1. TOP
  2. 40代女性向け
  3. 40代アラフォー独身女性の保険料の平均は?積立てか掛け捨てか?

40代アラフォー独身女性の保険料の平均は?積立てか掛け捨てか?

40代の独身女性は体力的にはまだまだ元気ですよね。

最近の日本人は昔と比べても全然若く見えますので、40代といえども30代に見える人もたくさんいます。

ただそうは言っても20代・30代から比べて考えてみると疲れやすくなっていたり、お酒が抜けにくくなっていることもしばしば(笑)

 

保険は告知書という健康に関する質問項目があるので、保険を考えた場合には少し不安が出てきます。

まだ健康なうちに保険に入っておこう!と考えている40代の独身女性の保険は何に入ったらいいのか?

その辺りについて色々と説明していきましょう。

40代独身女性の医療保険は何がおすすめか

今独身ということは、養う必要のある家族を持っていないので、大きな死亡保障は必要ないですよね。

となるとまず40代の独身女性に必要な保険として真っ先に思いつくのは入院した時の保険になるかと思います。

ではどんな医療保険に入ると安心できるのでしょうか?

掛け捨て型

医療保険というと、掛け捨て型を思いつく人の方が大半ではないでしょうか。

会社員で有給もあるから、それほど大きな入院保障も必要ないとは言っても何もないのは不安なので少しは入っておきたいという声はよくあります。

 

また高額療養費制度もありますので、入院費用もそれほど多くの保障は必要ないとも考えられますね。

安いものであればそれこそ2000円程度で加入できるものもあります。

ただ現在の医療保険は色々と進化していまして、通院重視ですとか一時金重視ですとか様々なタイプがあります。

自分のお勤め先によってもかなり変わると思います。

もしご自身が自分で商売しているのであれば、あまり長くは入院できないと思いますので一時金でたくさん受け取れたり、入院はそもそもできない人であれば通院重視の方がいいかもしれません。

貯蓄・積立型

そうは言っても払っているお金を無駄にしたくない!という人もいますよね。

そういう方には「払ったお金が戻ってくるタイプの保険」などもありますので、そういう貯蓄型の保険なんかが候補になってくると思います。

ただお金が戻る仕組みの保険になっていますので、掛け捨てタイプよりかは保険料が高くなるのは仕方のないところ。

自分がどこまで保険料を支払えるのか、支払えるとしたら結果的にいくら戻ってくるのかをしっかりと計算する必要がありますね。

女性は男性に比べると平均寿命が長いので、お金を残すことのできる保険は実はいい保険の可能性はありますよ。

がん保険などの女性疾病の保険

普通に軽い病気での入院であればそれほど大きな保障は必要ありません。

ただ40代の女性にとって怖い病気といえばやはり「がん」。

「子宮がん」や「乳がん」などの女性だけにしか罹患しないガンもあります。

私はこれまでに40代の女性の方が「ガン」になった人も大勢見てきました。

やはり「がんです」と言われることは精神的に辛いです。

そうなるとお金の部分だけでも心配がなくなるのは精神的にかなり楽になります。

がんの種類によれば多額の治療費や治療に関係する費用が必要になるケースもあります。

病気になって貯蓄をかなり取り崩したことを想像すると、せっかく貯めたお金が治療費でなくなるのも心理的には不安になります。

「保険に入っておけばよかった!」となる前にがん保険は今から考えておいても損はないと思います。

40代独身女性の生命保険は必要?

死亡保障は必要か?

では死亡保障は必要でしょうか?

独身ということですから、それほど大きな保障は必要ない人が多いと思います。

ただもし自分に何かあった時に人様に迷惑をかけたくないという人はいるでしょう。

貯蓄が十分にあれば死亡保障はそもそも必要ないとは思います。

葬式代はいくらくらい

でも全然いらないからといってもお葬式費用くらいは準備したいという人も私がこれまでに相談を受けてきた人の中には大勢いました。

今お葬式代って一体いくらくらい準備すればよいのでしょうか?

よく保険会社のデータとかでみると300万円くらいというのがありますが、あれを鵜呑みにする必要はないと思います。

家族葬であればもっと安価ですることができますし、それこそ100万円あれば全然十分かもしれません。

ただそこのところは地域とか置かれている環境によって大きく変わってくる部分ではあるので、各々の判断が重要になるのかもしれません。

一つの目安としては100万円から200万円くらい準備している人が多いというのは知っておいても良いかもしれませんね。

40代独身女性に個人年金保険は必要?

