セゾンプラチナビジネス・アメックスカードのメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

経営者の間で人気のあるセゾンプラチナビジネス・アメリカンエキスプレスカード。

 

プラチナカードですので、プラチナのサービスを受けることができます。

 

私は今JCBのゴールドカードとオリコのエグゼグティブフォービズを持っていますが、セゾンのこのプラチナはいいな、と思っています。

 

このセゾンプラチナビジネス・アメリカンエキスプレスカードについて説明していこうと思います。

 

セゾンプラチナビジネス・アメックスのメリットは?

セゾンカードのイメージといえば年会費が無料!というイメージがありますよね。

 

このカードは年会費がもちろん無料ではありませんが、かなりいいサービスがあると思います。

 

そしてカードのブランドとしてはアメックスブランドになります。

 

アメックスブランドというと年会費が高いのですが、セゾンカードとの提携カードは年会費が安くなっています。

 

ということでこのセゾンプラチナビジネスも年会費が格安の21,600円(税込)となっています。

 

「21600円が安いなんて…」という声も聞こえて来そうですが、プラチナカードがこの金額なのは格安です。

 

アメックスが自分の会社で発行しているプラチナカードであれば年会費は13万以上します。

 

さすがにそのサービスと同等とはいきませんが、それに近い特典がついていてこの金額であれば全然問題ないと思います。

 

さらに年間200万円以上の利用をすると21,600円の年会費が半額の10,800円(税込)になります。

 

ただこのカードは経営者向けのカードになりますので、加入は個人事業主か法人代表者が申し込む必要があります。

 

JALマイレージを貯めている人はぜひ!

クレジットカードを利用している人はマイレージを貯めている人が多いと思います。

 

その中でやはりJAL派とANA派がいると思いますが、このカードはJAL派向けのカードとなります。

 

私も経験があるのですがJALとANAであれば特典航空券は JALの方がまだ取りやすいですね。

 

ではこのカードがどれだけマイルが貯まりやすいのか、調べてみましょう。

 

このカードには「SAISON MILE CLUB」というコースがあります。

 

このコースは通常のカード利用で、JALのマイルが1000円ごとに10マイルが貯まる仕組みになっています。

 

これは1%のマイル還元率ということになります。

 

そしてこのカードにはさらに永久不滅ポイントが2000円ごとに1ポイント貯まる特典がついています。これを計算してみましょう。

 

このカードの1ポイントは2.5マイルになります。

 

よって半分の1000円の利用ごとに1.25マイルたまる計算になりますので、1000円ごとの還元率が0.125%上がることになります。

 

これを先ほどの1%と合算すると1000円ごとに1.125%のマイル還元率になりますね!

 

この還元率はJALマイルを貯めるにはかなり高い還元率になります!

 

実はこの「SAISON MILE CLUB」に加入するには通常4000円の年会費がかかります。

 

しかしこのプラチナカードを持っていればその年会費が無料になるというサービスがついています。

 

これはこのプラチナカードホルダのみのサービスですね!

 

ただ一つだけ注意点が。マイルの移行上限が15万マイルですから、その点だけは注意ですね。

 

15万マイル移行しようと思えば1500万円の利用が必要です(爆)

 

最大のメリットはプライオリティパス!

元カード会社にいた私としては、このカードの最大のメリットはプライオリティパスだと思います。

 

これを本当に上手に使えば、200万利用した後の年会費の1万円なんてすぐに回収できると思いますが。でも海外にほとんど行かない人にはあまり関係ないですね。

 

他のサービスは使わないサービスが多い

ビジネスに役立つオフィス用品の調達や、士業の紹介サービスなどがありますが、そのどれもが「凄い!」とうなるようなサービスは正直ありません。

 

それはセゾンに限らず、どこのカード会社もそんなもんです。

 

でも自分が全くの事業初心者であれば、利用できるものは利用すればいいと思いますよ!

 

スポンサーリンク

セゾンプラチナアメックスの審査は?

ではこのセゾンプラチナカードを持ちたい!と思った人が気になるのは審査だと思います。

 

個人事業主や法人の経営者は仕事のために借り入れをしていることは多いですからね。

 

ただ基本的にクレディセゾンがカードの審査をいたしますので、そこまで審査は厳しくないと思います。

 

でも信用情報に登録されていたり、カードを短期間にたくさん作ろうとしていたら別ですが(笑)

 

そもそも他の会社のプラチナカードというのは、基本的にゴールドカードを持っている人に対していんびてーしょんが送られて申し込身をするというスタイルです。

 

昔のアメックスプラチナは今ほど高額ではなく、インビテーションもバンバン出していました。

 

当時はブラックカードも誰でも発行していた感がありました。

 

しかし、ステータスカードの意味合いが薄れていったので再びインビテーション制に戻したという背景があります。

 

どこで入ればお得か?

このカードはこれだけのメリットのあるカードではあるのですが、個人での申し込みはできなくなっています。

 

申し込みの対象者は個人事業主か法人代表者しかできません。

 

確かに年会費は21600円かかるかもしれませんが、十二分にいいカードであるといえますね。

 

他社のプラチナカードに近いステイタスでこの年会費は破格です。

 

しかもサービスも文句なしですのでオススメですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。