20代女性のおすすめ医療保険は?選び方は職業によって違う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

20代の女性は、キレイになることやファッションにも興味がありお金はいくらあっても足りません(笑)

 

でも最近の若い女性たちは将来のことを見据えてきちんとお金を貯めている方もかなり多いですね!

 

ちょっと昔人間に足を突っ込みかけている自分から見ると本当に驚きです(笑)

 

そういうしっかりした方は、保険を選ぶ際にもやはりきちんと考えられています。

 

「世間の人たちはどんな保険を選んでいるのか?」

「またどんな保険が自分に合っているのか?」

 

という質問は私も数々相談を受けて来ました。

 

そこで、タイプ別に、また職業別にどんな保険を選べばよいのかを説明していきたいと思います。

独身で会社員のケース

会社員の方は福利厚生がしっかりしているかどうかで結構変わると思いますね!

 

会社によっては一ヶ月の上限額がかなり低く設定されている会社もあるため、入院の保険は必要ないと思える場合もありますね。

 

ただ大きな病気になってしまうとどうなんでしょうか?

 

がんをはじめとする三大疾病になると治療が長引くこともありますね。

 

治療が長引くことで女性のキャリアが奪われることもあるみたいです。

 

がんになった時に一時金として何百万円とか入っていた方が安心なケースもあります。

 

それでも大きな保険料を掛け捨て保険に入るのはどうかな?と思いますね。

 

それでしたら、将来の自分のためになるようなものを選んだ方がいいと思います。

 

まだ全然考える必要性はないとは思いますが、将来の年金が枯渇することは目に見えていますので将来の自分のためにお金が残る保険に入るという選択肢もあるでしょう。

既婚者・子供がいないケース

既婚者で子供がいない時には、まだお勤めされていることの方が多いでしょう。

 

基本的には独身の会社員と同じ考え方でいいとは思いますが、近いうちに子供が欲しくなってきたりすることもあります。

 

特段大きな保障は必要とは思えませんが、子供が欲しいと思っている場合には保険に加入している方がいいかもしれませんね。

 

普通分娩の場合であれば、入院の保障は何もありませんが、もし帝王切開になった時には医療保険に入っている場合給付金が出ます。

 

手術給付金が出ますのでバカにできない金額が出ますね。

 

終身型とか定期型はどちらでもよいと思いますが、ライフスタイルとその人の考え方で選べばよいと思います。

既婚者・子供ありのケース

すでにご結婚されていて、お子さんがいらっしゃる方もいるでしょう。

 

そんな人は自分がもし入院なんかしてしまった場合のことを考えると大変です。

 

お子さんが小さい間は、当然ちょっとしたケガや病気で入院することはありませんよね。

 

でも第一生命のCMでも放送されていたように、20代の入院の確率は7.1%と元恋人の名前を呼んでしまった3.6%よりもかなり高いことがわかっています(笑)

 

そう考えると、やはり自分がもし入院したときのことを考えると一時的にお金があった方が何かと便利。

 

もちろん実家の親御さんが助けてくれるケースもあるとは思いますが、ここではやはり短期入院に強い保険が合っていると思われます。

 

ちなみにこのCMの違うバージョンではスマホの水没が6.8%となっていました。

 

スマホの水没が入院する確率よりも少ないのはちょっと驚きではありますが(笑)

 

まあそうですね、20代の人が入院するのは盲腸やケガなどもありますから、そう考えるとそれほど不思議な数字ではないかもしれません。

 

自分でお仕事をされている方は?

今の時代は自分でお仕事をされている人もかなり多いと思います。

 

資格を取ったり、自分で何かを教える仕事をしていたりと。

 

そんな方向けにはこちらの記事で自営業向けの保険の選び方について書いてあります。

 

自営業者におすすめの保険は?会社員とは違う選び方のポイント

 

簡単に説明すると、やはり自分が入院したときには、売り上げの補填ができるような保険であることが望ましいかと思います。

 

それと生命保険料控除はしっかりと使いましょう!

スポンサーリンク

掛け捨てがとことん嫌いな方は?

そもそも掛け捨てが嫌いな方は、医療保険に入らなくてもよいのでは?と思います(笑)

 

でも今の時代はそんな人向けの医療保険も出ているのは出ています。

 

自分が払った金額が全額戻ってくるタイプの商品は、このように掛け捨てが嫌いな人にとっては合っているでしょうね。

 

ただ全額戻ってくるといっても、戻ってくる時期はかなり先になります。

 

この辺りのことを踏まえて検討される方がよいと思います。

 

一番のおすすめは?

その人その人によって考えが違いますので、一番おすすめのものは何?と聞かれると答えることはできません。

 

しかしながら一番コストが低いものを探すことができます。

 

事実どの商品が一番コストが少なくて済むのかということはやはりお会いしてそに人の状況を把握しないと人によって変わる場合もあります。

 

そのように最も自分にあったものを検討されたい方は個別相談またはスカイプ相談でご相談ください。

 

毎月10名限定ですのでお早めに!

 

でも20代の女性の時から医療保険を考えるのは、コストの面で考えるとかなり有利になります!

 

お金をできるだけ有効に活用したいとお考えの方は、この機会にじっくりと考えてみてはいかがでしょうか?

 

相談方法
個別相談スカイプ相談

相談項目
将来の資産構築教育資金作りの相談生命保険の再構築

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。