40代独身女性の平均貯金額は?老後のためにはいくら必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

40代の女性と一口にいっても40歳の方も49歳の方も様々いらっしゃると思います。

 

ですが40代に入りますと、記憶にある人生が割と長くありますので10年後とか15年後が普通に考えることができてしまう世代でもあります。

 

なので40代女性になってくると老後というものが少し頭をかすめてくる世代ともいえるでしょう。

 

特に独身の方になりますと、これまでに余り貯金に対して意識がなかった人でも少しは考えるようになってきます。

 

40代の独身女性のお金についてスポットを当ててみましょう。

 

40代の女性の平均年収は?

ここでは独身女性というのは働かられていますので、平均年収を調べてみましょう。

 

平均とかはあまり参考にはならないのかもしれませんよね。一部上場企業の人もいれば町工場で働いている人たちの平均ということになりますから。

 

ただそれでもデータというのは、何かと役には立ちますし目安にはなると思います。

 

国税庁のデータによると下記のような数字になっています。

年齢階層別の平均給与

40歳から44歳 289万円

45歳から49歳 273万円

 

意外な結果ですが45歳から49歳までの方が年収が下がっているんですね!

 

いやいやこれは驚きでした。日本の会社組織というのは年齢が上がっていけばやはり上がっていくものだと思っていましたので。

 

もちろんここには結婚した既婚者のデータも入っており、一概に安くなっていきますというものではありませんけど。

 

そう考えると40代から50代にかけては、貯蓄をしていく必要がある時期だといえるでしょうね。

 

40代女性の平均貯蓄額は一体いくら?

そして気になるのがみんなの財布の中身でしょう。

 

収入が減ってきていますが、これまでに蓄えてきたお金がいくらあるのかが気になるところではあります。

 

そしてその平均貯蓄額はなんと949万円となっていますね。

 

やはり男性よりも女性の方がかなりお金に対してきっちりしていることがよくわかります。

 

男性ですとこういうわけにはいきませんからね。ただこれで安心というわけではもちろんありません。

 

まずはこれは40歳から49歳までの平均ということが一つ挙げられると思います。

 

49歳と40歳では9年も違いますから、年間50万円貯めていけば450万円も違う計算になりますよね。

 

そしてやはり老後の不安ということがいえると思います。

 

いくらあっても将来に対しての不安は残ってしまいます。というのもそれはやはり30代の時と比べて体力がかなり落ちていることも考えられると思います。

 

ちょっと夜中まで飲んだり、外に飲みに行って帰ってきたら次の日がしんどい、なんてことも結構あるのではないでしょうか?(笑)

 

それはやはり基礎代謝が落ちていることもかなり関係があるようですので、やはり日ごろからの運動は必要になってきますよ!

 

おっと話がそれかけていますが、40代の人は堅実な人と堅実ではない人とはっきり分かれる年代でもあります。

 

というのはやはりバブルを経験していたりする世代でもありますので、なんとなくでしか貯金をしている人も少なくないと思われますよ!

 

スポンサーリンク

老後は一体いくらいるのか?

では老後が不安といいますが実際には一体いくらあれば割と安心して迎えることができるのでしょうか?

 

一説には3000万円とか4000万円とかも言われています。

 

ただ独身女性が一人で老後を迎えた場合、住宅のことが最も大きくかかわってきます。

 

すでに自分で住宅を買っている方もいるでしょうし、または賃貸の方もいるでしょう。

 

はたまたご両親から相続することもあると思われます。

 

なのでこの住宅問題をまずは考える必要があるのですが、ない場合で考えてみましょうか。

 

そうすると例えば家賃が8万円ほどすると生活費は12万円くらいは最低かかりそうな感じはします。

 

もう少し少なくてもいけるかもしれませんが、その時には物価もかなり上がっているからやっぱり20万円くらいいるんじゃないのかな?

 

とすると年金でもらえる金額が仮に13万円程度あったとしても約7万円くらいは不足する公算が高いと思われます。

 

年間でいえば84万円。20年で考えると1680万円。うーん、やっぱり2000万円くらいのお金は必要な気がしますね。

 

でもこの金額って多分あんまり遊びにいけない気もしますがね(笑)

 

計画的に老後2000万円を達成する!

ではやはり2000万円くらい必要だということがわかったところで、40代の中でもちょうど真ん中の世代である45歳の方が2000万円ためる方法を一例として説明してみましょう。

 

例えば45歳の独身女性で現在700万円の貯金を持っている人がいるとします。

 

年金を受け取る時期、つまり65歳までに2000万円貯めようとしますと20年間で1300万円ものお金を貯める必要がありますね。

 

となると単純計算した場合、1年間で65万円の貯蓄が必要になってくるのです。

 

毎月で考えると5.4万円もの貯蓄が必要です。

 

でもこれはできる人とできない人もいるでしょう。

 

もし毎月でできない場合は、ボーナスのある人であればボーナスで一部分を貯めることも考えた方がよいですね。

 

でもそれでも毎月3万円くらいは捻出していった方がいいと思います。

 

例えば携帯を格安SIMに変えるとかも必要かもしれませんね~

 

ただ、やはり今の生活も大切です。おいしいものはやはり食べた方がいいですし、美容にも気をつけたいところだと思います。

 

なのでやはり計画的に貯蓄をしていくいことが重要だと思います。

 

なのでまずは2000万円貯金するんだ!ということを目標することから始めましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。