ファイナンシャルプランナーへの相談料が無料なのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

(2017年9月26日更新)

「ファイナンシャルプランナーって最近よく聞くけど、なんで相談料が無料なの?」

「相談料が無料というのは後で何か売りつけられるんじゃないの?」

 

こういう疑問を持たれている方は割と多い感じがします。

 

こんにちは大阪でFPをしています福田稔也と申します。

 

FPという仕事はお金の行き先案内人と言いましょうか、お金に関して自らの勉強した知識を教えている人といった方がわかりやすいかもしれませんね。

 

「そんな専門知識を持っていていいことを教えてくれているのに無料というのはおかしい」

 

このように思っていただけることは本当にありがたいことだと思います。

 

日本はFP後進国

家計の相談やお金の相談の専門家ということでファイナンシャルプランナーの認知度は日本でも少しずつ上がってきたように感じますね。

 

しかしながら、認知度アップしたからといって仕事の中身までわかってもらえている実感は正直ありません。

 

そしてFP資格を保有している人の中で、やはり多いのは保険の人や不動産の人になります。

 

なのでFP=保険屋さんと思っている人も多いのは仕方のない部分かもしれません。

 

米国ではFPは医師・弁護士のような先生と呼ばれる資格

日本では全く想像もできませんが、アメリカではお金の専門家であるFPという仕事は非常に社会的地位も高く、「先生」と呼ばれる資格だといわれています。

 

当然ながら、相談する人も尊敬の念をもって相談することになります。

 

そうなれば当然無料で相談にのることも少ないでしょう。

 

またアメリカでは、自分の資産をやはり「投資」をして増やそうと考える人が多いため、専門家の意見を求めることになります。

 

そうするとお金の専門家であるFPが活躍する舞台は少なくありませんね。

 

では一方の日本においてはどうでしょうか?

 

これまで日本は資産の多くを元本保証の商品を好む傾向にありました。

 

また金融商品を選択する際にも、自らが情報を取って選ぶというよりは、金融機関(銀行とか証券会社とか保険会社)に勧められて加入することが極端に多かったような気がします。

 

その金融商品を提供するためのサポートとして金融機関ではFPの資格を取得するように推し進めてきたことがあったでしょう。

 

それがFP全体のイメージとなってしまい、FP=保険会社=売りつけられる、というイメージが出来上がっていると思われます。

 

しかしFPの仕事というのは、下記の図のように多岐に渡るものです。

 

ではそのような専門職がどうして無料で行うのでしょうか?

 

FP相談でも有料のところはかなりある

FPに相談と聞くと、無料で相談してもらえると思っている人が多いのも一因としてはあるでしょう。

 

また地域柄の特性によっても変わってくると思います。

 

私は大阪にいますが、大阪で有料相談というのは結構難しかったりします。

 

その逆に東京の方では無料ではない方が相談に来る人が多かったりもします。

 

ただ有料にしているFPさんも最近はかなり増えてきていますね。

 

スポンサーリンク

無料にできる理由

ではどうして貴重な時間を取っているにも関わらず、無料にするのでしょうか?

 

FP会社(事務所)はライフプランとかリタイアメントプランとかを作成したときに、保険の見直しとかが出てくるケースが多くなります。

 

これは無理して保険を見直すということではなく、見直した方がよかったりするケースがあるということです。

 

「ライフプランをしたい!」という人は何らかの自分の身の回りのことが変化した方になりますので、そこで家計全全体を見直したときには保険を見直すという選択肢も出てくるのです。

 

それで保険に加入された場合には保険会社からFPに仲介手数料を支払うといった仕組みになっているのです。

 

また日本ではFPという文化が根づいていないことも大きな原因だといえます。

 

もう少し認知度とか社会的地位が上がってくれば、無料のところは少なくなってくるのではないでしょうか?

 

そして今はマイナス金利の時代で何も考えずにお金を置いていても全く増えない状況になってきています。

 

今後日本においてもファイナンシャルプランナーの果たす役割は非常に大きいと考えます。

 

私が無料にしている理由

私も最初の相談においては無料で相談を受けることにしています。

 

その理由は最初はお試しという意味合いが非常に強いからです。

 

違ういい方をすると、ライフプランを希望されない方から少し話を聞いただけでお金をもらうことはできません。

 

弁護士の先生でも30分5000円とかの相談料を基本的には取っていますが、私の紹介で相談すれば最初の相談料は無料だったりします。

 

また借金の過払い金請求の相談で弁護士事務所に行くケースも相談料は無料ですよね。

 

私は次に相談をする必要があり、今後もいいお付き合いをできるかどうかのお見合いのような感覚で最初の面談を考えています。

 

だから最初の相談料を無料にしています。

 

なので私と今後お付き合いできるかどうかで最初の無料個別相談をご活用いただければと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。