1. TOP
  2. 保険活用術
  3. 三大疾病保険を比較しておすすめは一時金?女性には何が必要?

三大疾病保険を比較しておすすめは一時金?女性には何が必要?

保険活用術
  304 Views

現在生命保険会社が出している商品の中で、かなりややこしい保険になると思われる三大疾病保険。

 

これは住宅ローンに特約でついていることも最近は多い特約となっています。

 

それはやはり注目度が高い病気だということがわかりますよね。

 

死因のナンバー5までにこの3つの病気が入りますから確かに気になる保障だと思います。

 

この三大疾病保険について解説していきましょう!

三大疾病とは?

それではまず三大疾病とはどんな病気のことをいうのでしょうか?

 

三大疾病というのは以下の3つの病気のことを言います。

 

「がん」(悪性新生物)

「急性心筋梗塞」

「脳卒中」

 

では一つずつ説明していきたいと思います!

 

日本人の死因ワースト1位のがんです。

 

「がん」の正式な病名は「悪性新生物」といいますね。

 

そしてこのがんの次に多い2位には心疾患(急性心筋梗塞)ですね。

 

心疾患というのは心臓に関する病気になります。だから分類としてはかなり広いです。

 

あくまで心疾患の中に急性心筋梗塞が含まれんですね。

 

だから急性心筋梗塞が三大疾病なのですが、大きな心疾患の中の一つの病名と考えるとよいでしょう。

 

そして日本人の死因第3位は意外にも「肺炎」が入っています。

 

その次の4位に脳血管疾患(脳卒中含む)になります。

 

肺炎が上がってくるまでは、ずっとこの三大疾病が死因のトップ3を占めていました。

 

なので三大疾病と呼ばれほどの大きな病気だということが分かってもらえたかと思います。

 

この三大疾病保険ですが、加入されている方の割合は意外と少なく33%程度とのこと。

 

この理由はみなさんがん保険には入られているけれどもほかの2つの病気の保障には心配が及んでいないことになります。

 

ただこの三大疾病保険は意外と曲者。よく理解して入らないと出ないこともしばしばありますのでご注意を。

 

これについては後でまた話します。

 

急性心筋梗塞は入院日数は短い?

心疾患とは心臓に関する病気の総称で、心疾患の大部分を占めているのが「虚血性心疾患」というものです。

 

冠動脈が完全に詰まって心筋に血液が届かなくなった状態を心筋梗塞(しんきんこうそく)といいます。

 

心臓の病気と聞くとやはり重大な病気の感じがしますもんね。

 

心臓の病気というのは、やはり早めの処置が大事です。

 

つまり手術を行うにもしても早急な対応が必要となり、三大疾病の中でも入院日数は比較的短いんです。

 

ただ、やはり大がかりな手術になることが多いので、お金はあるに越したことはないですよね。

 

そんな時に保険が出ないとなるとどんな気持ちになるでしょうか?

 

急性心筋梗塞だけの保障であれば他の心臓の病気には対応していないことがほとんどです。

 

よく考えて加入を決められることをおすすめします。

脳の病気は入院日数が長期化する

この三大疾病の中で最も平均入院日数が長くなるのがこの脳血管疾患になりますね。

 

もちろんその中に脳卒中というのですが、これは医学用語では正確なものではありません。

 

脳血管障害という名前が本来の病名なんですね~

 

そして脳の病気というのは平均入院日数が長期化する傾向にあります。

 

やはり脳というのは人間の身体の部分の中でも重要ですからね。

 

検査をしたりするのも当然慎重になってくるわけです。

 

また命には別状がなくとも言語障害や意識障害なども起こる可能性もあるので重篤化する恐れもあります。

 

また厚生労働省の調査では入院期間中の治療費トータルの平均額は三大疾病の中で最も高額な200万円との発表もあります。

 

脳の病気に関してはもう少ししっかりと考えた方がよいかもしれませんよ。

三大疾病になって保険が出ないことも…

先ほどこの三大疾病を保障する保険は曲者と申し上げました。

 

それは保障内容が保険によって大きく変わることが原因となっています。

 

例えば心筋梗塞になったとして入院したとします。

 

懸命の治療で早期に退院できてよかったよかった、保険金が出るので安心と思っていたら出なかった。

 

こんなケースは全然普通にあるのです。

 

皆さんが入っている三大疾病保険とか特定疾病保険という名前のものの説明書きをよく読んでみましょう。

 

昔のタイプで多いのは、そこに「労働不能の状況が60日以上経過した場合」と書いてあるのではないでしょうか。

 

もしそういうタイプの保険に入られているときには、その状態にならないと保険金は出ません。

 

小さい文字かもしれませんが、そこはよく読んでいただきたいところになりますね(笑)

 

おすすめの商品は?

この保険を難しくしているのは、保険会社ごとだけではなく保険ごとにも内容が違うことが多いからです。

 

これをすべてここで説明することは難しいですね。本当に保険商品ごとに違いますから。

 

特にこの保険は種類が多いだけに本当に注意が必要です。

 

おすすめできる商品というのはその人によって違いますが、基本的にこの保険に加入したい人はこの疾病になれば保険金が出て欲しい人だと思います。

 

なので、三大疾病の中でも特に心筋梗塞と脳卒中について意識を持っておけばいい保険は見つかりやすいと思います。

 

これを自分一人で選ぶのはなかなか困難ですので、信頼できるプロに相談してくださいね!

 

もし信頼できる相手がいない時には、私の個別相談を利用していただいても結構です。

 

相談項目
将来の資産構築教育資金作りの相談生命保険の再構築

\ SNSでシェアしよう! /

FPが教えるお金の教室の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FPが教えるお金の教室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

FP福田稔也紹介 FP福田稔也一覧

FP福田

FP福田

元大手金融期間出身のファイナンシャルプランナー
お金の情報に精通し、年金不安のあるこの時代に効率的かつ無駄のないお金の残し方や貯め方を発信している。
アドバイスの内容はわかりやすいと特に女性に好評。
これまでの相談件数は延べ2000人以上で9割以上の人から指示を得ている。

関連記事

  • 医療保険は必要か?FPが教えるコストを意識した入り方とは?

  • 30代既婚女性に医療保険は必要?保険料の平均とおすすめな選び方を3つ!

  • 生命保険は掛け捨てが本当に良いのだろうか?計算したことある?

  • 医療保険の選び方は?プロが教える誰でも比較できる3つのポイントは?

  • 個人年金保険は年金保険料控除を使うと税金が安くなる!上限や条件と確定申告は?

  • 保険金を受け取っている平均額は?支払っている毎月の保険料の平均は?