1. TOP
  2. 住宅ローン
  3. 賃貸住宅よりも住宅を購入した方が本当にいいのか?

賃貸住宅よりも住宅を購入した方が本当にいいのか?

家賃よりも住宅を購入した方がよいと聞くのですが

賃貸住宅に住んでいる人がマイホームを持ちたいと思う動機は一体なんでしょうか?

 

「家賃が高い」

「住環境が悪い」

「資産を持ちたい」

「勤務先に近いところがいい」

 

など様々な理由があると思います。

 

でも最近家を買う人の多くが、「毎月の返済額が安い」という理由で家を買う人がいます。

 

実際のところ賃貸住宅で何年住むのかはわかりませんが、家賃と同じ分くらい住宅ローンを支払うと仮定すれば、設備がより良い住環境に変わることは間違いないところだと思います。

 

家を買うメリットは?

また、賃貸住宅は支払いが永遠に終わることがありません。

 

例えば現在家賃が10万円のところに住んでいたとすれば年間120万円、30年間で3600万円の支払総額になります。

 

30歳の人であれば60歳になっている年齢ですが、この支払いは賃貸住宅に住んでいる限りは続くことになります。

 

一方マイホームは住宅ローンを完済すれば支払いはなくなります。

 

マンションの場合ですと、管理費と修繕積立費くらいはかかってくると思いますが、賃貸住宅ほど大きな負担にはならないと思います。

 

ただマイホームのいいところはこれだけに留まりません。

 

もしあなたの家庭が、子供がいる家庭でしたら、その子供に家を相続させることも可能になります。

 

土地地付き住宅でしたら、家だけの建替えもできるので土地をもっていない人に比べると大きなアドバンテージを持つことになります。

家を買うデメリットは?

反面、家を買うということは、確かに大きな安心感をもたらすと同時にリスクも伴います。

 

一戸建ての人であれば隣人と上手くいかない、子どもの通学に不便、さらに夫が転勤・転職したなどなど・・・

 

また、「じゃあ引越ししよう」という決断が難しくなります。

 

災害に遭うことや、必ずやってくる老朽化のことも考えなければなりません。

 

将来のことは誰にもわかりません。

 

ただ、利用価値で考えると、長く住むことができるほど、マイホームの価値は高まるとも言えるでしょう。

 

あなたが納得できる良い物件を無理なく購入できれば、多少のリスクにも備えることができるはずです。

 

よって「賃貸か持ち家かどちらがトクか?」ということについては、あなたの夢や希望をかなえられたり、将来子供に残すことを考えた場合、私はマイホームという選択肢はありだということになると思います(笑)

\ SNSでシェアしよう! /

FPが教えるお金の教室の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FPが教えるお金の教室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

FP福田稔也紹介 FP福田稔也一覧

FP福田

FP福田

元大手金融期間出身のファイナンシャルプランナー
お金の情報に精通し、年金不安のあるこの時代に効率的かつ無駄のないお金の残し方や貯め方を発信している。
アドバイスの内容はわかりやすいと特に女性に好評。
これまでの相談件数は延べ2000人以上で9割以上の人から指示を得ている。

関連記事

  • 団体信用生命保険の代わりは?受取人やタバコがポイント?

  • 住宅ローンで銀行を選ぶポイントは?どこで借りるのがトクか?

  • 住宅ローンにかかる諸費用は高いか安いか?手数料などをチェック!

  • 自営業者や勤続年数の短い人は住宅ローンの審査が通りにくい?

  • 人生で住宅の次に高い買い物といえば?生命保険は住宅購入時に見直す!