1. TOP
  2. 資産運用
  3. お金を働かせることが本当にできるのか?お金を寝かせておくのもリスク

お金を働かせることが本当にできるのか?お金を寝かせておくのもリスク

資産運用
  284 Views

資産運用のセミナーなどに行きますと、よく「お金を働かせましょう!」という言葉を聞くと思います。

 

これはつまり投資商品を売りたい常套句のように聞こえますよね。

 

実際に投資というのは、お金がお金を生む仕組みではありますが、リターンがあればもちろんリスクもありますね。

 

そういった仕組みを全く知らずに投資をするのはやめておいた方がいいと思います。

 

しかししっかりと自分で学んだうえで、投資の世界にチャレンジすることはこれはいいことだと思います。

 

ではお金を働かせるという言葉の反対でお金を寝かせておくのはリスクがないのか?

 

ちょっと考えてみましょう。

 

お金をタンスや銀行預金に置いておくと安全?

今のマイナス金利の時代、どこにお金をおいていても増えないということでタンス預金で金庫が結構うれているという話を聞きました。

 

確かに銀行にいれておいて、時間外手数料を取られる方が、もったいないと思うこともありますよね。

 

なので投資をせずに増えなくても減らなければいいという考え方をしている人が本当に日本人には多いのです。

 

インフレが起こると実は目減りしていることも

インフレというのは物の値段が上がることですよね。

 

この不況の日本においても、モノの値段は上がり続けていまして、緩やかなインフレが起こっているのです。

 

ではインフレが起こるとどうなるのか?

 

まずは今150万円で販売している車があるとしますね。

 

その車を買う資金として150万円をある銀行口座に置いておいたとしましょう。

 

2年後に購入するために、その銀行口座においておいた銀行預金ですが今の金利ですと2年たってもほとんど増えません。

 

仮に0.1%の預金金利があったとしても2年でたったの3000円しか増えないのです。

 

しかもここには源泉分離課税という税金が取られます。よって実際には2400円だけ増えたことになるんですね。

 

そして2年後にその車を買おうとしたらその車の金額は160万円になっていたとしたらどうでしょうか?

 

実際に10万円という金額の値上げとなっていますので、考え方によっては資産が減っていると考えられるのです。

 

これはあくまでもわかりやすい例として説明したのですが、こういうことは世の中には頻繁に起こっているのです。

 

インフレに対応できる金融商品がおすすめ

つまりインフレが起こったときには、額面通りにしか戻ってこない金融商品は逆の意味でリスクがあるともいえるのです。

 

世の中の景気が変わり、年率0.5%の固定でまわす金融商品は低金利時代にはリスクでしかありません。

 

インフレで価格が上がった時には、それに対応してくれるような金融商品があった方がインフレヘッジができてよいかとも思います。

 

もちろんそういった商品は、注意事項がある商品だったりもするので、もちろんよく説明を聞く必要があるとは思うのですが。

 

金融庁長官も投資を促している

そして現在の金融庁長官である森長官も、金融機関は投資教育に力を入れていってほしいと言われていますね。

 

これはつまり銀行預金とか郵便局の貯金だけではなく、積極的にお金を増やす努力を、お金を働かせる努力をしてほしいと言っているのです。

 

実際のお話でいいますと、私も含めてみなさんからお預かりしている年金資産もポートフォリオを組んで、運用を行っています。

 

少なくともこのGPIFが運用しているのを参考にすれば、損をするリスクというのは極めて少なくなるのです。

 

なので一歩ずつでも少しずつでも投資といいうものに触れておくのは必要だと思いますよ!

 

そのような初心者向けの投資教育についてセミナーを開催していますので、時間のある方は参加してみてください!

 

今までとの考え方が変わるかもしれませんよ!

予約希望日(必須)

時刻(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

メッセージ

入力内容を確認しました

 

\ SNSでシェアしよう! /

FPが教えるお金の教室の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FPが教えるお金の教室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

FP福田稔也紹介 FP福田稔也一覧

FP福田

FP福田

元大手金融期間出身のファイナンシャルプランナー
お金の情報に精通し、年金不安のあるこの時代に効率的かつ無駄のないお金の残し方や貯め方を発信している。
アドバイスの内容はわかりやすいと特に女性に好評。
これまでの相談件数は延べ2000人以上で9割以上の人から指示を得ている。

関連記事

  • 教育資金の貯め方で効果的な方法は?学費が必要な時期は必ずくる!

  • 変額保険でおすすめタイプは?終身・有期・年金型を選ぶコツと投資信託との違いは?

  • DINKSの老後資産形成に有効な方法は?エンジョイライフに!

  • 夫婦2人で老後に必要なお金を計算してみる!4000万円の理由は?

  • 長期分散投資の必要性とは?資産運用の基本でバフェットに習おう!

  • ドルコスト平均法の計算方法は?わかりやすくメリットデメリットを!