30代既婚女性の医療保険でおすすめは?必要な人はこんな人!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

現在東京都で平均初婚年齢は30.4歳となっていますね。これは厚生労働省が調査したデータです。

 

なので30代既婚女性はまだお子さんが小さいケースが今は多いのではないでしょうか?

 

もちろん20代で結婚してすでにお子さんが大きくなっていることもあるでしょうけどこの辺りも医療保険に入った方がいいかどうかのポイントとなりますね。

 

今回は30代既婚女性で医療保険に入っておいた方がよいと思われるタイプの人を説明したいと思います。

 

子供が小さくて専業主婦の方

先ほども説明しましたが、日本は晩婚化が進んでいます。

 

東京都は初婚が30.4歳ですが大阪の場合も29.4歳で第5位。

 

この順位の近辺には神奈川県・千葉県・埼玉県・京都府と軒並み働いている人口が多い地区は30歳よる少し前になっているんですね。

 

なので30代の既婚女性でも子供が小さい方はかなり多いのが現状です。

 

まだ子供が小さいときには、何かと子供に世話がかかることは多くなります。

 

そんな時にもし主婦であるママが入院してしまったらどうするでしょうか?

 

もちろん実家のお母さんに来てもらうとか、実家に預けるという選択肢も出てきますがそんな時に役に立つのはやはりお金ですね。

 

軽い入院であればいいですが、ちょっと病気の程度が重くなった場合にはベビーシッターなどを雇おうという選択肢も出てきますね。

 

そんな時には入院費用にあまりお金がかからないケースでも、そういった他のことにもお金が使えると思います。

 

またどうして専業主婦かといいますと、もし子供を育てながら働いている方であれば有給休暇も使えるでしょうし、貯蓄もあると思われます。

 

主婦になってしまうと、収入は夫のみになってしまいます。

 

もちろん貯蓄がたくさんある方は心配無用かもしれませんが、子供の小さい時だけでも入っておくという選択肢はあってもいいと思いますよ。

 

家族にがんにかかった人がいる方

最初に断っておきますとがんは遺伝とかではなりません。

 

「がん家系」という言葉がありますが、実際にはほとんど関係ありませんね。

 

ただ家族ががんになったことがある方はその時の大変な状況をかなり知っておられます。

 

私の相談者の中にもこのような人たちがいました。

 

「家族ががんで大変だったからがん保険に入っておきたい」

「がんになった時には精神的にきつい。だから経済的な面まで心配したくない」

「がんになったら見舞いに行くなど家族の負担が大きくなる」

 

こういう声があるのも事実です。

 

それはやはり身をもって体験された方の言葉ですので説得力がありました。

 

医療保険というよりもがん保険になるのですが、しっかりと考えられて加入されるケースが多いです。

 

しかも加入された時に安心を得ることができたという充実が出る人もいます。

 

やはり身近な人が大病を患うとまわりの人に与える影響は大きいですもんね。

 

貯めたお金を減らしたくない方

 

医療保険にやがん保険に加入していないとなると、もし入院という事態になった時に手元の貯金を出すことになりますね。

 

でも自分の貯蓄を減らしたいと思っている人は少ないでしょう。

 

確かに少しくらいの入院費用では貯蓄で賄えることがほとんどだと思いますが、がんや三大疾病にもしなってしまった場合には手元の貯蓄で賄えるか不安な方はいますよね。

 

先ほども申し上げましたが、大きな病気になった時にはまずは精神的に参ってしまうこともあります。

 

その上経済的な不安までのしかかることはあまり得策とはいえません。

 

貯めたお金を切り崩さないためには、1日いくら出るとかの医療保険はあまり必要ないかもしれませんががん保険とか重い病気に備えるメリットはありますね。

 

また診断給付金などが出ますので、自分の貯蓄は守ることができます。

医療保険が不要な方は?

では反対に医療保険が不要な方はどんな方でしょうか?

 

大手企業などに努められている場合、結構保険組合がしっかりしていれば自己負担が本当に小さくて済む会社があります。

 

自分の会社はどれくらいの自己負担なのかを知っておくことはかなり重要ですので、一度調べておいてくださいね。

 

また、日本の国民健康保険制度は大企業だけでなく現在のところ充実しています。

 

将来的にはこれだけの保険料で運営していくことは難しいかもしれませんが、現在の制度は自己負担が大きい病気以外ではかなり役だちます。

 

また貯蓄があるかないかによって大きく違います。

 

極論を言えば、お金がたくさんあれば保険というものは治療費を賄うための保険は必要ありません。

 

もう少し税制面で保険の活用を考えた方がよいかもしれませんね!

