30代シングル女性で医療保険は貯蓄型と掛け捨てならどちらがいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

20代の時よりは少しいいものを食べたり、美容に関しても少しいいものを使うようになったりと30代の女性はとかくお金の支出が多くなる頃だと思います(笑)

 

そして30代のシングルの女性になると医療保険とか色々と考える時期にきますね。

 

少し疲れやすくなったり、婦人系の病気が気になる時期でもあると思います。

 

そんな時に「医療保険でも入っておこうかな?」と思う方にとって貯蓄型がいいのか掛け捨て型がいいのかは判断に迷うところですね。

 

ここではそういった方に少しでも参考になる情報を出していこうと思います。

 

貯蓄型の医療保険はお得?

日本人の特性上、貯蓄型という言葉はかなり耳障りのいい言葉になるというのはよくわかりますね。

 

支払った保険料が貯まっているのか貯まっていないのかは、仮にやめた時に全然違う気持ちになるものです。

 

ましてや基本的には掛け捨ての保険が多い医療保険でお金が貯まるとすれば、これはちょっぴり嬉しかったりもしますね。

 

では一体どういうタイプなのか簡単に説明してみましょう。

 

これは例えば60歳とかになれば支払った保険料を全て還元しますよ、という保険になり一般的には貯蓄型と呼ばれているのかもしれません。

 

具体的な金額で表すと例えば35歳の女性が3500円の毎月保険料を支払うとします。

 

3,500円×12ヶ月=42,000円×25年=105万円

 

この金額が60歳になった時一度も医療保険の給付申請をしなければ全額戻ってくることになります。

 

ほとんどの医療保険が支払った保険料よりも給付金の方が少ないため、こういうシステムの保険は悪くないと思います。

 

ただ注意しておく必要があるのは、その年齢になってお金が戻ってきたら保障はその時点でなくなります。(掛け捨て保険として継続することもできますが)

 

こうやってほとんど全てのお金が戻ってくるというのは、シングル女性からすると嬉しい仕組みになるのかもしれませんね(笑)

 

掛け捨ての医療保険は損か?

それでは全額戻ってくる保険の方がいいのか?と言われると一概にそうとは言えません。

 

というのも全額戻ってくる部分というのは、基本的な保障の部分のみであり、例えば女性特有の病気に備えたり、ガンとか一時金の保障がついている特約という部分は掛け捨てになります。

 

シングル女性というのは基本的には働いている人がほとんどだと思いますので、自分の生活を守る必要もあるでしょう。

 

そうなってくると、本当に必要最低限の基本保障だけあれば良いのか?というと疑問が付く部分も出てきますね。

 

また30代になれば美容や健康についてお金を20代の時よりも使うことが多いでしょう。その生活レベルを下げたくない人もいると思います。

 

そういった方の場合、もし貯蓄だけで大きな病気を乗り切ることは貯めておいたお金が目減りすることを意味します。

 

将来のために備えておいたお金が病気と戦うためになくなってしまったりすると将来に向けてかなり不安が残ることにもなります。

 

そういったことまで意識して考えた場合、やはりしっかりとした保険に入っておきたいと考える人は少なくないのですよね。

 

なのでなんでもかんでも掛け捨てが勿体無い、ということにはなりません。

 

掛け捨て保険が時と場合によっては、生活保障としていい保険になることは当然のごとくありますよ。

 

掛け捨て保険の場合はコストを意識する

貯蓄型の保険ではなくて掛け捨ての保険に加入する時には、やはりコストを意識した入り方をした方がよいでしょう。

 

掛け捨ての場合は、何歳まで加入するといったことはまず最初に考えておく必要があると思います。

 

例えば60歳まででいいとか65歳まででいいとかですね。

 

バリバリ仕事をしている人であれば65歳くらいまで会社で全うするという人は、65歳までにしっかりとした保障に入っておくことも選択肢としていいでしょう。

 

もしガンとかの病気になって、部署が異動になり収入が少なくなる人もいます。

 

病気になったからといって会社がそのような理不尽なことは絶対にしないということを言えるでしょうか?

 

また終身の保障の場合であっても、この保険には一体いくら支払うのだろう?ということは絶対に調べておくべきことです。

 

そのようなコストを意識した入り方を考える場合、ある一定の年齢(60歳・65歳)までに支払ってしまうという保険は基本的にはコストが低くなる傾向があります。

 

また計算もしやすいのでコスト管理の意味で考えるとおすすめですね。

 

ここで一つ耳寄りのお話をいたしましょう。

 

もし60歳までに支払ったり、65歳までに支払うことを考えている方はもう少し短い支払い期間を考えて見るのはいかがでしょうか?

 

毎月や毎年の保険料は上がるのですが、トータルで支払う保険料総額は低いケースが多いです。

 

やはりいくら支払うのかがわからないものよりも、きちんと何年でいくら払うということがわかっている方が安心ではないでしょうか?

 

例えば毎月5,000円で25年間支払うといったような感じですね。

 

6万円×25年=150万円の支払いになる。

 

そういう意識が身につくと、金融商品全般をコストの面で考えることができるようになりますよ。(住宅ローンなども基本的にはこういう考え方でいいです)

 

スポンサーリンク

どちらがいいのか?

では一体掛け捨て保険か、貯蓄型の保険がどちらがいいのでしょうか?

 

今回のケースは30代のシングル女性という前提でお話をさせてもらっていますが、基本的には支出が少ない方がいいと思います。

 

その支出が少ないという意味はトータルの出費が少ない方がいいと思います。

 

掛け捨て保険を選ぶ場合も、できるだけコストが低いものの方がいいでしょう。できることなら早い期間で払込みすることが自分に有利なものになることが多いです。

 

また貯蓄性のものであれば、できるだけ長い期間で入った方がその間保障がありますので良いと思います。

 

ただその場合には生命保険はインフレには弱いということだけは意識しておいてください。

 

まとめ

ただ具体的にどの商品がいいのか?と言われるとやはり信頼できるFPや自分の担当者などに相談してみてはいかがでしょうか?

 

そうした場合もこういった考え方を持ってお話すれば、そんなに変なものは出てこないと思います(笑)

 

でも自分の意思をはっきり出さない場合は、この限りではないことも多くなってきます。

 

まずはコスト意識をもち、親身になってお話できる人と将来の自分のことについて一度真剣に相談されることをおすすめいたしますよ!

 

もしそういった方がいない、という場合には私の個別相談などを利用してもらっても構いません。

 

とにかくまずは自分の将来について一度考えてみてくださいね!

 

相談方法
個別相談スカイプ相談

相談項目
将来の資産構築教育資金作りの相談生命保険の再構築

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。