保険活用術

医療保険やがん保険は一時金がおすすめか?必要性と医療関係者の声を紹介!

私のお客様の一人に医療関係に従事されている方がいます。

この人の職業は理学療法士をされていて、現場の最前線をご存知のかたになりますね。

その方から次のようなご意見をいただき、すごく参考になる意見だと思ったので少しご紹介したいと思います!

医療従事者の意見をご紹介!

医療に携わる方はお判りだと思うが、医療報酬や介護報酬というものは変更がなされます。

その時の財政や将来を見据えて報酬額が変わります。と言っても最近は減ってしまっている一方だが・・・。

入院期間もどんどん短くなり救急車等で運ばれての急性期病院では、2週間しか入院できません。というかそれ以上病院に入られても国に請求できなくなるからです。

そこで、転院を勧められたり、まだ身体が痛いのに退院させられたりするのです。

これは、各地域によって急性期・回復期・療養型・地域包括ケア等の病院割合でだいぶ変わってくるので微妙な違いはあるが、現在国は急性期病棟を減らそうとしています。

その代わりに新しく地域包括ケア病棟を新設し、簡単に言えば在宅に帰れるように環境を調整しましょうという病棟です。

それを、自分の病院で持っている所もあれば無い所もあるので、転院を勧められたりするのですね。

その期間は最大で60日。

その間ずっと入院できるわけではないんです。

目標に達すれば退院可能だが、ちょっとでも長く入院させてもらおうとする患者もいる。

長く入院したところで入院基本料は一般より高くなるので経済的には苦しくなるはずなのに・・・。

入院してくるのは高齢者が主体だが、若年者もいる。金銭的な理由で早めの退院を若年者は求められるが、治らなければ帰すわけにはいかない。

病気や事故はいつくるかわからない

入院してしまえば、検査や入院日当で毎日金額がかさむ。

この厳しいご時世でその出費もかなり痛い。

ましてや急に手術が必要ともなればなおさらだ。

手術にも内容によって差が大きいが、生死をさまようほどの大手術なら多額の医療費がかかってくる。

癌もしかり、今は人口の半分が何かしらの癌に侵さられる世の中になってきた。

それはいつ起こるかわからない、人ごとではないのだ。

医療保険は一時金が高いのがいい

そのような病院の状況を考えれば、若いうちから一時金等の高い医療保険やがん保険に入っておくべきだと考える。

保険内容も色々あるので一概には言えないが、若いほうが月々の支払いも安くなる。

結婚が早ければなおさらだ。

病魔はいつくるかわからない。病院形態も知らない間にどんどん変わっていく。そういうのに敏感な人はもう加入していると思うが・・・。

少しでも、入院費を抑えたいなら早めに保険のことを聞いてみよう。

どれだけ請求されるかわからない世の中なんですから、差額ベッド代も入ったら高いぞー。

一定を超えれば高額医療費で一定額以上は払わなくていいですが、それでも一定額は払わないといけませんからね。

毎月一回分のリッチなランチを我慢するくらいで何か合った時の補償がしっかり受けれるなら1医療人として医療保険やがん保険に入っておいて損はないと私は思う。

医療関係の方の意見は非常に貴重

以上語尾などは少し変えていますが、ご意見を伺った方の本音の意見です。

やはり実際に医療現場に携わっている方の意見は貴重ですね〜

急性期病棟の話などは、やはりご自身が勤めているからこそわかる意見だと思いますね。

医療保険やがん保険は一時金がいいという医療関係者の意見を参考にしてみてもいいかもしれませんね!

医療保険で心配な方は私の方まで相談に来ていただいても良いですし、近くの保険ショップにいってみてもいいかもしれませんね!

以上参考にしていただければ本当に嬉しく思います!

ABOUT ME
FP福田
元大手金融期間出身のファイナンシャルプランナー お金の情報に精通し、年金不安のあるこの時代に効率的かつ無駄のないお金の残し方や貯め方を発信している。 アドバイスの内容はわかりやすいと特に女性に好評。 これまでの相談件数は延べ2000人以上で9割以上の人から指示を得ている。
法人保険についてのご相談

一人会社の社長で利益が出ている会社は節税にお悩みの方も多いですね。

また債務免除益で利益が出てしまう人などもお困りの方が多いと思います。

法人保険に関しての情報は私の方では多くの情報があります。

また節税方法も多岐に渡りまして、いろいろな会社と情報共有をしておりますので、節税を色々と考えている法人の社長様はこちらからご連絡いただければと思います。

また

「今顧問契約をしている税理士さんに不満がある」

「税理士を変えたい」

などのご相談も承っています。

法人保険に関するご相談については下記フォームよりご連絡ください。





節税に関して一人会社の保険について債務免除益対策