クレジットカード

リクルートカードのメリットは?おすすめの理由と締め日などについて

現在個人のカードで最も還元率が高いと思われるカードがこのリクルートカードですね。

 

もちろん年会費が有料のゴールドカードであったり、マイレージに交換したりするのであればまた違うカードがおすすめになってくるとは思うのですが、年会費無料でこの還元率はなかなかいいものがあります。

 

そのリクルートカードについてメリットとデメリットについて考えてみます。

 

年会費が永久無料

まずはメリットの方から説明しましょう。年会費が無料となっていますので、持っていても特に不便になることはありません。

 

しかも還元率の高いカードとなっていますので、何枚か使う中の一枚として利用することも全然できると思いますよ!

 

ポイント還元率が高い!

そしてやはりこのカードでメインのメリットと考えられますのが、このポイント還元率だと思います。ポイント還元率は1.2%と業界平均の0.5%を遥かに上回っています。

 

一般的なカードの0.5%と比べた場合2倍以上の還元率になりますので、やはりこれはメリットといえるでしょうね!

 

ただ貯まるポイントはポンタポイントになりますので、WEBで新規登録をする必要がありますね!

 

このポンタポイントですが、「じゃらん」とか旅行で使ったり、「ポンパレモール」でネットショッピングする人は通常よりもさらにポイントの付与が大きくなります。

 

このカードを持った時には楽天市場などと見比べてネットショッピングをすることをおすすめしますよ!

 

ポンタポイントで利用しやすいのはローソン

このポンタポイントで最も利用しやすいのはローソンでしょうね。もし近くにローソンがあるのであれば、このカードを作ってポンタポイントに交換すれば毎日のお買い物をポイントですることもできるようになります。

 

 

1000ポイントとか2000ポイントとかあれば、ちょっとしたお酒を買ったり、冬ならおでんを買ったりしてポイントを使えますので、かなりお得感がでると思いますよ!

 

またビックカメラでも使えますので、家電を買うときに使うのも便利かもしれません。

 

旅行傷害保険が付帯されている

この特典はオリコカードザポイントと同様で、無料のカードに付帯されているのは嬉しい限りですね。

 

ただ無料カードの特典ですので大した補償ではありませんが、やはりないよりはいいと思います!

 

この特典を生かそうとすれば、このっカードを旅行に行くまでに使わないといけませんので特急券などの購入を必ずリクルートカードでするようにしてください。

 

電子マネーのチャージでもポイントが付く!

これは意外といいポイントですよ。

 

楽天カードでもチャージでポイントはつくのですが、JCBしか付きませんしライフカードやドコモのdカードなどはチャージはできてもポイント付与がなかったりもします。

 

私の場合はもっぱらnanacoカードへのチャージが多いのですが、やはりこれは使い勝手がいいですね。

 

ちなみに私はファミマTカードでnanacoへのチャージをしています。

 

リクルートカードのデメリットは?

色々と調べて見たところ、年会費は無料ですし、大きなデメリットと感じる部分はありませんね。

 

ですが無理やりといいますか、あまり大きなメリットと感じない部分を挙げていくとしますと、ポイントカードで貯める習慣のない人にとっては、還元率はいくら多くてもあまり意味はないのかな?と思います。

 

このリクルートポイントはポンタポイントと1対1で交換ができるのですが、例えばTポイントを貯めていたり、ナナコポイントを貯めていたりしてローソンではあまり買い物しないという人にはイマイチかもしれません。

 

締め日は一般的なカードと同じ

そしてこれもデメリットというわけではないのですが、締め日は一般的なJCBカードや三菱東京UFJニコスカードなどと同じく15日締めの10日払いとなっています。

 

まあ、ここのカード会社との提携カードですので当然カード会社のスケジュールに合わせることになりますね。

 

このリクルートカードですが、ここまでの説明でかなりメリットがあるカードであることがよくわかると思います!

 

そして今なら入会キャンペーンをしていますので、今のうちに申し込みしておく方がよいと思いますよ!

 

現在はリクルートカードのキャンペーンとして6000ポイント分をプレゼントしているようですから、この機会に一枚持っておいてもいいと思いますよ!

 

リクルートカード_PC

クレジットカードの手数料はどれくらい?発行するコストは?

今や私たちの生活に切り離すことができないクレジットカード。

 

カード会社の利益は加盟店からの手数料収入が大きいのは知られているところですね!

 

その手数料のことを加盟店手数料というのですが、一体どれくらいのパーセンテージの手数料を取っているのでしょうか?

