保険活用術

外貨建て保険のメリットとデメリットは?加入していい人はどんな人?

日本の金融商品の改定が起こりとてつもない金利で推移しているこの日本。

 

外貨建て商品が以前よりもかなり増えて銀行でも多く取り扱っていますね。

 

その中の一つの商品として外貨建て保険がありますね。

 

しかし、ネットで調べればわかりますが否定的な意見も少数ではありません。

 

この外貨建て保険についてのメリットとデメリットについて述べていきたいと思います。

 

外貨建て保険のメリットは?

銀行で一時払いの商品に加入されている方が多いこの外貨建て保険ですが、日本円よりも高金利で運用できるということで販売数を伸ばしています。

 

この保険のメリットということで考えられるのは主に4つあると思います。

 

この中に為替リスク(リターン)があるということはいれませんでした。

 

というのは為替は変動するものでメリットでもデメリットでもありませんから。

 

結果的にどちらかに振れた時に損益が出るものだとお考えいただければと思います。

1.金利が高いので円建てよりも運用がいい

金利が日本円よりもかなり高いので最終的に支払った金額よりも多く戻ってくる可能性が高いです。(もちろん為替変動によって変わります)

 

世界的に見ても日本はかなりの低金利国家です。

 

ドルや豪ドルも一時のことを考えたらかなりの金利の低さになっていますが、日本円のそれよりははるかに高利ですね。

 

ある程度の収益性を日本円の同じ商品よりも期待できるのはメリットといえるでしょう。

2.保険料が割安である

また予定利率が日本円の保険商品よりも高いため、同じくらいの保険料でより高い保険金を得ることができます。

 

例えばで言うと保険料の総額が400万円支払って500万円の保険金があるとした場合、これを外貨建ての保険で入った場合3万ドル支払って5万ドルの保険金を得ることができます。

 

仮に1ドル100円とすれば、そのコストの差は100万円。

 

もちろん為替によって変わるものではありますが、より少ないお金で保障を得ることはメリットといえるでしょう。

3.外貨を保有することができる

これは分散投資の話になりますが、今の世の中では日本円だけを保有するのは少し危険だといえるでしょう。

 

やはりどの投資のセミナーに行ったとしても分散投資は必要だということは盛んに言われています。

 

なので今は日本円でしか資産を保有していない方は外貨建て保険に入ってドルや豪ドルの資産を持つことは悪くはないでしょう。

 

こういう商品を持つと、為替に興味も出てきますからね。

4.生命保険料控除が取れる

まだ生命保険に加入していない人は生命保険料控除を有効に活用できます。

 

この控除に関してはこちらの記事でかなっり詳しく説明しています。

 

外貨建て保険の場合は、一般生命保険料控除と個人年金保険料控除の2つが現在活用することができる控除となっています。

 

この保険料控除を活用することを前提で、しかもまだ外貨を保有していない人はメリットがあるといえますね。

外貨建て保険のデメリット

メリットがある一方で外貨建て保険のデメリットも当然ありますね。

 

代表的なデメリットということで3つ上げさせてもらいました。

 

 

1.運用コストが高い

これは他の外貨建ての商品、つまり外国債とかFXとかに比べて運用コストが高いといわれています。

 

実際の話、一時払いの商品だと思いますが銀行には手数料を開示するように指示していますね。

 

この手数料などの運用コストが高いので、それが契約者の運用に回っていないという指摘もあります。

 

また何といっても保険商品ですので保険関係費用に回る費用も大きいともいえるでしょう。

 

よって既に保険に加入していたり、他の外貨建て商品と悩んでいる人はそちらを選ばれる方がいいかもしれません。

2.為替コストが高い

為替コストは意外と高いということを指摘されていることもありますね。

 

低いコストの代表と言えるFXと比べてみるとかなり高いでしょう。

 

これもFXなどの商品と比較したりしている方から見るとデメリットになりますね。

3.途中解約するとリスクがある

これが一番のデメリットかもしれませんが、途中解約をすると解約控除などがありますので支払った金額よりもかなり少なくなる可能性があります。

 

なので加入する際には、きっちりと何年支払うといった契約通りに支払うのが望ましいですね。

 

