相続のご相談

相続放棄には期限が?相続放棄申述書を裁判所に提出するのはいつまで?

相続放棄というのは、「私は相続人になりません」という申出をして、家庭裁判所に認めてもらうことです。

 

相続放棄は法定相続人全員で行うことになっています。

相続はプラスの財産もマイナスの財産も引き継ぐ!

相続放棄の一番の効力はプラスの財産もマイナスの財産も一切引き継がないという意思表示を示せることですね。

 

相続放棄をすることにより、その法定相続人は最初から相続人の立場ではなかったことになるのです。

 

そうすることにより、もし親が莫大な借金を抱えて死んでしまった場合でも、子供に借金を残すことがなくなるので子供たちの生活に迷惑をかけることはなくなります。

 

つまり、何も借金をしていない相続人に全ての借金を引き継ぐというのは、法的にみても妥当性に乏しいので、相続放棄という手続きができるのです。

 

ただ、親が借金をしたのは自分たちにも責任があるということで、借金をすべて引き継ぐこともできますし、また限定承認という方法もとれます。

 

限定承認の場合はその借金の一部を返済していくことになります。

相続放棄の手続きは相続放棄申述書を提出する!

相続放棄は各々の相続人が、自分が「相続人になったことを知った時から3ヶ月以内」に、「相続放棄申述書」を家庭裁判所に提出する必要があります。

 

そして、その申述書が家庭裁判所に受理され不備がなければ、相続放棄として認められることになります。

 

その際、未成年者(または成年被後見人)の場合は、その法定代理人(親など)が代理して申述します。

 

この相続放棄ができる3ヶ月以内に申述書を提出しなかった場合、単純承認ということになり、財産をすべて引き継ぐことになります。

 

これには例外がありまして、家庭裁判所に期間の延長を申し出することは可能です。

 

また相続放棄は各相続人が自分の意思でできることもポイントとして上げることができるでしょう。

 

要するに遺産分割協議のように全員で行う必要はなく、あくまでも自分個人の意思で「単独」で行うことができる点は見逃せません。

 

先程も申し上げたように、相続放棄した者は最初から相続人ではなかったということになりますので、他の相続人が単純承認したとしても、自分だけ相続放棄するということもできるのです。

 

ただ、これには注意が必要です。

 

マイナスの財産しかないときには、もし自分だけ相続放棄すると、他の相続人に借金が引き継がれてしまいます。

 

もしこうなれば他の相続人に迷惑がかかる可能性も出てきますね。

 

こんな時には他の相続人に

 

「自分は放棄しようと思うんだけど」

 

というような声をかけてあげるといった思いやりの心が必要になってくると思います。

 

プラスの財産であれば自分だけ放棄するのはOKでしょう。

相続放棄をしても受け取れる財産とは?

相続放棄をいうのは財産権をすべて放棄するということになりますので、基本的には何も受け取ることができません。

 

そういう制度ですから当然といえば当然です。

 

しかし、仮に相続放棄をしても親から残してもらえる財産があるのをご存知でしょうか?

 

その財産を有効に活用することができればいい話だと思いますが。

 

このようなご相談を色々と受けていますと、やはり知識は必要だなあと痛切に感じます。

ABOUT ME
FP福田
元大手金融期間出身のファイナンシャルプランナー お金の情報に精通し、年金不安のあるこの時代に効率的かつ無駄のないお金の残し方や貯め方を発信している。 アドバイスの内容はわかりやすいと特に女性に好評。 これまでの相談件数は延べ2000人以上で9割以上の人から指示を得ている。
法人保険についてのご相談

一人会社の社長で利益が出ている会社は節税にお悩みの方も多いですね。

また債務免除益で利益が出てしまう人などもお困りの方が多いと思います。

法人保険に関しての情報は私の方では多くの情報があります。

また節税方法も多岐に渡りまして、いろいろな会社と情報共有をしておりますので、節税を色々と考えている法人の社長様はこちらからご連絡いただければと思います。

また

「今顧問契約をしている税理士さんに不満がある」

「税理士を変えたい」

などのご相談も承っています。

法人保険に関するご相談については下記フォームよりご連絡ください。





節税に関して一人会社の保険について債務免除益対策