 

現在ではかなり手数料も安くなってはいますが、カードの利用できる場所はどんどん増えており、この手数料収入がかなり大きくなっていると思います。

 

 カード会社の収益の柱

カード会社の収益というのは、加盟店手数料だけではありません。

 

これはカードを利用するごとに加盟店(お店)から徴収する手数料ですので、カードを使ってもらう金額が増えれば増えるほど手数料収入は大きくなります。

 

この手数料がカード会社の利益の柱ともいえます。

 

なのでカードを一度持たせれば、そのあとは使う可能性が出てきますので、カードをとにかく作ってもらいたいんですね。

 

よってカードを作ってもらうときにいろいろな特典を付けているのはとにかくカードを持ってもらうことが重要なんだからです。

 

この手数料は業種・業態によって大きく変わります。

 

高い手数料だと7%とか8%とかの手数料がかかる加盟店もあります。

 

夜のスナックとかバーとかは加盟店手数料が高い傾向がありますね。

 

1回飲みに行って50,000円の飲食代金であれば3,500円が手数料になります。

 

お店側としたら、これは確かに大きい手数料となりますね!

 

一方、カードの利用額が大きい加盟店であれば加盟店も強気に出れますので概ね安いと思って間違いないですね。

 

ヨドバシカメラとかヤマダデンキとか大手家電量販店などはかなり手数料が低いはずです。

 

1%強くらいの手数料くらいだと思われますね。

 

私がカード会社にいた時ですからかなり昔からそういう傾向はありました。

 

なので一概に手数料がいくらとは言えません。

 

カード会社の他の収益は?

今はやはり問題となっているかもしれませんが、リボ払いの手数料はかなり高いですよね。

 

ほとんどの会社がこのリボルビング払い手数料を15%とか、そういう高い金利でカード会員から取っています。

 

このリボ払いが大きく増えれば増えるほど、カード会社の利益が大きくなりやすいですね。

 

なのでリボ払いにすると、ポイントが倍になったり、あとでリボ払いにしても特典があったりするのは、この金利手数料がかなり大きいんですよ。

 

手数料はほとんどのカード会社で15%くらいだと思います。

 

なのでリボ払いをするよりも、銀行のカードローンの方が手数料が安いケースが多いのでそれは調べておく必要があると思います。

 

そのほかの収益というと、国際ブランドのレンタル料のようなものがあります。

 

例えば国際ブランドというとVISAとかマスターとかのことをいいます。

 

例えばどこかのカード会社がVISAブランドをつけたカードを発行したい時に、アメリカのVISAブランドが発行許可を与えるのではなく、三井住友カードなどが転貸のような形で、そのカード会社にVISAブランドをレンタルのような形でブランドを貸すのです。

 

このブランドを使用させるレンタル料金みたいなものもあります。

 

カード獲得コストは高額

先ほどもいいましたように、カードを持たせることができれば使ってくれる可能性が高くなります。

 

なので新規にカードを発行するのにかかるカード獲得コストというのは、かなり高額になっていますね。

 

ポイントサイトとかで見てもらうとよくわかりますが、カードに入会するだけでかなりのキャッシュバックを受けれることが多いです。

 

なのでカードを作ろうと思ったときは、やはり特典がいかにたくさん付いているかを考えた方がいいと思いますよ!

 

高額のカード獲得コストでも儲かるわけ

カードを作るだけでキャッシュバックをしていたら儲からないように思えますよね!

 

しかし、そんなことはありません。きちんと儲かる仕組みができています。

 

というのも、仮にカード獲得するコストが1枚5000円かかったとします。

 

5000円のカードを100枚作ってもらうと50万円の費用がかかることになりますね。

 

これだけ見れば大きいのですが、この100人のうちたった20人の人が毎年50万円の利用をしてくれればどうでしょうか?

 

50万円×20人ですので1000万円の利用となります。

 

この1000万円の手数料率が平均4%ということになりますと、40万円の手数料になりますね!

 

1年間ではペイしないかもしれませんが、翌年、そしてその次と同じように使ってもらえれば十分収益にできることがわかると思います!

 

こういう仕組みでキャッシュバックや特典がついていますので、特典が多いから怖いとか思う必要なはなく、キャッシュバックなんかはきちっともらってくださいね!

ライフカードのメリットはボーナス払い!誕生月ポイントが変更なった?

ライフカードをお持ちの方は割と多いのかな?

 

ライフカードは年会費無料のカードで持っておいて損はないし、カードフェイスもかっこいいので持っている人は多いと思います!

 

そこで以前にカード会社に勤めていた私が、ライフカードを持っているメリットについてお伝えしようと思います!

 

ライフカードのメリットが変更に!

