初心者のインフレの対策は外貨がいいのか?円資産だけでは危険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

インフレーションという言葉を聞いたことがありますでしょうか?

 

インフレについて調べてみるとWikiではこのように定義されています。

 

経済学においてモノやサービスの全体の価格レベル、すなわち物価が、ある期間において持続的に上昇する経済現象である。

 

[char no=1 char=”福田FP”]つまりインフレが起こると貨幣価値が一気に変わるということですね。[/char]

 

少しのインフレであれば景気が良くなることもあるのですが、大きなインフレというのは国を崩壊させてしまうほど大きな危険があります。

 

ハイパーインフレは本当に怖い

まずはこのリンク先の衝撃的な写真をご覧ください!

 

子どもたちが札束で積み木遊びをしています。

 

現代ではこんな遊びができるお金持ちを見たことはありませんが(笑)。

 

でもこれほどまでにお金の価値がなくなるというのは少し考えにくいですが、実際にあった話なんですね。

 

そしてこのようなインフレが起こった国はどこだと思いますか?発展途上国ではありません。先進国のドイツです。

 

ドイツは第一次世界大戦、第二次世界大戦とも敗戦国になりました。(第二次世界大戦はドイツとイタリアと同盟を結んでいた国が日本で日独伊三国同盟です。)

 

そして戦争の敗戦国になると、多大なる賠償金を支払う必要が出てきます。

ハイパーインフレはなぜ起こったのか?

1914年(行く意志)に第一次世界対戦が起こっています。

 

それまでは1ドル=4.2マルクでした。

 

それが、どんどんインフレが進行して通貨の価値が下落していきます。時系列に見ていきましょう。

 

1919年 1ドル=13マルク

1922年 1ドル=320マルク

1923年 1ドル=17,972マルク

1924年 1ドル=4兆2000万マルク

 

になっています。

 

これがどういうことを示しているのかを説明します。

 

通貨の価値が1兆分の1になっています。これを日本円で説明いたします。

 

100円のコーラを買うのに100兆円が必要になるのです。

 

100兆円というすごい金額ですね。東京都の年間予算が13兆円ですから、とてつもない金額であることが分かっていただけるかと思います。

 

こうなると1億円くらい持っていても1円の価値にもならないということになります。

 

こんな現象となれば確かに札束はクズ扱いされても仕方がありませんね。

 

面白いエピソードにこんなものがあります。

 

喫茶店でコーヒーを飲むのにトランク一杯分の紙幣が必要であったのが、飲んでいる間にインフレの進行で価格がトランク二杯分になった→ドイツのハイパーインフレについて

 

わずか数分で物価が急激に上がる。今の時代では考えることはできませんが、このような経済現象のことをハイパーインフレと呼びます。

 

ここまで急激な変化はなかなかありませんが、こういう事態に日本は陥らないでほしいものです。

スポンサーリンク

ドイツはどうなった?

このインフレはどうやって収まったのでしょうか?ドイツはレンテン銀行を設立し、レンテンマルクという別の通貨を発行しました。

 

これは緊急安定通貨として発行され、1兆マルク=1レンテンマルクの交換率で成立。

 

そしてレンテンマルクの上限発行量を制限し、こうすることによって貨幣量は劇的に減っていきました。

 

そしてまた新しい通貨であるライヒスマルクを発行し、この交換率を1レンテンマルク=1ライヒスマルクとすることで奇跡的にドイツのインフレは収束することになりましたね。

 

このようにハイパーインフレが起こると、経済は大混乱に陥る可能性がありますね。

 

もしこんなことになってしまうと、預けておいたお金、例えば100万円の貯金は紙くず同然になるのはわかってもらえましたでしょうか?

 

現代の日本は戦争とは少し無縁ですので、なかなかピンとはこないと思います。

 

しかし、もしこのような状況に仮に陥ったとしても、例えば通貨をマルクだけではなくドルを持っていれば、資産の減少を少なくできたのです。

 

初心者はどのようなインフレ対策をすればよいのか?

ハイパーインフレは大げさすぎるかもしれませんが、インフレにはどう対応すればよいのでしょうか?

 

それにはやはり分散投資というものが非常に重要になると思われます。

 

特に投資初心者の方は、これまでに何もしてきていませんので投資自体が怖い人もいるでしょう。

 

その中でおすすめしやすいのはやはりドル資産を保有することだと思います。

 

というのも、ドルは基軸通貨ですので世界で最も保有されている資産になります。

 

世界のセレブは日本円を持っているでしょうか?違いますよね。ドルを持っています。

 

では日本人のセレブは円だけを保有しているのでしょうか?

 

例えばテニスの錦織選手や、ヤンキースの田中投手などは報酬をドルで受け取っていますよね。

 

お金のことはお金持ちの方法のマネをするのがよいと思われます。

 

[char no=1 char=”福田FP”]もし今分散投資をしていないのであれば、検討してみる価値は大いにあるといえるでしょう。[/char]

 

で具体的にはどんな商品を選べばよいのか?それはその人の状況に応じて違うために一概にこれという判断はできません。

 

その人の持っている資産状況などに応じて考える必要があります!

 

マネー講座を開講していますので、ぜひ参加して「自分ならどうすればよいのか」を知ってもらえればと思います!

 

[cc id=520]

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。