お金に関する情報

大相撲の人気力士は給料や懸賞金は?横綱や大関など関取になると高収入?

日本の国技である相撲。その主役となる力士はスポーツ選手であるとも言えますね。

ほかの多くのスポーツに携わる選手たちと同じように、給与体系は一般のサラリーマンと異なるだろうと考える人は多いはず。

しかし一体いくらもらえるのか、詳細は謎が多いですよね。

今回は力士のお給料についてまとめました。

力士の階級である「番付」も詳しく紹介しているので、相撲のことは何もわからない!という人でも参考にしてください。

番付ってどんな順番?

「長者番付」など、相撲以外でも使われる番付というしくみ。

力士の強さをあらわす指標にもなる番付を、詳しく見ていきましょう。

  • 横綱
  • 大関
  • 関脇
  • 小結
  • 前頭

※ここまでが「幕内」

  • 十両(十枚目)

※ここまでが「関取」

  • 幕下(幕下二段目)
  • 三段目
  • 序二段
  • 序ノ口

テレビに映るような取組は幕内力士のみ。なので、前頭までは相撲を知らなくともご存知ではないでしょうか。

幕下以下は「力士養成員」という扱いになり、月給が支払われません。

手当や師匠からのお小遣いがあるのみです。

そのため十両を目指す力士は多く、反対に十両の力士は幕下にならないよう努力するんだという話になります。

力士の給与体系

「番付に基づいた月給・手当」と「成績の良し悪しによる褒奨金」、「懸賞金等」を合計したものが力士の収入になります。

実は、力士も日本相撲協会から固定給をもらっているサラリーマンのような形になっています。

ただし、日本相撲協会からお給料をもらっているのは関取以上の力士に限ります。

つまり力士が職業として認められているのも、十両より上の番付にいる人たちのみ。

実際の月給は以下の通り。

  • 横綱 約280万円
  • 大関 約230万円
  • 関脇 約170万円
  • 小結 約170万円
  • 前頭 約130万円
  • 十両 約100万円

9月と12月にはボーナスも出るそうです。

金額が大きいものの、給与体系は一般企業に勤めるサラリーマンとほとんど変わりませんね。

月給以外の収入は?

力士には手当があります。幕下以下の月給が出ない力士たちにとっては、この手当がお給料代わりとも言えるでしょう。

  • 出張手当

東京都の国技館から、大阪場所や九州場所など移動の多い力士。

宿泊費も含め、十両以上なら年間70〜120万円ほどの出張手当がもらえます。

  • 本場所特別手当

小結以上の力士には、5〜20万円の本場所特別手当が出ます。

  • 褒奨金

勝ち越すごとに加算される褒奨金。

負けたからといって減額はされず、勝てば勝つほどどんどん増えていくしくみです。

金星、つまり前頭が横綱に勝利した場合は、金星ひとつにつき4万円が加算されます。

  • 優勝金

それぞれの階級で一番強い(優勝した)力士は優勝金をもらうことができます。幕内優勝すれば、なんと1000万円。

お金のほかに車や旅行、お酒など、副賞も贈られます。

  • 懸賞金

そして大きいというか謎なものがこの懸賞金です。

企業や団体がかける懸賞金も、力士の収入の一部。

勝つことで取組にかけられていた褒奨金が手に入ります。

金額は1本につき3万円。

企業・団体がかけるのは6万円程度なのですが、日本相撲協会の事務経費等が引かれてこの金額になるそうです。

相撲好きは知っていて当たり前な懸賞金のしくみ。しかし

「相撲の情報はニュースで見る程度しかわからない」
「相撲自体にあまり興味がない」

という方にもう少し詳しく説明していきましょう。

懸賞金は誰がもらう?

