時事ニュース

ホールディングスとはどんな意味?メリット・デメリットや節税のまとめ

ここ最近急増している「○○ホールディングス」という名称の企業。

以前は「○○グループ」と呼ばれる企業が多かったように思いますが、最近ではホールディングス化しているところもたくさんありますね。

なにげなく耳にしているこの「ホールディングス」という言葉。

意味をしっかり理解している人はどれくらいいるのでしょうか?

これから起業しようとか、会社を経営しているという人でなくとも、知っておいて損はありません!

ホールディングスの意味とメリットについてまとめました。

ホールディングスってどういう意味?

ホールディングスとは、すなわち持株会社制のこと。

親会社が株主となって、所有している会社の経営・管理をおこなう制度が持株会社制です。

一般の企業でたとえると、人事部や経理部などが独立して別の会社になったイメージでしょうか。

親会社のおもな仕事は、持っている株を整理することです。

しかし、株を保有している会社の経営方針を細かに指し示すところもあれば、だいたいの方針を提示するだけのところなどやり方はさまざま。

これから紹介する「事業持株会社」か「純粋持株会社」かによって変わってきます。

事業持株会社とは?

自社でも事業に取り組みながら、株を持っている別会社の経営を指導できるのが、事業持株会社です。

株をたくさん保有する大株主は、会社の経営方針にも介入することができますからね。

純粋持株会社とは?

じつは「○○ホールディングス」と名のつく場合は、ほとんどがこの純粋持株会社です。

事業持株会社とは違い、自社で事業をおこなうことはありません。

事業持株会社のような「親会社」「子会社」の関係制というよりは、あくまでグループ全体の収益を高めようというのが純粋持株会社のやり方です。

ホールディングスにするメリットは?

さて、企業がホールディングス化することにより、どんなメリットがあるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

<税金が抑えられる>

企業にとって、税金は削ることができないコストといえますね。

納めなければ大変なことになってしまいます。

ホールディングスになると、連結決算納税が可能になります。

これはどういうことかというと、ホールディングスでなければそれぞれの企業にかかってしまう法人税が、ホールディングス化によりグループ全体にかかるということ。

つまり、節税が実現できるのです。

<経営方針の決定がスピーディーになる>

これはとくに純粋持株会社に言えることですが、持株会社は意思決定に重点を置いて、経営に携わることができます。

ほかの事業に気を取られることが少なくて済むというわけです。

また、ホールディングス化によって事業ごとに会社が分かれていると、それぞれの採算がわかりやすくなりますよね。

これもスピーディーな決定につながる、大きなメリットです。

どんな企業が採用している?

ホールディングス、つまり持株会社制を採用している企業として、「井村屋グループ株式会社」が挙げられます。2010年10月に持株会社制へ移行しました。

メリットとしては、

・戦略機能が強化できる…グループ全体の戦略機能をパワーアップさせ、最適な経営資源の配分ができるようになりました。

・各事業の成長が望める…全体の意思決定は株を保有する親会社の仕事。各事業を担う会社が、それぞれの事業だけに集中することができます。

・企業間のつながりができる…各事業で技術や情報、人材を共有でき、グループ全体が横断的につながることが可能になりました。

…などがあります。

井村屋といえば「あずきバー」に代表されるアイス事業や、肉まん・あんまんの製造で有名な企業。ホールディングスになることで、より事業が活発化しました。

他には最近何かと話題のクロネコヤマトのヤマトホールディングスなどもホールディングス化している代表の企業でしょう。

銀行関連の会社も軒並みホールディングス化していますね!

デメリットは?

<親会社に情報を隠すことがある>

事業会社が親会社からある程度自分の会社の裁量で意思決定せきるのがよいところでもあるのですが、これがデメリットになることも。

つまりあまりいい情報ではないものを親会社に黙っている可能性が上がるということです。

こういうことは結構あるみたいですね。

<グループ間の対立を引き起こす>

またグループ間での対立を引き起こすこともデメリットの一つであるという指摘もあります。

確かにA社にはいい判断でもB社にとってはいい判断ではないこともありますからね~

ただこういうデメリットよりも「意思決定のスピーディーさのメリットの方が大きい」というのがホールディングス化している会社が採用している理由だといわれています。

ホールディングスまとめ

ホールディングスは持株会社制という意味でした。

聞いただけではちょっと難しそうなイメージがありますが、意味を知れば理解できますね。

ただ、それぞれの事業を担っている会社のうち、一社でも赤字や不祥事があればグループ全体の信頼性を損ねるというデメリットもあるようです。

たしかに、グループ内の一部でもマイナス面があればそう考えてしまいますね…

しかし反対に、そういうプレッシャーが各事業会社の成長につながっているともいえるでしょう。

メリットもあれば、デメリットもあるホールディングスという仕組み。あなたはどう考えますか?

ABOUT ME
FP福田
FP福田
元大手金融期間出身のファイナンシャルプランナー お金の情報に精通し、年金不安のあるこの時代に効率的かつ無駄のないお金の残し方や貯め方を発信している。 アドバイスの内容はわかりやすいと特に女性に好評。 これまでの相談件数は延べ2000人以上で9割以上の人から指示を得ている。
メルマガ登録してすぐにお小遣い稼ぎをする!

マイナス金利の昨今お金を預貯金に入れているだけではなかなか増えていきません。

また自分のお金は自分で守らないと、将来の生活設計が不安になります。

「どうやってお金を貯めればいいんだろう?」

「お金を殖やすにはどうすればいいの?」

という漠然とした不安があると思います。

現代においてはいい会社に勤めたからといって、将来が安泰なわけではありません。

自分のことは自分で守っていく必要が出てきている時代になっています。

自分でお金を少しでも節約したり、またお金に働いてもらうことによって複数の収入の柱を増やす方法もあります。

すぐに効果の出る方法も伝授しますので、ぜひメール登録をしてください!

FP福田のメルマガに登録する