生命保険料控除を活用していますか?対象となる保険を確認しよう!

 

30代におすすめの医療保険は?

 

ここまで30代の既婚女性で保険に入った方がいいタイプの人を説明してきました。

 

ではここから30代で医療保険に入るとすればおすすめはどんなものになるのか?

 

3つのおすすめパターンがありますのでお伝えしましょう。

支払った保険料が結果的に戻ってくるタイプ

医療保険という商品は安心を買う商品でもありますので。掛け捨てのタイプが非常に多いですね。

 

なので、結果的に支払った保険料が入院給付金額よりも大きくなるケースの方が圧倒的に多い。

 

このことが医療保険は必要ないのでは?と思われる方が多い一因にもなっていると思われます。

 

しかし、支払った保険料がすべて戻ってくるという保険も今は世の中に出ていますので保険料がもったいない!と思われる方は将来の貯蓄という意味を考えてこういうタイプを選択してもよいのでは?と思います。

 

もちろんデメリットというか注意点はもちろんありますが、お金を一円でも無駄にしたくない方には合っているなのかもしれませんね(笑)

 

定期的にボーナスがあるタイプ

これもどちらかといえば、お金を無駄にしたくない人向けの保険になるでしょう。

 

ただ、このタイプはよく吟味しないと、ボーナスがもらえる要件が会社によってかなり異なることもあります。

 

またずっと支払っていく終身払いというものと期間を定めて60歳とかまでに支払いを完了させる短期払いのものがあります。

 

これももちろん計算して考えればよいのですが、トータルコストを抑えることができるのは、短期払いになると思われます。

 

またこの短期払いも色々と選べまして、10年とか60歳までだとか。

 

自分に一番合ったタイプを探すのは一人ではなかなか難しいかもしれませんが、いいものもありますので頑張って探してくださいね!

 

とにかく今のリスクを減らしたいタイプ

これが保険の本来の入り方かもしれまっせんが、例えば会社経営や自営業をされている女性は今の保障が必要な方もいるでしょう。

 

また貯蓄がたくさんない人も保障が必要な方になりますね。

 

今のリスクを本当に減らしたい方は当然一時金が多く出るタイプがいいと思います。

 

たとえ一泊二日の入院でもまとめて多くのお金が給付されるタイプは今のリスクを回避するには適していると思います。

 

後は入院事情をよく知っている方が意外に入院すればすぐに給付金が出るタイプを選択されますね。

 

これは最近の入院は長くないことを知っているからかもしれません。

 

一時金タイプを選ぶのはこういう傾向があることを知っておくと便利ですよ(笑)

 

スポンサーリンク

30代からは乳がんリスクが高い

 

そしてやはり30代の女性といえば、小林麻央さんの例を出すまでもなくがんの心配が大きいです。

 

乳がんや子宮がんという女性特有の病気がありますので、この年代の方のがんの罹患率は男性のそれを大きく上回ります。

 

ですからこの時期からこういった病気に対する保障を備えておくという選択肢は大いにあってもいいと思います。

 

また女性が大きな病気になると、プライバシーが守られる個室にしたいと思われる人も多いです。

 

確かに乳がんになったときには、入院自体は長くなく通院が多いかもしれません。

 

しかし、諸費用その他もろもろの費用を考えると、闘病するための費用というのは決して馬鹿にできないものです。

 

またセカンドオピニオンの意見も聞く方が自分の治療の選択肢を出すうえであった方がよいでしょう。

 

30代の女性でしたら、まだまだ保険料も安いことが多いのでこの機会に真剣に考えてみてもいいでしょうね!

まとめ

色々な選択肢がありますので、これが一番いいというものはそれぞれの状況を踏まえて考える必要があります。

 

複数の会社をひかっく検討するのも重要ですが、まずは自分に医療保険が必要なのか不要なのかを考えてみましょう。

 

それで必要となったら、信頼できる人に相談されるのが一番の近道ではないかな?と思います。

 

自分に合った保険に巡り合えたらよいですね!!

 

相談方法
個別相談スカイプ相談

相談項目
将来の資産構築教育資金作りの相談生命保険の再構築

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。