のような計算式で算出されます。

 

総収入金額ー収入を得るために支出した金額ー特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

 

収入を得るために支出した金額というのは、例えば生命保険の場合ですと、それまでに支払った保険料総額のことを指します。

 

ですから受け取った金額すべてが一時所得の対象というわけではありません。

生命保険契約での一時所得を計算してみよう!

一時所得というのは、生命保険でいえば解約返戻金など一時に受け取るお金のことをいいます。

 

この一時金が支払ったお金よりも増えていれば確定申告をする必要があるということですね。

 

では具体的な一例を上げてみます。

例:35歳の男性 

加入保険:終身保険

保険料:毎月5万円

最終支払:60歳

解約返戻金:1800万円

 

上記のような方の例で説明します。

 

毎月5万円の終身保険に25年間加入したとします。この保険に支払う保険料総額は以下のようになります。

 

50,000円×12ヶ月×25年=1500万円

 

この保険の解約返戻金は1800万円ですので、支払った契約者は300万円のお金が増えて戻ってくることになります!

この増えた300万円を先程の計算式にあてはめてみます。

 

総収入金額1800万円ー収入を得るために支出した金額1500万円ー特別控除額50万円=一時所得の金額250万円

 

そしてここがポイントなのですが、所得金額と課税所得金額は違うということです。

 

どういうことかというと、求めた一時所得額の70万円に税金がかかるのではありません。

 

この求められた一時所得額の1/2が課税所得額になるのです。

 

つまり今回のケースでいえば250万円の半分の125万円

 

この125万円が税金がかかってくる対象金額になるのです。

 

ですから実際には300万円増えたにもかかわらず、実際に税金がかかる対象の金額は125万円だけになるのです。

 

この125万円を毎年の他の所得と合算して、確定申告を行います。この他の所得と合算することを総合課税制度といいます。

生命保険契約の受け取り方は一時所得が関係するものがある!

この一時所得の仕組みを上手く活用することで、増えた一時金の中から支払う税金を少なくすることも可能になります。

 

ではその方法はどうするのか?

 

それはマネー講座に来ていただいた方にはこっそりとお教えしたいと思いますので、是非とも参加してくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

FPが教えるお金の教室の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FPが教えるお金の教室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

FP福田稔也紹介 FP福田稔也一覧

FP福田

FP福田

元大手金融期間出身のファイナンシャルプランナー
お金の情報に精通し、年金不安のあるこの時代に効率的かつ無駄のないお金の残し方や貯め方を発信している。
アドバイスの内容はわかりやすいと特に女性に好評。
これまでの相談件数は延べ2000人以上で9割以上の人から指示を得ている。

関連記事

  • 生命保険は掛け捨てが本当に良いのだろうか?計算したことある?

  • 生命保険の基本形は3つ!これを理解すると見直しのとき便利!

  • 外貨建て保険のメリットとデメリットは?加入していい人はどんな人?

  • 医療保険の選び方は?プロが教える誰でも比較できる3つのポイントは?

  • がん保険は必要か?女性の選び方のポイントやおすすめの入り方は?

  • 30代既婚女性に医療保険は必要?保険料の平均とおすすめな選び方を3つ!