1. TOP
  2. 節約術
  3. マイナス金利政策とは?メリット・デメリットを簡潔に説明!

マイナス金利政策とは?メリット・デメリットを簡潔に説明!

節約術
  131 Views

今の日本はマイナス金利ですよね。

 

貯蓄をしていたらお金を取られるようなこの超超低金利時代ですが、これが本当に大変なことである認識をもう少し持っていただくと日本の経済も多少よくなっていくと思うのですが、いかがでしょうか?

 

さてこのマイナス金利という言葉ですが、一体これはどういう意味なのでしょうか?

 

マイナス金利政策とメリット・デメリットについて説明していきます。

 

マイナス金利政策とは?

まず最初にイメージに浮かぶのが、お金を預けていると金利が取られるいうことを思い浮かべると思います。

 

実際に大手都市銀行や地方銀行が預金者に対して、マイナス金利を実施しているということではありません。

 

この言葉の意味は日本銀行に預けるお金に対してマイナス金利政策を実行するということなんですね。

 

具体的にどういうことかと言うと、まず大手の銀行は預金者から預かっているお金を少しでも増やすために日本銀行にお金を預けていたりします。

 

日本銀行も以前は金利を少し付けていましたので、大手の民間銀行からすれば資産運用先の一つとして日本銀行があるわけです。

 

そしてご存知の通り、今の時代はどこに預けていてもお金は増えませんよね。

 

なのでほとんど増えなくても、日本銀行に預けておけばほんの少しでも利息が受け取れたので銀行の資産の多くを日本銀行に預けていたわけです。

 

本来の銀行の業務は、企業に融資をすることで収益を上げることなのですが、不況でいい貸出先が少ないために、どうしても安全な先で運用をしていたのです。

 

しかし、このようにお金が一つのところに集中して集まると経済が活性化しません。

 

なので、日本銀行に預けるのではなく、本来の業務である融資などにまわすように経済を活性化させる目的でマイナス金利政策を実施したのです。

 

その政策を実行することにより、銀行が日本銀行に預けていては預けている資産が減るということになり市場にまわるだろうという考えで実行されたんですね。

 

ただ現在はその目論見通りにことが運んでいるとはいいにくい現状ではあるのですが…

金利=経済成長のスピード

ここで少し金利についてお話をしていきたいと思います。

 

日本人がお金を増やそうと考えた場合、まず最初に考えるのが預貯金なんですね。

 

銀行の定期預金とかゆうちょ銀行の定額貯金などです。昔はそれでも増えていました。

 

日本の戦後から高度経済成長期・バブル時代の日本経済は成長スピードが驚異的なスピードで進行したため、ただ預けているだけの金利もそれなりについていました。

 

逆にいえば、借りる時の金利も高かったわけです。

 

ただ一般の個人客についは、とりあえず銀行に入れておけば安心で、さらに金利がついて増えて戻ってくるのですから、何も考えずに銀行に入れておけばよかった時代だったんです。

 

私が大学を卒業した1995年、その時に新入社員でカード会社に入社した頃、カード会社系列の銀行口座を作らされ、決済銀行にさせられたのですが、当時の普通預金の金利が1%だったことをはっきりと覚えています。

 

ただ当時は、もっとすごい金利があった後だけに1%がしょぼい数字に見えたんですね。

 

しかし、そこから怒涛のように毎月下がっていったのですが(笑)

 

そんな時の時代と比較して今の金利がいかに低いものであるかということがわかります。

 

ちょっとお話にならないレベルですよね。

 

今の日本の経済成長率をご存知でしょうか?

 

2014年、日本の経済成長率は−0.10%となっています。

 

経済成長率は下記の数式で算出します。

経済成長率 = (当年のGDP – 前年のGDP) ÷ 前年のGDP × 100

 

私が現在勉強している講座では、「金利=その国の成長」という定義でお話をされていました。

 

日本は経済成長率がここもと上がっていませんのでので、成長がない=金利が上がらない。まさにその定義通りですよね。

人口増は成長率に当然影響する!

