住宅ローンで銀行を選ぶポイントは?どこで借りるのがトクか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

私が住宅ローンを決定するのに一番悩んだのはここです。「どこで借りるのがトクなのか?」ということです。

住宅ローンの金利は史上空前の低金利

現在住宅ローンは銀行やノンバンク、はたまた公的な金融機関など様々な商品があふれています。一昔前まで大手銀行は個人向けローンに力を注いでいなかったので住宅ローンといっても様々な商品があるわけではありませんでした。

しかし、今はメガバンクと呼ばれる銀行においても、キャンペーン商品ですとか、色々な個人向け商品を投入するようになっています。

その個人向け商品の代表である住宅ローンという商品は20年とか30年とか35年とかいうように大変長期間の商品です。なかには50年ローンという気の遠くなるような商品を扱っている銀行もあります。

現在住宅ローン金利は低水準で推移しています。変動金利や固定3年などは1%近辺をウロウロしています。キャンペーン商品の中には1%をはるかに切るような商品も出ていたりもします。

今の低金利がいつまで続くかは誰にもわかりません。もちろん私にもわかりませんし、FPにだってわかるわけがありません。ただ、今の金利は史上最低のランクですから、下がる可能性より上がる可能性のほうが高いでしょう。

ですが正直言いまして、ここ2、3年で金利が極端に上がることは低いのではないかと思っています。(日本の景気が良くなれば別ですが…)

住宅ローンの金利はこれから上がる?

今現在は今後金利が必ず上がるものと仮定して、長期間固定金利の商品が注目を集めていますが、実際のところそれがいいとは一概にはいえません。

繰上げ返済は、住宅ローンの将来の支払利息を軽減する効果があります。なので、手元に余裕資金がある際は、金利が低く預貯金の利息が増えない場合などは、貯めるよりも、将来の返済分を着実に減らすほうが金額的にも効果が大きく、家計管理を意識している家庭ではよく実施しています。

よってこの繰上げ返済を積極的に考えているのであれば、固定3年1%とかでその期間にできるだけ多くの繰上げ返済をすることも良いでしょう。

例えば自営業の人であれば「その3年間稼ぎまくる」というモチベーションを高めることができるのではないでしょうか。また、共働きで3年間は何とかとにかく返済に充てるといった考え方の人もこういった金利のタイプはいいかもしれません。

繰り上げ返済の手数料はいくらかチェックしよう!

また繰上げ返済手数料ができるだけ安いこともポイントだと思います。金利が安いけれども繰上げ返済の手数料が3万円も5万円もかかれば、こまめに返済することはできないので、ある一定の金額及び一定の期間にまとめて支払わないと手数料だけでもかなりの負担を強いられると思います。

もし繰上げ返済の手数料が無料であれば、毎月たとえ1万円づつとか、本当の少額でも繰上げ返済することも可能になります。

重要なのはあなたが早く返したいという気持ちが強いのか、それとも長期間固定で安定して返済したいという気持ちが強いかで大きく変わるといえるでしょう。

あと、今年から住宅ローン減税の制度が引き下げになるかもしれません。この住宅ローン減税が各家庭に与える影響は一体どれくらいあるのでしょうか?

住宅ローン控除はありがたい制度

住宅ローン控除が住宅ローンを組もうと考えている人にとって、大変有利な制度であることは間違いありません。

住宅ローンの借入金額の残高に応じて減税額が決まるこの仕組みは住宅を購入しようという人には本当にありがたい制度になります。

加えて、住宅ローン減税は、悪く言えば毎年方針がコロコロ変わる制度です。政府の景気対策で、いともカンタンに見直されることもしばしばあります。

2017年の現在の状況においては、まだ住宅ローン控除がありますので是非とも有効に活用することが望まれますね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。