お金に関する情報

一粒万倍日や天赦日は最高の開運日!読み方と宝くじや財布の購入にいい!

ファイナンシャルプランナーの福田です!

引っ越しや開業、入籍など、何か新しいことをスタートさせるなら縁起のいい日を選びたいですよね。

世間一般的に縁起のいい日で有名なのは「大安」でしょう。

この日に結婚式をしたり、結婚の招待状を発送する夫婦も多いです。

しかし「大安」のほかにも、日本の暦にはさまざまな吉日があることをご存知ですか。

「一粒万倍日」「天赦日」のふたつを中心に紹介していきます。

一粒万倍日は何かを始めるのに良い日

一粒万倍日というのをご存知でしょうか?

読み方は「いちりゅうまんばいび」とよみます。

カレンダーにも載っていないことがほとんどで、この言葉を知らなかった人は少なくないでしょう。

この言葉をWikipediaで調べて見るとこのように書いています。

「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。但し、借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされる。

一粒万倍日は数が多いことから、他の暦注と重なる場合がある。その場合、吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増し、凶日と重なったら半減するという。

一粒万倍日は宣明暦時代には記載されていたが、地方暦によっては記載されていないものもあった。貞享暦以降は暦注から外されたが、新暦が普及してから民間暦に掲載されるようになった。

つまり、いい日と重なればその効果は何倍にもなりますし、悪い日と重なりますと効果は薄れるとのこと。

またわずかなものが万倍に増えて利益を得られる、という意味で使われます。

2018年9月以降の「一粒万倍日」は以下の通り何日もあります。

★9月
5日(水)、8日(土)、13日(木)、20日(木)、25日(火)

★10月
2日(火)、7日(日)、8日(月)、17日(水)、20日(土)、29日(月)

★11月
1日(木)、13日(火)、14日(水)、25日(日)、26日(月)

★12月
9日(日)、10日(月)、21日(金)、22日(土)

月に何度もあるのはうれしいですね。

この日に始めると縁起がいいとされているのは、開業、口座の開設、宝くじの購入などお金に関わることです。

特に宝くじの購入はこの一粒万倍日に購入した人が当たったという話はよく聞きます。

もちろん、習い事やダイエットなどをスタートさせてもいいでしょう。

ただ反対に、小さなことでも万倍になると困るような事柄は避けましょう。

具体的には借金や、荷が重い仕事を引き受けることが挙げられます。

天赦日(てんしゃにち)とは

「天が赦す」と書くこの日。

なんだかいいイメージが湧いてきますね。

この言葉の意味を調べて見ましょう。

てんしゃにち、てんしゃび。暦には「天しや」と書かれ、選日にも書かれる。

この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。そのため、天赦日にのみ「万(よろづ)よし」とも注記される。

天赦日は季節と日の干支で決まり、年に5回または6回ある。

なんだか、何をしてもラッキーが起きそうな予感がしますね。

「天赦日」は八百万の神が天に昇り、私たちが犯したさまざまな罪を赦してくださる日とされています。

実際に悪いことをしても赦されるわけではないものの「一粒万倍日」と同じく、物事を始めるのにぴったりな吉日です。

「大安」「一粒万倍日」と違うところは、1年のうち数回しか訪れないという点。

「天赦日」というのは、1年間にたった5回か6回しかありません。

2018年の天赦日は以下の通りです。

  • 2月1日→+一粒万倍日
  • 2月15日
  • 4月16日
  • 7月1日
  • 9月13日→+一粒万倍日
  • 11月28日

2018年のおめでたい「天赦日」は9月にあります。

さて、ここまで紹介した「一粒万倍日」と「天赦日」ですが、どちらにも該当するすばらしい日がありましたね。

9月13日は天赦日と一粒万倍日が重なっていますので、何か物事を始めるのは吉日となっていますよ。

「一粒万倍日」であり「天赦日」でもある日はなかなかありませんがもし重なった日があるとその日は1年の中でも最も良い日とされています。

もし財布とかを購入する予定があるのであれば、この日に購入するのが良いのではないでしょうか。

新しい財布は気持ちがいいものですし、なかなか変えていない人もこういう日を狙って購入するのがいいかもしれませんね!

また宝くじの購入もこの日を選んで購入するのもいいかもしれません。

そういえば宝くじ売り場ではこの日はいい日ですよ、というアナウンスもしているので気にして見てください。

縁起のいい日は色々とある

鬼宿日

鬼宿日の読み方は「きしゅくにち」です。

字面だけ見ると本当に吉日なのか疑いたくなりますが、お釈迦さまの誕生日が鬼宿日だったこともあり、立派な吉日。

鬼が宿がいるので外出しておらず、邪魔をされる心配のない安全な日と考えれば意味は通じますね。

結婚を除いたすべてのことに縁起がいいと言われています。

この日も金運にはいい日ですのでお財布などの購入にはいいとされていますよ。

寅の日

トラは千里を走って戻ってくることから、旅行に出かけると安全に帰ってこれると言われている日です。

また虎は黄金色でシマ模様になっているので『金運の象徴』だそうです。

また寅の日に財布を買うと、「出て行ったお金を呼び戻してくれる」というゲン担ぎもあるほどです。

阪神タイガースは弱いですけども(笑)

新しいお財布を使い始めるのにも最適の日。

一方、結婚やお葬式には向いていません。

新月・満月の日

どちらも願い事をするのにいいと言われる、新月・満月の日。

たしかに、月の満ち欠けには不思議なパワーがある気がしますね。

普段はあんまり気にしていなくても満月を見ると何か嬉しくなるのもやはり不思議なパワーが宿っているのでしょうか。

縁起のいい日のまとめ

日常的に吉日を気にすることは少なくても、やっぱりここぞというときは気になります。

私は会社の設立した日などは語呂合わせで選んだりしましたが、実はこういう縁起のいい日を選んだ方がよかったのかもしれません。

また、新しいことに取り掛かりたいときも吉日からスタートしたいですね。

 

途中で投げ出したくなっても「せっかく縁起のいい日に始めたんだから、最後まで頑張ろう」とモチベーションアップできるかもしれません。

2018年最高の吉日である9月13日は、ぜひ財布を購入するなど何かを始めてみてくださいね。

ps.これまでお金に関して無計画すぎたことはありませんか?

⇒生活を変えずに貯める体質に変える秘訣は?

ABOUT ME
FP福田
お金の持っている力を最大限に生かすコスパコンシェルジュ 情報を調べて、今できる最大限に効果の高い商品の購入方法をアドバイスしている。 これまでの相談件数は延べ2000人以上で95%以上の人から満足をしてもらっており、また陸マイラーとして実績は半年で20万マイル獲得の実績。