私がライフカードを持っていた最も大きなメリットが変更になってしまいました。

 

大きなメリットだった誕生月ポイントがこれまで5倍ついていたのですが、今は3倍に変更となってしまいました。

 

この特典変更は正直痛いですね〜

 

ただ救済策として2017年7月までにカードを保有していた人は、2018年3月までの誕生日の方はこれまで通り5倍のポイントがつきますので、早急に解約しよう!となってはいけませんよ!

 

この大きなメリットを十分使ってから解約は考えても遅くはありませんね。

 

ライフカードは永年年会費無料

私がカード会社に勤めていた時に、ライフカードの提携カードが年会費無料ということで苦しめられました(笑)

 

というのも、私が勤めていた会社は年会費がかかる会社だったので、そこと比べたら当然年会費無料の方を選びますよね〜

 

つまりカードを保有するのであれば、やはり年会費が無料である方がメリットがあると思っている人が当然多いです。

 

そしてライフカードは昔からずっと年会費無料を継続していますね。

 

ただし旅行傷害保険付きのカードだけは年会費がかかりますのでご注意を。

 

ポイント還元率は0.5%

ポイント還元立ですが、それほど高いとは言えませんね。

 

1000円の利用で1ポイント貯まるサンクスポイントがあります。

 

これの商品券への還元率が0.5%となっていますね。ただ利用金額ごとにボーナスポイントが付くシステムになっているのですが、これがなかなかボーナスポイントが付く金額を利用することができません。

 

年間200万円の利用があれば翌年のポイントは2倍になりますが、残念ながら私は一度もこれだけ使ったことがありません。

 

というのも200万円使うには毎月17万円以上の利用が必要となりますね。

 

なので、誕生月だけライフカードを使っていたので、ボーナスポイントがなかなか付きませんでした。

 

誕生月ポイントは3倍の還元率1.5%!

そしてこの誕生月のポイントが先ほども申し上げたように5倍から3倍に変更になっているんですね。

 

この変更は正直痛いのは痛いのですが、多分誕生月だけ使う私のような人が結構多くいたのかもしれません(笑)

 

私はライフカードを持っていますが、本当に誕生月だけしか利用していません(笑)

 

その代わりに誕生月はこのカードだけを利用するという徹底をしていますので、ポイントがたった一月ですけども結構貯まるんですよ。

 

確かにメリットは少なくなってしまいましたが、それでも1.5%の還元率は他のカードと比べたら魅力です。

 

楽天カードでも1%しかつきませんしね〜

 

ボーナス払いになる利用期間が長い!

欲しいものがある時に来月お金がない時のボーナス払いは本当にありがたいと思います。

 

そのボーナス払いですが、このライフカードは1年中利用することができます。

 

意外かもしれませんが、ボーナス払いを利用できる期間はカード会社ごとによって区切られているケースがほとんどです。

 

しかしこのライフカードは1年中ボーナス払いが利用できます。

 

12月16日から7月15日までは8月27日または9月3日、そして7月16日から12月15日は1月27日または2月3日となっています。

 

なので9月に新しいiPhoneが出て欲しいなあ、と思った時にはヨドバシカメラとかではボーナス払いが使えますので便利ですよ!

 

ライフカードのデメリットは?

どうやらETCカードの利用はポイントが付かないことになっています。

 

これはデメリットと言えるでしょう。

 

また家族カードを持つこともできるのですが、ポイント3倍は本会員の誕生月に限られますので、持つのであれば夫婦別名義で持ってもらう方がおすすめです。

 

つまり家族カードを持っても家族カードの誕生月が増えることはない、というのもデメリットかもしれませんね。

 

どこでライフカードを持つのが良いか?

ここまで色々とお話してきましたが、こう書いているとやはり誕生月だけでも、ライフカードを利用する方がいいような気がしてきました。

 

さらに持っていない方や、以前持っていても1年以上経過している方は再度入会キャンペーンの対象になりますので、持ってみてはいかがでしょうか?

 

それにこういうポイントサイトからの申し込みで、通常のキャンペーンとは別にキャッシュバックが受けることができます。

 

特にクレジットカードを申し込みする場合には、ポイントサイトを利用した方がいいですよ!

 

こちらのサイトに登録して、ライフカードを申し込みすると現在6000円のキャッシュバックを受け取ることができます!

 

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
もしまだ持っていないのであれば、しかも誕生月が2ヶ月後とかになっているのであれば是非持ってもらうのがいいと思いますよ!

エポスカードのメリットは?年会費無料で優待も多い!

ポイントサイトやマルイで勧められたりで紹介されているエポスカード

 

丸井グループで使えてさらに丸井でのショッピングで優待もあるという大きなメリットがありますね。

 

このエポスカードは持っておいて損はないカードなのか?

 

エポスカードについて少し詳しく調べてみます。

 

エポスカードのメリットは?

