生命保険は掛け捨てが本当に良いのだろうか?計算したことある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

「生命保険は掛捨てにしなさい!」という言葉を聞いたことがあると思います。

私もこれまで何度も

「保険に入るならできるだけ安い方がよいのですが」
「掛捨てがいいと聞いたので一番安い掛け捨て保険に加入したいのですが」

といった声をこれまで何度も聞いてきています。

本当に掛け捨て保険はいいのでしょうか?これについて少し説明していきましょう。

掛け捨て保険が一番いいのか?

保険に加入するのであれば、保険料は安いのに越した事はないと思いますよね。保険料は家計の中で支出に占める割合が大きい場合もあります。

ただ果たして保険に加入すべき人の全員がこの掛け捨て保険でよいのかというと、かなり疑問が残ります。

kakesute

保険も住宅と同様に人生において高い買い物の一つであることは疑いようのない事実ですね。この大きな買い物をする時に、自分の人生設計や年収などを考慮せずに、すべて一番安い保険に入ることは本当に正しいでしょうか?

 

住宅を買う場合と同様に真剣に考えて入るべきであると私は思います。住宅の場合は、自分の買える範囲で、できるだけいい家が欲しいという欲求はありますよね。

どのように保険を考えればよいのか?

 

では保険を選ぶ際にはどうでしょうか? 保険商品というものは金融商品ですので、お金でトクしたい方や有利な商品に入りたい方にとっては、詳しく見ると面白い商品であったりもします。

また税効果なんかを考えてみても、普通の預貯金なんかより有利なケースもありますね。しかし、多くの方が詳しく調べたりすることなく選ぶ商品の最も高価なものが保険だと言えるでしょう。

ですので、テレビや雑誌などで「掛捨て保険がいい」と言われると

「掛捨てがいいんだ」

と思う方が多くなってしまうのですね。

tv

掛け捨て保険のメリットは?

掛捨て保険というのは、やめても(解約しても)お金が戻ってこない保険のことをいいます。だからこそ保険料を安く抑えることができるのですね。

  • 保険料が安い
  • 保険料と比べて保障が大きい
  • 一定期間の保障を得ることができる

こんなところでしょうか。では次に掛け捨て保険のデメリットを見ていきましょう。

掛け捨て保険のデメリット

では逆にデメリットを見ていきましょう。

  • 保険期間の間に何も保険給付の要件がなければ払った金額全てが捨てたことになる
  • 保険が終了して更新すると保険料が高くなる

要するに保険期間中に何かあった場合のためだけの保険であるといえるでしょう。まあでもこれが保険本来の役割でもあるのですが(笑)

スポンサーリンク

保険料総額をきちんと考える

医療保険のところでも説明いたしましたが、やはり保険はコストで計算するのが最もわかりやすくてよいと思います。

掛捨て保険の最大のメリットは保険料が安くて大きな保障を得ることができることです。これは掛け捨て保険のもつ最大かつ最高のメリットです。

では実際にこの保険金を受け取られる方の割合というのはどれくらいいるのでしょうか?

これをお読みの方で、多額の死亡保険金を受け取られた方を知っている方はいらっしゃいますか?

掛け捨て保険というのは、何かあったときに保障をしてもらえるので、毎月安い保険料で安心を買うことができるありがたい商品です。この商品を必要としている人にはこの選択は正しいといえます。

ただこの保険期間中に何もない場合、「保険料が全てムダになるかもしれない」という事実をよく考えていただければよいと思います。

例えば30歳の男性が、死亡保障3000万円の60歳までの保険に加入する際に毎月1万円の掛捨て保険に加入したとします。これを1年間支払えば一年で12万円になります。

これを30年支払えばいくらになるでしょうか?そうですね360万円です。その金額を払って60歳までに万一のことがあれば3000万円の金額が保障されるというものです。

このコスト意識を十分に持っていただければと思います。

保険を掛け捨てにして自分で運用できる?

よくFPの方などでも、このように「保険は掛け捨てであとは自分で運用した方がいい!」と書かれているものをよく見ます。しかしながら実際にこのFPの方たちは自分で運用しているのでしょうか?

私の知っている限りでは、このように投資は重要ですよ!と言っている人の多くの人で、実際に投資をしている人はかなり少ないですね。

私は実際にドルコスト平均法を使って運用をしています。よって保険と自分の運用を分けることは可能です。

toshin

しかしながら、投資教育の行き届いていないこの日本において、「自分で運用したら?」というのはいささか乱暴な意見のようにも思えます。

そして私は実際に運用をして生活をしている方や、海外の金融資産で運用している方を知っています。ただ何も知らない初心者の方が一足飛びにこのような手法ができるかといえば、

「できるわけがありません」

としかいいようがないのです。まずは少額から始めるほうがいいに決まっていますよね(笑)

今後そのように実際に投資運用している人とマネーセミナーを行う予定にしていますので乞うご期待ください。

(マネーセミナーについては現在日程調整中ですのでしばらくお待ち下さい)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*