人口が今後増えていくかどうかは、経済の成長にかなり関係してくるところですね。

 

国内総生産(GDP)では日本は米国・中国に次ぐ世界第3位の経済大国です。

 

しかし、今はよくても今後の成長は疑問符がつくところです。

 

というのも、こと人口においては見通しの明るくないデータを内閣府が発表していますね。

 

今後の人口予測というものがありますが、そのデータがこちらです。

 

2030年の日本は1億2000万人を割り込み、そして2060年の日本は人口が9000万人を割り込むことになっています。

 

人口が少なくなれば当然生産人口が減ります。生産人口が減りますとGDPは下がることとになります。

 

よって日本の今後というのは人口を増やしていくことも経済成長には重要な指標となっています。

 

しかしなかなか子供の出生率が伸びない世の中で、今後どれだけ子供を生むことで生産人口を増やしていくのか?

 

移民を受け入れることが果たしてできる世の中になるのでしょうか?

 

日本人としてはなかなか難しい決断を迫られるとは思いますが、社会保障の問題もありますので、なかなか難しい問題であることは間違いありませんね。

 

人口が増えない=GDPが伸びない=経済が成長しない、というのは金利が増えない根本原因である可能性もあります。

 

この経済成長をなんとか推し進めるためには、大きな改革が必要だったわけです。

 

その一つがマイナス金利の導入だったんですね。

マイナス金利政策のメリットは?

 

マイナス金利政策にはもちろんメリットはあります。

 

金利がそもそも低すぎるわけですから、個人で言えば住宅ローンは史上最低の金利になっていますね。

 

ということは住宅の購入を検討する人が増えるでしょう。

 

優良企業はかなりの低金利をバックに設備投資を行うこともできます。

 

マイナス金利政策のデメリットは?

マイナス金利政策のデメリットはどんなものが考えられるでしょうか?

 

まずは銀行の預金がかなり低いというかほぼ無いに等しい感じになっていますね。

 

普通預金の金利を見てみると0.001だったりよくても0.01だったりします。

 

0.001の場合100万円を1年間預けていたら金利は10円です。(爆笑)

 

また0.01だったとしても100万円を1年間預けて金利は100円です。

 

さらにここから税金が2割取られます。もう考えるのも嫌になりますね(笑)

 

また金利が低いとなると、金融商品の一つであります生命保険の予定利率も下がることになります。

 

予定利率が下がると保険料が高くなりますので、消費者からすると大変迷惑な話になるわけです。

 

2017年4月に保険料が一斉にあがったのは記憶に新しいところでしょう。

 

まとめ

銀行がもっと市場にお金を投入していけば、経済はもっと活発になるのでしょうけども、実際に銀行はそういう動きをしていません。

 

しかも本来の融資で儲けるというよりも手数料で儲けるという風にかなりシフトしていますので、これも性質が悪いですね。

 

金利が100万円で10円しかつかないのに、時間外手数料やコンビニ手数料は108円以上します。

 

完全にふざけてますよね!!

 

もっと消費者の側に立った経営をしてほしいところですが、それは難しいかもしれませんね。

 

銀行の言いなりにならないことがマイナス金利時代の消費者の行動になると思います。

 

きちんと見極める目を持つ必要があると思いますよ!!

 

こんな時代になった以上、国民も投資をする意識をもう少し高めていく必要があります。でも銀行には騙されないように!(笑)

\ SNSでシェアしよう! /

FPが教えるお金の教室の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FPが教えるお金の教室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

FP福田稔也紹介 FP福田稔也一覧

FP福田

FP福田

元大手金融期間出身のファイナンシャルプランナー
お金の情報に精通し、年金不安のあるこの時代に効率的かつ無駄のないお金の残し方や貯め方を発信している。
アドバイスの内容はわかりやすいと特に女性に好評。
これまでの相談件数は延べ2000人以上で9割以上の人から指示を得ている。

関連記事

  • 家計の見直しには携帯料金を安くする方法が効果が高い!?

  • ファイナンシャルプランナーが教える損しないプロの節約術とは?