ではまずエポスカードのメリットについて見ていきましょう。

1.年会費が無料

年会費が無料ということはメリットでしょう。カードを持っていてもお金がかからないわけですから。

 

流通系カードの多くは年会費が無料のカードですが、この丸井グループのエポスカードも無料で持つことができます!

 

私も以前、丸井で割引きがあるという理由で買い物の時に勧められてカードを持ちました。

 

丸井でたくさん買い物するときはメリットがあるカードだと思います。

 

 2.マルコとマルオの日に割引がある

マルイのカードですので、「マルコとマルオの7日間」という割引の日が設定されていますね。

 

「マルコとマルオの7日間」という年4回の催事のときに割引が受けられます。

 

その割引というのが10%OFFということですから、結構大きいですよね。

 

1万円の服だと9000円に割引されるわけですから、ランチ1食分くらいは浮きますよ!(笑)

 

3.マルイウェブチャンネルでも10%OFFに

そしてこのマルコとマルオの7日間はウェブチャネルでも適用できるみたいです。

 

そしてもし実際の店舗に行ってお気に入りの服を見つけたら、ウェブで買ったほうがお得です。

 

というのはあるシステムを利用しますが、それは後ほどに。

 

4.カラオケに行く人にはお得!

また提携加盟店の中にSHIDAXの割引があります。

 

昔ほどカラオケに行く機会は少なくなっていると思いますが、ルーム料金が30%OFFかフリータイムプランが20%OFFになります。

 

さらに支払いをエポスカードにすることによって通常貯まるポイントの5倍でポイントがたまりますから、集団で行く人にはメリットが大きいと思います。

 

カラオケによく行く人にはメリットがかなりあるカードだと思います。

 

またBIG ECHOでも一般価格から30%OFFですね。これは会員価格よりも少し安かったりします。

 

また他のカラオケルームでも割引があるみたいです。以下のリンクで確認してください。

 

カラオケの優待・特典 | エポトクプラザ | エポスカード

 

海外旅行傷害保険がついてる

あまり大きな補償とは言えないですが、年会費無料のカードなのに海外旅行傷害保険が付帯されています。

 

最高500万なので、ゴールドカードに付帯されている条件とまではいきませんが、ないよりはあったほうがいいですよね!

 

無料で付帯されている補償ですが、携行品損害もありますので使える幅は意外とあるかも!?

 

エポスカードのデメリットは?

ではこのエポスカードにはデメリットがあるのでしょうか?

 

正直デメリットというほどのものはありません。

 

マルイでショッピングする機会があるのであれば、それとショッピングをしなくても最初の入会特典でポイントをマイルに変えたりするのであれば、やはり作っておいても損はないカードだと思います。

 

ただカードがたくさん増えてくると、管理が面倒という人もいるかもしれません。

 

でも普段使いには向かないカードですし、マルイのセールに行くときだけのために持っておいても損はないカードであることは間違いありませんね。

 

カードの管理にはこちらのカードケースなんかでカードをまとめて収納しておけばいいのでは?(笑)

 

 

これ私も使っていますが、意外といいですよ!

エポスカードを作るには?

さてここまで紹介してきてエポスカードを作りたい!と思った人はどこで作るのが一番いいのでしょうか?

 


今はこちらのサイトで入会キャンペーンを行なっていますので、入会ポイントをたくさん取れますね!

 

入会した後に、少しのカード利用が必要ですが、満たす条件はそれほど多くありません。

 

一度この際作ってみてはいかがでしょうか?

 

入会特典をもらって、その後もし使わないようであれば解約してしまってもいいわけですから。

 

論より証拠だと思いますので、入会キャンペーン乞食になっても良いのでは?

 

カードお勧め度は85点だと思います。一枚持っておいて損はないカードですよ!

イオンカードのメリットは?イオンモバイルでは使える!

発行枚数がかなりの枚数になっていると思われるイオンカード。

 

近所にイオンができた場所などではすぐにイオンカードを作ったりしているカードだと思われます。

 

私も仕事で契約してもらう際にクレジットカード支払いをしてもらうことが多いのですが、支払うクレジットカードがこのイオンカードである場合もかなり多い気がします。

 

そういう私もイオンの店舗がある場所の近くに住んでいた頃はこのカードで買い物をしていました。

 

イオンの5%オフはやっぱりお得!

イオンカードは近所に店舗がある人は必ずと言っていいほど持っていますね。

 

ポイント還元率はそれほど高いカードではありませんので、私は積極的に使うことはしていませんが、年会費無料のカードですので、特に持っていてもデメリットは感じないと思います。

 

イオンの商品の中で安い!と私が個人的に思っているのはビール類飲料ですね。

 

これはどこのスーパーよりもかなり安いのではないでしょうか。

 

私はサッポロの黒ラベルが一番お気に入りのビールですが、それも安い!

