生命保険の基本形は3つ!これを理解すると見直しのとき便利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

「生命保険って種類が多すぎてよくわからない!」

こういう事を仕事柄よく聞きます。しかし実際のところ生命保険の仕組みというのはそれほど難しくはありません。

基本の形は3つしかない

今回は死亡保障の話をいたしますが、保険の基本の形というのはたったの3つしかなく、それを覚えてしまえば案外保険の仕組みに詳しくなれるのです。

ただよくわからない特約がついていたり、基本の形をわかりにくく表現しているものがあるので、そういったものを見て、難しいと感じられるのではないでしょうか?

生命保険の基本の形は下記の3つに集約されます。

kihonkei

定期保険

定期保険というものは、一般的には掛け捨てのものが多いです。保険料が安価で死亡保障が大きいものがこのタイプに多いですね。

この定期保険とは、保険の終わり(期間満了時)が決まっています。そしてその決まった期間だけの保険ですので、比較的保険料が安いのが特徴です。

つまりこの「定期」という意味は「期間が決まっている」という意味になりますね。例えば30歳から60歳までの保険ということになるので、この期間の外にいけば保険は終了しています。

ただこの「定期」という言葉でよく勘違いする人が多かったりします。定期預金とは全く別物であるとご認識いただければと思います。

例えば保険期間は10年、15年、20年といった期間だけ保障があります。その保険期間を長く設定することも可能です。(80歳・100歳など)

例えば子供が小さいときにだけ保障が必要であるとか、この10年だけ必要であるとかで利用するのがよいでしょう。

養老保険

これは大昔、国内生保の主力商品として君臨してきた商品です。保険料は 3つのなかで一番高い貯蓄タイプの保険です。

わかりやすくいいますと 死んだ時に受け取る保険金と満期時に返ってくる時の満期金が同じ金額のものになります。

例えば、死んでも1000万円、満期で受け取る時も1000万円というものです。(どちらかしか受け取れません)

これは以前、例えばバブル経済の時などは運用利率がよかったので非常にいい商品でした。というのは支払総額が 600万円で、満期金として1,000万円受け取りをすることができたのです。

支払った金額600万円→受け取った金額1000万円

こんな商品が過去にはあったんですね(笑)今はもう…

今は1,000万円の満期金を受け取るには980万円の支払いが必要というものに なっています。貯蓄商品としての魅力はもはやほとんどありません。

スポンサーリンク

終身保険

これは読んで字の如く、終身ということですから一生涯の保障という意味になります。これに定期保険を 上乗せしたものとのミックスで提案しているものもよく見ますね。

極端に言いますと、人間は必ず死を迎えることになりますので、続けていれば必ず保険金がもらえる保険です。また、この保険は養老保険と同様に貯蓄タイプの保険です。

養老保険と違うところは、 満期がないという点と養老保険よりも保険料が安いというところです。

また、一生涯の保障がありますが、払込期間は自由に設定することができるので、 例えば20年間で支払いを終了させても、
保険期間は一生涯、ということもできるのです。

そして、支払い期間が終了したあとも貯まったお金が増えていく仕組みになっているのです。よって、お金を貯めたい方には今この終身保険の方が好まれる状況にあるのです。

また必ず保険金を受け取れますので、相続には相性のいい保険です。ただ現在マイナス金利の状況がありまして、この保険の販売を停止している会社が増えてきています。

一応まだいい商品は残っていますので、ご相談いただければご紹介することは可能です。

まとめ

最後にまとめをしていこうと思います。

  • 生命保険の基本の形は3つしかない
  • 定期保険・養老保険・終身保険の3つ
  • タイプが違うので、自分のタイプにあった保険を選ぶ!

以上生命保険の基本形を説明いたしました。ただこれを知っただけでは良い保険選びはできません。

ただこの知識を知っているか知らないかで、今の自分の保険を見直すキッカケになるのではないでしょうか?

参考にしてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*