パートナーと結婚するかも?

もしも結婚する予定があったとしても、またなかったとしても生きていく上でパートナーの存在はいる方が安心という人もいます。

そのパートナーと一緒に楽しく暮らす為にも、将来の資産形成はしっかりと今からしておくことに越したことはないでしょう。

アラフォー女性の方なら、今後結婚しても仕事は続ける人が多いでしょうから、自分で無理のない程度に将来の年金を今から準備しておくことは重要だと思います。

老後を一人で迎えることも視野に入れるか

そして40代の女性の心配事の一つに一人で生きていくかもしれない、というのが潜在的にあると聞きます。

そうなってくると大きな不安の一つが老後の年金でしょう。

会社員勤めの方は厚生年金に加入されているので、自営業の人よりは年金は少しは安心ですよね。

ただじゃあその会社員の時に掛けていた公的年金(厚生年金)だけで暮らせるか?というとそれはまた別の話。

その老後の不安を解消できるかどうかは別として今から積立てたり、貯蓄をするのに有効な保険は個人年金保険になります。

ただ今の日本の低金利であれば、保険商品でも貯金でも増やすことはなかなか難しいのが現状です。

 

この低金利な時代に個人年金保険料控除という国の仕組みを使うことは賢い方法です。

ちなみに個人年金保険料控除の額はマックスで4万円。

この控除を一年間使うことができれば、年末調整などで戻ってくるお金は6000円とも8000円とも言われています(所得によって異なります)。

この制度は今の低金利時代にはできるだけ活用してほしい国の制度です。

将来の住む家によって変わる

独身女性の老後でもう一つ大きく気になるのは、住居費ではないでしょうか。

今はご両親と一緒にお住まいという方も非常に多いと思いますが、一人で賃貸マンションに住んでいる人もいますよね。

賃貸の場合であれば、将来ずっと家賃がかかってくるのは年金だけの生活になった時には大きな負担となります。

もし賃貸で住んでいるのであれば、設備も充実している分譲マンションを購入するというのも一つの選択肢だと思います。

まとめ

どの保険に入ればよいのか?

ここまで説明してきましたが、では一体どんな保険にいくらくらい入ればよいのでしょうか?

それはもらっている年収なども違いますし、置かれている環境によって変わってきます。

ただ大まかに分けると以下の3パターンになるかと思います。

 

1.必要最低限の入院保険だけに加入したい

2.掛け捨てでお金を捨てるのは勿体無いから戻ってくる保険に加入したい

3.将来の老後不安があるから個人年金には入っておきたい

 

私のこれまでの経験上で話すとこういう意見の人が多いですね。

何れにしても保険に加入したい!と考えている女性は「将来の安心」がほしい方だと思います。

となると自分が生きている間に信頼できるアドバイザーがいると心強いですね。

誰に相談する?

そこで誰に相談したらいいのかわからないという方もおられると思います。

街中に行けば保険ショップがいくらでもありますが、知らない人とお話するのが不安なこともあるでしょう。

ただ保険ショップにもいい人はたくさんいますし、FPの中にもいい人はたくさんいます。

私はファイナンシャルプランナーで、保険営業マンとの付き合いもあります。

こういうFPを紹介するサイトにも私自身が登録していましたので、こういったサイトを利用するのも悪くないと思います。

 

ただFPや保険営業マンとお話する時には必ず知っておいた方がいいポイントというものがあります。

このメールマガジンに登録すると、保険営業の人やFPに聞くべき7つの質問をステップメールで順番にお伝えしています。

まずはこのメールセミナーで勉強してくださいね!

メールマガジンに登録する!

\ SNSでシェアしよう! /

FPが教えるお金の教室の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FPが教えるお金の教室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

FP福田稔也紹介 FP福田稔也一覧

FP福田

FP福田

元大手金融期間出身のファイナンシャルプランナー
お金の情報に精通し、年金不安のあるこの時代に効率的かつ無駄のないお金の残し方や貯め方を発信している。
アドバイスの内容はわかりやすいと特に女性に好評。
これまでの相談件数は延べ2000人以上で9割以上の人から指示を得ている。

関連記事

  • 40代独身女性の平均貯金額で老後資金は足りる?年金の不安をなくす貯金方法は?