 

なのでイオンの20日30日5%オフの日には、イオンカードを持っている人はぜひイオンカードで買い物をしてくださいね!

 

私はがよく買っていたのはアサヒビール500ml×24本セットですが、イオンで買えば6026円(税込み)で今も売っています。

 

この商品を5%オフの日に買えば、さらに安くはなりません!お酒は対象外となっています。

 

その理由はいつも安くしているからだそうです。残念、仕方ありません。

 

でもそれ以外の商品は大体5%オフになりますから、近所にイオンがある人は積極的にこの日は利用しているものと思われます!

 

そしてもちろんカードでの買い物になりますからイオンのときめきポイントが付きます。

 

ときめきポイントは貯まらない

イオンのときめきポイントは200円のご利用で1ポイントつくようになっています。

 

そして1000ポイントで1000円分のお買物券などが交換できますので、実質的な還元率は0.5%となっています。ほかのカードと比べると還元率としては大したことはありません。

 

ただ、イオングループでのお買い物ですとポイントが2倍付くようになりました!

 

これで200円ごとに2ポイントつくようになったので、楽天カードの通常のポイント還元率1.0%と同等ですね。うーん、やっぱりあんまりいいとは思えませんな~

 

そう考えるとやはりイオンカードは20日・30日の利用のみに留めた方がいいと思います。

 

でもイオンカードを持つメリットはお水がただでもらえたりするんですよね~でも個人的にメリットがあると思うのはイオンモバイルを持つ人だと思われます。

 

携帯電話の電話料金が高い高いといわれていますので、格安SIMを検討されている方はイオンモバイルも検討していると思います。

 

そのイオンモバイルは基本的にはイオンカードで支払うことになっています。

 

イオンモバイルでの支払いはイオンカードで

イオンモバイルは今や格安SIMの中ではかなり評判もよく、コストパフォーマンスが高い会社となっています。

 

一度「イオンモバイル 評価」で検索してみるとわかりますよ!私もかなり検討しました!

 

もともとdocomo系の格安SIMを採用している関係で、電波はdocomoの通信網を利用しているのでエリアは結構広いんですね。

 

それで今私は法人名義で携帯電話を保有しているのですが、通信料金がかなり高くなってきたので格安SIMを検討したところ、通信料金を下げるにはイオンSIMがいいとありました。

 

そしてイオンに実際に行って聞いてみると、法人契約もできるということでしたね。

 

そしてここでイオンカードの出番になるのですが、携帯端末やモバイルルーターはイオンカードでの支払いであれば、分割金の手数料が不要になります。

 

イオンモバイルは解約するのに違約金が0円なんです!ドコモやau、ソフトバンクは2年しばりの違約金がありますが、イオンモバイルはありません。

 

だから使ってみてダメだったらすぐに解約できる。

 

もちろん端末の分割金の残りは支払わないといけませんが、あまり使っていなければヤフオクなどで売れます。

 

もしスマホであれば、SIMフリーの端末が残りますので、他のキャリアに行った時でも使えると思うんですよね。

 

となるとイオンモバイルの契約をするのと、20日・30日の為にイオンカードは持っておきましょう!



ここをクリックすると申し込みできます。

 

イオンカードを一枚持っておきましょう!

オリコカードザポイントのメリットは?ポイントも高還元率でいい!

オリコカードは私も保持しているカードですが、それは法人カードを持っています。

 

それで個人で人気のあるカードというのがこのオリコカードザポイントというカードで、特典も結構いいということで調べてみました!

 

今回はこの個人向けカードであるオリコカードザポイントについて説明していこうと思います。

 

オリコカードザポイントのメリットは?

クレジットカードの中でも人気のオリコカードですが、一体どんなものがメリットなのでしょうか?

 

大きく言うとオリコカードのメリットというのは5つあります。

 

  1. ポイントが高還元!100円で1オリコポイントが貯まる
  2. 入会後6ヶ月間はカード利用額のポイント還元率が2倍
  3. オリコモールを利用すると通常のポイント獲得分にプラス0.5%
  4. オリコポイントは500ポイントから交換!しかもリアルタイム!
  5. 永年年会費無料

 

ポイント還元率の高さが売りのオリコカードですが、利用額の1.0%のポイント還元率はかなり高いですね。

 

この中で私が最もいいなと思える特典はポイントがリアルタイムに交換できることでしょうか。

 

交換可能なポイントまで貯まると、会員サイトにログインして交換をするとTポイントにすぐに入るんですよ!(nanacoだけは次の日になりますが)

 

また、入会してから6ヶ月間の利用額に対してポイント2倍になるのは意外と大きいんですよ!。

 

そしてオリコモールを利用した場合にはポイント還元率も上がりますので比較的使いやすいカードだと思います。

 

カードフェイスがかっこいい

やはり個人的にはこの黒色のカードフェイス(券面)がかっこいいと思うんですよね!