外貨建ての商品によっては、年数が短いものから長いものまで選べたりします。

 

基本的にデメリットを少なくするためには絶対に支払える期間を考えて契約するのが最善かと思います。

 

外貨建て保険に向いている人

この保険に向いている人というのは、より少ないコストで終身保険を必要とする人には合うと思われます。

 

外貨建てといえども中身は生命保険です。

 

ドル建てでの受け取りにはなるものの終身保険で若い方であれば、支払った金額以上のものは死亡保障として残ります。

 

また日本円だけしか保有しておらず、生命保険にも入っていない人は分散投資という意味でも検討する余地はありますね。

 

日本円よりも多く戻ってくる可能性もありますから、投資初心者や生命保険に入っていない人には向いているといえるでしょう。

 

また長期間の保有を考え、自分でどれだけ支払ったかを管理し、円に換えるタイミングを自分で計ることができる人は支払った平均為替よりも、いい為替の時に円に換えれば為替での収益も期待できます。

 

これは長期間保有するつもりであれば、意外と難しくはなくコントロールはしやすいと思います。

 

外貨建て保険に向かない人

外貨建て保険で否定的な意見を述べている人はこのような方になると思うのですが、すでにある一定レベルの金融知識を有している人は向いていません。

 

自分で分散投資などを考えることのできる方や、FXでバリバリ儲けようと思っている人などは外貨建て保険に加入しない方がいいでしょう。

 

確かに流動性のことを考えた場合、10年間置いておかなければならない金融商品というのはリスクになります。

 

また為替手数料に関してもFXなどと比べて見るとかなり高いことがわかります。

 

資産運用を自分である程度コントロールできる方は、資産を増やす選択肢に外貨建て保険を選ぶことはないでしょう。

 

まとめ

ここまで外貨建て保険のメリットやデメリット、そして向く人と向かない人について説明してきました。

 

資産運用だけの観点で見れば外貨建て保険以外の選択肢もあると思います。

 

しかも自分である程度コストを意識できたりする人などは違う商品を選んだ方がいいでしょう。

 

ただ全員が全員そのような知識を有しているでしょうか?

 

何もわかならいから、信用できる人に任せたいとかそんな人も実は私の経験上でも少なくありません。

 

こちらサイドの知識の問題はもちろんありますが、外貨建て商品に入ることでメリットを得ている人も少なくはありません。

 

私が言いたいことは、何でもかんでも外貨建て保険の販売ありきではよくないと思いますが、総合的な判断で選べばよいと思います。

 

まだ外貨を持っていなかったりとか、生命保険料控除を全く使っていない、年金保険料控除が余っているとかの状況で選ぶのは決して間違いではありません。

 

今から日本円で終身保険に入るよりも低コストで加入できることに魅力を感じる人もいるでしょう。

 

結局のところは、納得いくまで説明を聞くことが重要だと思います。

 

また商品によるのですが、支払期間は短い方がおすすめです。

 

もし色々と疑問があるようであれば個別相談していただければと思います。

 

ABOUT ME
FP福田
FP福田
お金の持っている力を最大限に生かすコスパコンシェルジュ 情報を調べて、今できる最大限に効果の高い商品の購入方法をアドバイスしている。 これまでの相談件数は延べ2000人以上で95%以上の人から満足をしてもらっており、また陸マイラーとして実績は半年で20万マイル獲得の実績。
毎月1万節約して2万円増やして3万円を作り出す方法!

マイナス金利の昨今お金を預貯金に入れているだけではなかなか増えていきません。

また自分のお金は自分で守らないと、将来の生活設計が不安になります。

  • 「どうやってお金を貯めればいいんだろう?」
  • 「お金を殖やすにはどうすればいいの?」

という漠然とした不安があると思います。

現代においてはいい会社に勤めたからといって、将来が安泰なわけではありません。

自分のことは自分で守っていく必要が出てきている時代になっています。

自分でお金を少しでも節約したり、またお金に働いてもらうことによって複数の収入の柱を増やす方法もあります。

すぐに効果の出る方法も伝授しますので、ぜひメール登録をしてください!

FP福田メルマガに登録する