相続税の申告は遅れても大丈夫?遅れたらどうなるのか?延滞税とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

相続税の申告期限は10ヶ月であることはすでに以前のコラムで説明していました。

 

この10ヶ月以内に現金一括で納付というのが原則でした。しかし、この申告期限にもし間にあわなっかたらどうなるのでしょうか?

申告期限と納付期限の違いは?

被相続人がなくなった日、つまり相続が始まった日の翌日から10ヶ月以内に現金一括で支払う必要があります。

 

通常亡くなったことを親族が知る日は亡くなった日かその翌日くらいだと思うので、ほぼ亡くなった日の翌日から10ヶ月と覚えておきましょう。

 

そしてここで注意が必要です。申告期限と納付期限が同じだということです。

 

申告をして納付はもう少し待ってくれるということはありません。

 

納付期限も申告期限と全く同じになりますので支払いをするのも10ヶ月以内ということになりますね。

もし海外にいててわからなかったら?

現代の世の中ですので、転勤で海外に行っていたり、旅行に行っている間にたまたま被相続人が事故にあって亡くなったことを知るのが遅れた場合はどうなるでしょうか?

 

そういった場合には、申告苦言が多少延長することもあるようですが、行方不明でもない限り他の相続人が全員知った日に申告するのが普通なようです。

 

というのも、仮に旅行に行っていたとしても、1年も2年も亡くなったことを知ったのが遅れることは「まずない」のが実情だからですね。

スポンサーリンク

申告日が土日の場合は?

細かい話になりますが、もし申告期限の10ヶ月後に当たる日が土日に当たってしまったらどうなるでしょうか?これは固定資産税や他の税金などと同じ扱いになりますね。

 

土日の翌月曜日(もし3連休や4連休であればその翌営業日)になります。

 

申告書は郵送することもできますが、先ほど説明しましたように申告期限と納付期限は同じ日になりますので、最終日に郵送で申告すると相続税がかかる時には延滞税が発生してしまうので注意してください。

 

また提出する税務署は相続人の所在地を管轄する税務署ではなく、亡くなった被相続人の所在地を管轄する税務署になりますので覚えておいてください。

もし遅れてしまった場合は?

遅れてしまう理由や、それが悪質なものであるケースなどに分かれます。主に考えられる加算される税金は以下の4つになると思われます。

 

延滞税…納付期限までに支払うことができなかった時に課される税金
過少申告加算税…申告期限内に提出された申告書の金額が足りなかった場合に課される税金
無申告加算税…正当な理由がなく申告期限までに申告しなかった場合に課される税金
重加算税…仮装隠ぺいしている事実があった場合に課される税金

 

重加算税以外は大幅に遅れなければそれほど大きな金額にはならないと思いますが、相続

 

財産が何億円にもなるケースではそれでもかなりの金額になります。(年利は延滞税7.3% 無申告加算税5%)

 

また申告期限を延長できるケースもありますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。