 

もちろんCMをしている長瀬智也さんもかっこいいのですが(笑)

 

やはり何かのキャラクターとかが入っているよりも男性であればシンプルなカードがかっこいいと思うのはやはりブラックカードというステータスカードがあるからなのかもしれません。

 

でもこのデザインはなかなかいいと思いますよ!

 

オリコカードザポイントのデメリットは?

では反対にデメリットというのはあるのでしょうか?

 

基本的に年会費が無料のカードですから、デメリットと呼べるほどのものはないですね。

 

強いてあげればポイントの有効期限が1年間しかないというところかもしれません。

 

もう一つ思い浮かぶのは、nanacoへのチャージでポイントがつかないことでしょう。

 

あ、あとデメリットで旅行傷害保険などの補償が少ないというのをどこかで見かけましたが、年会費無料のカードですからこれは仕方ないと考えるべきでは?

 

旅行傷害保険がない

年会費無料のカードですので、旅行傷害保険はなくても仕方がないと思うのですが(笑)

 

元カード会社社員の立場でお話しますと、海外旅行傷害保険は1枚あれば十分です。

 

何社も入っていても合算されるわけではないので1枚持っておけば十分なんですね。

 

どこで入るのがお得?

さてこのオリコカードザポイントのメリットやデメリットを説明してきましたが、一体どこで加入すればよいのでしょうか?

 

やはり私がよく利用していますハピタスに加入してからオンラインで申し込みするのが最もよい方法かと思います!

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

楽天で買い物するときでもここを経由させて買い物をしていますので、常にここを利用するとよいですよ!

 

こちらのサイトに登録して「オリコ」と検索すればすぐに見つかると思います。

 

おすすめですのでこの機会に登録しておきましょうね!

オリコ法人(ビジネス)カードのメリットは?審査基準や特典について

私はこれまで様々なカードを持ってきていますが、その中で今一番使い勝手のいいカードが、オリコのエグゼクティブ ゴールドフォービズカードですね。

 

このカードは個人で申し込みをするのですが、法人での口座から引き落としがかけられるので法人カードとしての利用もできるのです。

 

そんなオリコ法人カードは正式名はオリコエグゼグティブフォービズカードといいます。

 

長いのでこの先はオリコ法人カードと呼びますが、このカードについて説明していきたいと思います!

 

法人カードなので利用限度額が大きい!

オリコカードといえばオリコカードザポイントのことを思い浮かべる人が多いと思うのですが、こちらは法人カードですので少し違いますね。

 

まず一番大きな違いは、年会費がオリコ法人カードにはかかるということが挙げられます。

 

このビジネスカードは年会費が2,160円になっています。ただ年会費を支払ってでも持ちたいほどのメリットがあります。

 

その一つに限度額のメリットがあります。やはりゴールドカードですのでカード発行時から100万円の利用限度額があるケースもあります。

 

この法人カードは使っていけば限度額は300万円まで上がるようです。そして、家族カードを作ることができます。

 

この家族カードですが、法人カードの追加カードという形になりますので、本当の家族でなくとも持たせることができますね。

 

どういうことかというと自分の会社の従業員に持たせることができます。そして年会費は3枚まで無料ですね。

 

このメンバーカードを持たせて以前私は本当に苦労しました(笑)

 

自分の裁量で持たせたので、自分が悪いので詳細は割愛しますが(笑)

 

教えて欲しい人は個別に聞いてください!

 

カード名義は個人名

このカードは法人代表者さまが申し込みの対象なのですが、カード自体は個人名義になっています。

 

こういうカードは他にダイナースカードがありますね。

 

このカードは引き落とし口座を法人の口座に設定できるところが普通の個人カードとは違うところなのです。

 

持っているカードの名義が個人なのか法人なのかで大きく変わることは特にないですね。

 

小さい会社の代表者はこのカードがあれば、かなり融通の利くカードになることは間違いないですね。

 

ポイントは暮らスマイル

このカードのポイントシステムはオリコポイントではなく暮らスマイルというものがたまります。

 

暮らスマイルというポイントが貯まって、それをオリコポイントに交換する必要があります。

 

これは意味がよくわかりませんが(笑)

 

この暮らスマイルは1000円ごとに1ポイント貯まるようになっています。

 

1暮らスマイル=5オリコポイントなんですね。ということは還元率は0.5%になります。

 

そして使ったステージごとに20%ずつ加算されるということで1.2ポイントたまることにもなります。

 

オリコポイントに交換後はTポイントやnanacoポイントに変えることができるのでこれはすごい便利ですね。

 

一番メリットは?