そもそも懸賞金はどういう場合にもらえるものなのか、確認しておきましょう。

懸賞金をもらうのは力士。

取組で勝利した場合に受け取るお金のことです。当然負けた力士はもらえませんが、不戦勝や引き分けでも手に入りません。

懸賞金は全額かけた側に戻されます。

幕内力士の場合、懸賞金は1本62000円。

高額に思えますが、以下の通り天引きされるため、実際力士がもらえるのは30000円になるそうです。

・日本相撲協会の事務経費として5300円
・納税充当金として26700円

年末調整の際に不足があれば、この納税充当金から支払われます。それ以外は貯蓄され、力士は引退時にまとめて受け取ることができるんです。

現役時代に強かった力士は、辞めるときにもたくさんお金をもらえるというわけですね。

懸賞金を出すのは誰?

懸賞金は、協賛する企業や団体が支払います。

現在、原則として個人が懸賞金をかけることはできず、企業・団体名義でなければ受け取ってもらえません。

企業名が書かれた懸賞旗が持ち込まれるため、宣伝になりますね。

実際に見に行くとわかりますが、どこの企業・団体が懸賞金をかけたかアナウンスが流れます。

以前は1日1本、15日間懸賞をかけ続けるよう求められていたものの、2000年以降は変更されました。

5本以上なら1日しか懸賞をかけなくてもOKですし、ひとつの取組にいくつもの懸賞をかけることができます。

複数の懸賞をかけると、前述の場内アナウンスも複数回流れます。

宣伝効果が倍増というわけですね。

2013年の11月場所では、ポール・マッカートニーが『NEW』というアルバムの宣伝をするために5本の懸賞金をかけたため、「ポール・マッカートニー『NEW』発売中」とアナウンスが5回繰り返されたそうです。

もともとはお金じゃなくて着物?

相撲は古くからある日本の国技。現在でこそ懸賞金システムが確立されていますが、昔は着物を祝儀としてかけていました。

観客は「すばらしい」と思った取組に対して、土俵へ向けて着物を投げます。

投げられた着物は力士本人または呼び出しから本人に返され、着物と引き換えという形で褒賞を渡していたんだとか。

力士本人から着物を返してもらえるなんて、ファンなら嬉しいことこの上ないですね。

今も取組に対して座布団を投げる観客がいますよね。

・昔と同じく、力士を祝福するため投げる
・格下に負けた力士に対するブーイングのため投げる
・荒れた取組に対して投げる

…などの意味で座布団が投げられます。ただし、この「座布団の舞」は禁止行為!怪我のおそれがあり危険です。

実際に、アナウンス中の行司に当たり怪我をしてしまったこともあるんですよ。

企業や団体によってかけられた懸賞金が、勝利した力士に授与されるというしくみだったんですね。

力士のモチベーションアップに繋がりますし、日本相撲協会の資金にもなる良い制度だと思います。

座布団を投げる行為は禁止されているものの、なかなか規制できない状態が続いているそうです。せっかくの国技、マナーを守って観覧すべきはずなのですが…。

ただ、2013年に稀勢の里が白鵬を下した取組では、座布団を投げる代わりにバンザイが行われたそうです。

これまでの伝統とは異なるかもしれませんが、素敵ですね。

大相撲の給料や懸賞金のまとめ

毎月もらえる固定給のほかにも、手当等による収入があるようですね。

しかし、幕下以下はもらえるお金が少なく、力士を職業として認められていないというのは驚きました。

その分「十両以上になってやる!」というモチベーションが高まるのかもしれません。

また、恵まれているように思える関取以上でも、階級によるお給料の差がはっきりしており、厳しい世界であることがうかがえます。

見ているほうも応援に熱が入りますね!

相撲に興味がなかった人も、お気に入りの力士を見つけて応援してみてはいかがですか?

ps.これまでお金に関して無計画すぎたことはありませんか?

⇒生活を変えずに貯める体質に変える秘訣は?

ABOUT ME
FP福田
お金の持っている力を最大限に生かすコスパコンシェルジュ 情報を調べて、今できる最大限に効果の高い商品の購入方法をアドバイスしている。 これまでの相談件数は延べ2000人以上で95%以上の人から満足をしてもらっており、また陸マイラーとして実績は半年で20万マイル獲得の実績。