ドルコスト平均法の計算方法は?わかりやすくメリットデメリットを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ドルコスト平均法という投資方法を耳にした方も多いと思います。

 

ではドルコスト平均法というのは一体どういうものなのでしょうか?

 

その内容について解説していきましょう。

 

投資は必要なのか?預貯金では無理な理由は?

投資をほとんどしたことがない日本人の方も非常に多いですね。

 

日本人の資産保有の割合から考えてもほとんどが預貯金に頼っている人が多く、投資が大好きという国民性ではないことははっきりしていますね。

 

しかしながら昨今の日本において、預貯金でお金が増やせる時代はとっくに終わっています。

 

預貯金の金利を見ればそれは一目瞭然ですよね。

 

投資をしないとお金は増えない?

これまで高度経済成長期を経験してきた日本人は預貯金だけでお金が増える時代を経験してきました。

 

50歳世代の方はそれこそ郵便貯金に預けておけば10年で資産が倍になった時代もありました。72の法則でいいますと、金利は7.2%あったことになりますね。

 

しかし、今の時代はどうでしょうか?

 

スーパー定期の金利でも0.1%ほどのこの時代、それこそ72の法則であてはめますと0.1%の金利で資産を倍にするのに720年もかかることになります。

 

こんな時代において、預貯金でお金を増やすことはほぼ絶望であることがわかると思います。

 

ただ投資教育を受けていません日本人が、投資をする勇気を持つことがなかなか難しかったりしますね。

 

では一体どのようにすればいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ドルコスト平均法とは?計算方法は?

そういう投資をほとんどしたことがない人にとって、入門編のような形で最初に取り組みやすいものが「ドルコスト平均法」と呼ばれる投資方法です。

 

ドルコスト平均法というのは、毎月決まった定額で投資対象のものを購入するというものですね。

 

わかりやすくいいますと、投資対象の商品を毎月3万円なら3万円を決まって買い続ける方法のことをいいます。

 

購入月 株価 定量購入 口数 定額購入 口数
1月 10000円 10000円 1口 10000円 1口
2月 8000円 8000円 1口 10000円 1.25口
3月 5000円 5000円 1口 10000円 2口
4月 6500円 6500円 1口 10000円 1.54口
5月 12000円 12000円 1口 10000円 0.83口
6月 10000円 10000円 1口 10000円 1口
合計 51500円 51500円 6口 60000円 7.62口
平均 8583円 8583円 1口 10000円 1.27口

このような計算結果になりました。6か月の平均は株価が8583円ということになりますね。

 

これは一口価格の平均になります。

 

一方定量購入の方はどうでしょうか?

 

6万円で7.62口買えたことになりますので、これを割り算しますね。

 

そうすると一口あたりの価格は7874円になります。

 

60,000円÷7.62口=7,874円

 

これを見てわかるように毎月定量を買うよりも、定額で買い続けた方が平均株価が安いですよね。

 

定量を買い続けるのと定額で買い続けるのをひっかくすると、定額で買い続ける方が有利だということがこれを見るとわかると思います。

 

メリットだけ?デメリットは?

ドルコスト平均法のメリットは毎月購入することによりリスクが分散されることにあります。

 

また長期分散投資に向いているため、一喜一憂する必要がないのもメリットの一つといえるでしょう。

 

しかしながら当然デメリットも存在します。それは毎月購入するのと、一回で購入するのとでは手数料が違ってきます。

 

一時払いで投資信託を購入するのと、一定期間で毎月購入するのとでは当然一回で購入する方が手数料は少なくてすみます。

 

しかしながら一時払いはその投資信託の金額が上がったり下がったりしますので、手数料は有利ですが価格変動リスクは大きくなるといえますね。

 

このように色々と考える必要がある「ドルコスト平均法」ですが、投資初心者にとっては最初に入りやすい方法であることは間違いないといえます。

 

ただじゃあ、どのようにすればいいのか?どんな商品を選べばいいのか?

 

このような疑問が非常に多いのでそういった点をマネーセミナーでは解説しています。

 

「どうやって始めたらいいのかわからない」といった人はマネーセミナーに参加して勉強してください!

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。