1. TOP
  2. 20代女性向け
  3. 20代女性の平均年収は322万円!今から計画的に自分年金を作る!

20代女性の平均年収は322万円!今から計画的に自分年金を作る!

20代の女性の平均年収は一体いくらかご存知でしょうか?

 

転職雑誌の「DODA」によると2014年の20代女性の平均年収は322万円だそうです。

 

非正規社員の場合は200万円を切っていることも多いようです。

 

これはでも20歳から29歳までの平均ですよね。

 

若ければもう少し少ないですし、年齢が上がるに連れて年収は上がっていきます。

 

できるだけ若い間からお金を貯めておく癖をつけておくことが大切です。

 

お金を貯められない人に共通するポイントは?

これまでに多くの相談を受けてきた私ですが、お金をなかなか貯められない人にある共通点があることがわかってきました。

 

それはやはりお金の管理がきちんとできていないことが挙げられます。

 

お金が貯められない人に共通するポイントを3つあげてみます。

 

衝動買いが多い

まず一つ目として衝動買いが多い人はなかなかお金を貯めることはできません。

 

これはいろんな悩みとかがあるケースもあれば、単に衝動買いが好きな人もいます。

 

ただやはり不意の出費がたまにあるのはいいかもしれませんが、多いとやはりお金は貯まりにくいですね。

 

残ったお金で貯金をしようと考えている

そしてやはりこれが大事なことだと思うのですが、やはりお金を貯めることができない人は先にお金を使って残ったお金で貯金しようと考えます。

 

これではやはりお金は貯まりませんね。

 

というのも人間という生き物はあったらあっただけ使ってしまいます。

 

やはり財布に少しの余裕があれば、いいものを買いたくなりますし、いいモノを食べたくなります。

 

そうなると当然お金は残ってこなくなります。

 

クレジットカードの明細をつけていない

今の世の中はネット社会ですね。ネットでのお買い物といえばクレジットカードの利用が当然多くなりますね。

 

ただネットで買い物してそのままにしている人は多いはずです。

 

その明細もきちんとスマホやノートなどに書き留めてみましょう。

 

そうすることで、今月一体どれくらい利用したのかがよくわかりますよね。

 

そういう細かなことになりますがきっちり管理できる人はお金が残ります。

 

強制的にお金を貯める

では一体どのようにすればお金を貯めることができるのでしょうか?

 

やはりまずはお金を貯めるには、最初から強制的にお金を引かなければなりません。

 

先ほどお話した流れで残ったお金を貯めるというのではどうしても使ってしまいがち。

 

なので最初からなかったものとして強制的にお金を引いてしまいましょう。

 

給料が入れば別の口座に最初から移してしまうという方法もいいでしょう。

 

またそのお金を積み立て信託とか将来の自分のためにお金を残していくことが非常に重要になってきます。

 

目標額を決める!

お金を貯める準備ができれば次は目標額を決めましょう。

 

目標額を決める前に目標の決め方をお教えいたします。

 

目標額を決めるときには、60歳とか先の目標を決める方がよいと思います。

 

年間目標を決めるのももちろんそれはいいことですが、60歳までにいくら貯めるという金額があればかなり大きな金額になりますので俄然やる気になります。

 

例えば65歳までに2000万円貯めるというのもいいですね~

 

仮に今25歳だったとしたら40年間もあります。

 

40年で2000万円ということは年間50万円ためていければ到達できる金額になりますね。

 

毎月25000円で年間30万円、ボーナス10万円ずつ貯めることができれば可能ですよね。

 

しかもこれは利息というか運用を全く考えずに2000万円になります。

 

これを運用も入れて考えてみると…非常に楽しみな金額になると思いませんか?

 

そうするためにはまずはお金を貯める体制を整えることが重要です。

 

まずは現在の支出を見直して貯蓄できる金額が一体どれだけあるのかを計算してみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

FPが教えるお金の教室の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FPが教えるお金の教室の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

FP福田稔也紹介 FP福田稔也一覧

FP福田

FP福田

元大手金融期間出身のファイナンシャルプランナー
お金の情報に精通し、年金不安のあるこの時代に効率的かつ無駄のないお金の残し方や貯め方を発信している。
アドバイスの内容はわかりやすいと特に女性に好評。
これまでの相談件数は延べ2000人以上で9割以上の人から指示を得ている。

関連記事

  • 20代女性のおすすめ医療保険は?選び方は職業によって違う!

  • 20代女性の生命保険のおすすめは独身と既婚で違う!積立や貯蓄型の選び方は?