このオリコ法人カードのメリットビジネスに関連する特典がいろいろとついています。

 

この中で私が最も便利だな、と思える特典はVISAビジネスグルメオファーですね。

 

この特典を使うことによって高級なレストランに2人で行けば1名分が無料になりますので実質半額で行くことができたりします。

 

接待をよく使うような社長様にはかなり便利なカードではないでしょうか。

どこで入るとお得なのか?

もちろんこのカードも自己アフィリすることは可能ですね。

 

現在最もキャッシュバックが多いと思われるポイントサイトはPOINT TOWNになります。

 

管理人が持っていて納得できるエグゼクティブゴールドフォービズは法人代表者には必須だと思いますよ!

セゾンプラチナビジネス・アメックスカードのメリットは?

経営者の間で人気のあるセゾンプラチナビジネス・アメリカンエキスプレスカード。

 

プラチナカードですので、プラチナのサービスを受けることができます。

 

私は今JCBのゴールドカードとオリコのエグゼグティブフォービズを持っていますが、セゾンのこのプラチナはいいな、と思っています。

 

このセゾンプラチナビジネス・アメリカンエキスプレスカードについて説明していこうと思います。

 

セゾンプラチナビジネス・アメックスのメリットは?

セゾンカードのイメージといえば年会費が無料!というイメージがありますよね。

 

このカードは年会費がもちろん無料ではありませんが、かなりいいサービスがあると思います。

 

そしてカードのブランドとしてはアメックスブランドになります。

 

アメックスブランドというと年会費が高いのですが、セゾンカードとの提携カードは年会費が安くなっています。

 

ということでこのセゾンプラチナビジネスも年会費が格安の21,600円(税込)となっています。

 

「21600円が安いなんて…」という声も聞こえて来そうですが、プラチナカードがこの金額なのは格安です。

 

アメックスが自分の会社で発行しているプラチナカードであれば年会費は13万以上します。

 

さすがにそのサービスと同等とはいきませんが、それに近い特典がついていてこの金額であれば全然問題ないと思います。

 

さらに年間200万円以上の利用をすると21,600円の年会費が半額の10,800円(税込)になります。

 

ただこのカードは経営者向けのカードになりますので、加入は個人事業主か法人代表者が申し込む必要があります。

 

JALマイレージを貯めている人はぜひ!

クレジットカードを利用している人はマイレージを貯めている人が多いと思います。

 

その中でやはりJAL派とANA派がいると思いますが、このカードはJAL派向けのカードとなります。

 

私も経験があるのですがJALとANAであれば特典航空券は JALの方がまだ取りやすいですね。

 

ではこのカードがどれだけマイルが貯まりやすいのか、調べてみましょう。

 

このカードには「SAISON MILE CLUB」というコースがあります。

 

このコースは通常のカード利用で、JALのマイルが1000円ごとに10マイルが貯まる仕組みになっています。

 

これは1%のマイル還元率ということになります。

 

そしてこのカードにはさらに永久不滅ポイントが2000円ごとに1ポイント貯まる特典がついています。これを計算してみましょう。

 

このカードの1ポイントは2.5マイルになります。

 

よって半分の1000円の利用ごとに1.25マイルたまる計算になりますので、1000円ごとの還元率が0.125%上がることになります。

 

これを先ほどの1%と合算すると1000円ごとに1.125%のマイル還元率になりますね!

 

この還元率はJALマイルを貯めるにはかなり高い還元率になります!

 

実はこの「SAISON MILE CLUB」に加入するには通常4000円の年会費がかかります。

 

しかしこのプラチナカードを持っていればその年会費が無料になるというサービスがついています。

 

これはこのプラチナカードホルダのみのサービスですね!

 

ただ一つだけ注意点が。マイルの移行上限が15万マイルですから、その点だけは注意ですね。

 

15万マイル移行しようと思えば1500万円の利用が必要です(爆)

 

最大のメリットはプライオリティパス!

元カード会社にいた私としては、このカードの最大のメリットはプライオリティパスだと思います。

 

これを本当に上手に使えば、200万利用した後の年会費の1万円なんてすぐに回収できると思いますが。でも海外にほとんど行かない人にはあまり関係ないですね。

 

他のサービスは使わないサービスが多い

ビジネスに役立つオフィス用品の調達や、士業の紹介サービスなどがありますが、そのどれもが「凄い!」とうなるようなサービスは正直ありません。

 

それはセゾンに限らず、どこのカード会社もそんなもんです。

 

でも自分が全くの事業初心者であれば、利用できるものは利用すればいいと思いますよ!

