1. TOP
  2. 資産運用
  3. 教育資金の貯め方で効果的な方法は?学費が必要な時期は必ずくる!

教育資金の貯め方で効果的な方法は?学費が必要な時期は必ずくる!

資産運用
  141 Views

教育資金というのはお子さんができた時には必ず考えることだと思います。

 

毎月の生活資金からなんとかやりくりしてお金を捻出している人も大勢いますが、その貯めているお金で本当に大学までの費用が賄えるのかどうか不安な方も多いと聞きます。

 

それでは一体教育資金にはどれくらいのお金が必要なのか?

 

またどうやって貯めると効果的に貯めることができるのかについて考えてみましょう。

 

私立と公立のどちらに行かせるかで費用は大きく変わる!

まずは公立の学校と私立の学校に行くので費用は大きく変わってきますよね。

 

ただ今は高校以上が無償化になっていますので、高校に入れば私学でも授業料は無償化になりますが、小学校中学校の私学ではまだ完全に無償化になるかどうかもわかりません。

 

一部補助金が出る制度はありますので、少しはましですがこれも年収が低い人のための救済策となっていますので年収が高い家庭には一切関係ありません。

 

そうなりますと、やはり子供の授業料というのはやはりかなり高く見積もっておく必要があると思います。

 

教育費作りは大学の資金作り

確かに小さい時の受験勉強や習い事などもお金はかかるのですが、教育資金を作る最大の目的は大学に行く為の資金作りといっても過言ではないでしょう。

 

国立の4年生の大学に入ったとしても年間でやはり100万円近くかかってきます。

 

これは今の時代での話ですから子供が大きくなって大学に入るときにはまた更に上がっている可能性はあるでしょう。

 

そしてこれが私立大学になるとさらに費用は上がります。

 

また理系に入ったり、医学系や歯学系、また理学療法士やその他の専門系の大学に入ったりするとなると更に費用があがります。

 

私立大学の文系であれば年間100万円を少し超えるくらいでいけるかもしれませんが、理系になりますとその1.5倍は見ておかないといけないでしょう。

 

それが4年間もかかるとなると一体いくら準備しておけばいいのでしょうか?

 

奨学金制度の活用

今の時代はこういった費用がすごくかかるために、奨学金がわりとどの家庭にも利用しやすい環境にあることは間違いありません。

 

しかも史上空前の低金利ですので、借りる金利も低くはなっています。

 

しかしながら大学の費用すべてを奨学金で借りた場合、本人は卒業と同時に大きな借金を持って社会人になります。

 

確かに自分の学歴を作るために借金をしてまで大学に行くわけですが、この大きな奨学金という借金が社会的に暗い影を落としている側面も見逃せません。

 

なのでできれば、子供さんの学校の費用は準備できるのであれば少しでもたくさん準備できるに越したことはないと思います。

 

私学で800万円、国公立で500から600万円

大体のイメージでいいますと、現代の大学生活にかかる費用というのは私学で800万円、国公立で600万円かかると思っておいてもらって間違いないと思います。

 

もちろんこの費用の中には交通費や教科書の代金なども含まれているため、すべてが授業料というわけではありません。

 

ただこれくらいのお金はかかるということははっきりと認識しておいた方がいいのは間違いないでしょう。

 

どうやって貯めるのが効率がよいのか?

ではこの500万円とか600万円という費用をどのように積み立てていけば最も効果的なのでしょうか?

 

一番最初にしないといけないことは、このお金は別のところに入れておいて分けておく必要があると思います。

 

家計と一緒にしてしまうとどうしても使ってしまいがちになります。

 

もう一つは児童手当だけで貯蓄はしないということですね。

 

3歳までは15000円、4歳以降は1万円が支給されることになっている児童手当だけを貯めたとしたら一体いくら貯めることができるのでしょうか?

 

15000円×12か月×3年=54万円

10000円×12か月×12年=144万円

合計 198万円

 

この200万円くらいの金額だけでは大学の費用を作ることはできませんね。

 

なので自分たちでもう少し努力して毎月子供のために2万円ずつ貯めてみてはいかがでしょうか?

 

そうしましと2万円×12か月×18年間=432万円ものお金がさらに追加で貯めることができます。

 

上記の児童手当と合計すると630万円の大学進学の時にあれば、どこの大学に行くとなっても当面のお金は支払えると思います。

 

ですので、児童手当+2万円をなんとか作っていくことが、子供さんの将来のための夢資金に充てられるのではと思います!

 

 

ではそれをどんな金融商品で貯めればいいのか?

 

その具体的なお話は個々によって貯められる時期も違いますし、金額も変わってきます。

 

個別にお話しを伺わないと適正なご案内ができないため、個別相談にお申込みください。

 

相談項目
将来の資産構築教育資金作りの相談生命保険の再構築

\ SNSでシェアしよう! /

FPが教えるお金の教室の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FPが教えるお金の教室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

FP福田稔也紹介 FP福田稔也一覧

FP福田

FP福田

元大手金融期間出身のファイナンシャルプランナー
お金の情報に精通し、年金不安のあるこの時代に効率的かつ無駄のないお金の残し方や貯め方を発信している。
アドバイスの内容はわかりやすいと特に女性に好評。
これまでの相談件数は延べ2000人以上で9割以上の人から指示を得ている。

関連記事

  • 長期分散投資の必要性とは?資産運用の基本でバフェットに習おう!

  • ドルコスト平均法の計算方法は?わかりやすくメリットデメリットを!

  • インフレ目標政策は2%!日本人の賢い資産運用を考えよう!

  • 夫婦2人で老後に必要なお金を計算してみる!4000万円の理由は?

  • 初心者の資産運用で絶対に必要なことは何?ステップを公開!

  • 投資信託の初心者が失敗してしまう理由は?正しい選択方法を知ろう!