 

セゾンプラチナアメックスの審査は?

ではこのセゾンプラチナカードを持ちたい!と思った人が気になるのは審査だと思います。

 

個人事業主や法人の経営者は仕事のために借り入れをしていることは多いですからね。

 

ただ基本的にクレディセゾンがカードの審査をいたしますので、そこまで審査は厳しくないと思います。

 

でも信用情報に登録されていたり、カードを短期間にたくさん作ろうとしていたら別ですが(笑)

 

そもそも他の会社のプラチナカードというのは、基本的にゴールドカードを持っている人に対していんびてーしょんが送られて申し込身をするというスタイルです。

 

昔のアメックスプラチナは今ほど高額ではなく、インビテーションもバンバン出していました。

 

当時はブラックカードも誰でも発行していた感がありました。

 

しかし、ステータスカードの意味合いが薄れていったので再びインビテーション制に戻したという背景があります。

 

どこで入ればお得か?

このカードはこれだけのメリットのあるカードではあるのですが、個人での申し込みはできなくなっています。

 

申し込みの対象者は個人事業主か法人代表者しかできません。

 

確かに年会費は21600円かかるかもしれませんが、十二分にいいカードであるといえますね。

 

他社のプラチナカードに近いステイタスでこの年会費は破格です。

 

しかもサービスも文句なしですのでオススメですよ。

楽天ゴールドカードのメリットは?プレミアムカードとの違いとは?

楽天ポイントカードが貯まることで人気の楽天カードがゴールドカードを発行していますね。

 

しかもそのゴールドカードの年会費がかなり安いのでかなりメリットがあるといわれています。

 

ではその楽天ゴールドカードは一体どんなものなのか?メリットはどういうものがあるのかなどについてまとめてみました。

 

年会費が安い!

楽天カードといえば、年会費が無料のカードです。

 

発行枚数も国内でトップクラスになっているみたいですね。

 

確かに楽天スーパーセールのCMや電車広告などを見ていたらこのカードが勢いがあるなあ、というのはよくわかります。

 

私も元カード会社に勤めていたのでカード会社内部のことはよくわかっていますが楽天カードはお得なカードであることは間違いないと思いますよ!

 

その楽天カードにゴールドが出てそれがしかも年会費が2,160円(税込み)でしたら持っておいて損はないと思います。



というのもこの2,160円にしては割といいと思える特典がついています。

 

空港ラウンジが使える!

楽天ゴールドカードの最大のメリットだと思えるものは空港ラウンジが使えることがありますね。

 

飛行機を利用するときというのは、ちょっと早めについたりすると思いますので空港ラウンジは結構重宝します。

 

2,160円のゴールドカードで空港ラウンジを使えるのはかなりいいと思いますよ!

 

さらに家族カードは500円で追加することができます。

 

ゴールドカードの家族カードが500円で追加できるのであれば追加して方がいいと思いますよ!

 

海外旅行傷害保険がついている

ゴールドカードといえば「保険」というイメージがあるのですが、海外旅行傷害保険は実は普通の楽天カードにもついています。

 

これが海外旅行傷害保険の内容ですね。

保険の種類 保険金額(最高)
死亡・後遺障害 2000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任 2000万円
携行品損害 20万円
救援者費用 200万円

 

この保険が適用となるのは、以下の通りです。

 

  • 自宅から出発空港までの交通費(公共交通乗用具の運賃)
  • 海外旅行代金(募集型企画旅行の料金)

 

旅行自体を楽天カードで購入するか、自宅から空港まで行くのに楽天カードを使うかのどちらかです。

 

特急券を購入するのに楽天カードを使うのがよいですかね。

 

楽天市場での買い物がいつでも5倍

楽天カードで楽天市場で買い物をするといつでもポイントが4倍になっています。

 

しかし、この楽天ゴールドカードを利用するといつでもポイントは5倍になりますね。

 

これは楽天プレミアムカードと同様の倍率ですので、これはすごいメリットがあると思いますよ!

 

楽天プレミアムカードの年会費は10,800円になっていましてそれと同様の倍率設定をされています。

 

楽天ゴールドカードに切り替えてもいいのか?

楽天ゴールドカードをここまで説明してきましたが、私の意見としては全然ありだと思います。

 

やはりカードを利用するときにカードの券面がシルバーなのとゴールドなのとではやはりゴールドの方がカッコいいですからね~

 

また楽天カードはnanacoのチャージにも使えます。

 

ですので楽天カードに入る際には必ずJCBブランドを選んでください。

 

nanacoカードにチャージできるのはJCBブランドしかないんですよね~

 

よって楽天カードを持つのはJCBカード一択です!


ぜひ参考にしてください!