団体信用生命保険の代わりは?受取人やタバコがポイント?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

家を買うときに必ずと言ってよいほど加入するのが団体信用生命保険です。ではこの団体信用生命保険というのは一体なんなのでしょうか?

団体信用生命保険=団信は生命保険

「信用生命保険っていうくらいだから生命保険だよね」

「家を買ったときに必ず入っておくもの」

という認識が非常に強いと思います。

簡単に説明しますと、住宅購入者がもし万一のことがあった時に住宅ローンを支払うための生命保険となっています。

一般的に生命保険とは契約者であり被保険者であるご主人さんが、自分の万一の時に家族が困らないようにするために入るものですよね。当然支払われる生命保険金の受取人は配偶者である奥様や子供さんになていると思います。

そしてもちろんこの受け取った保険金を何に使うかは受け取った方の自由ですね。

しかしこの団体信用生命保険とは、住宅ローンを組んだ購入者に万一のことがあった場合に住宅ローンを組んでいる銀行へ保険金が支払われる仕組みになっているのです。

団体信用生命保険の保険金の受取人は銀行

つまり、万一のことがあった場合には多くの場合、住宅ローンの返済はこの生命保険が肩代わりしてくれるというわけです。これだけを聞けば良いシステムのように感じられることだと思います。

この保険料の支払いについてですが、住宅金融公庫で借りた場合は契約者=住宅購入者の負担になります。

出典元:suumo

大手銀行などで住宅ローンを組んだ場合などは、金利に上乗せという形ではありますが、銀行が支払っています。なので毎月の保険料という形では出てきません。そもそも住宅ローンを支払う毎月の支払額に含まれています。

よって銀行単独で住宅ローンを組んでいる人は団信のことについてさほど考える必要はないでしょう。考えないといけない人は住宅金融公庫絡みで自分で保険料を負担する方ですね。

結局のところ生命保険なので保険料は安い方が得

この団信は、掛捨ての定期保険ですので、保険料が安い方が良いわけです。では団信の保険料というのは高いのでしょうか?それとも安いのでしょうか?

毎年のローン残高に応じて保険料が毎年変わる仕組みになっていますので、一概には言えませんが、保険料は際立って安いということはありません。

保険料は残高によっても変わりますが、毎年5万円とか8万円とかしたりしますよね。

住宅金融公庫さん経由で加入する際には、保険料がいくらになっているかをチェックしてもらえれば良いと思います。それよりももし安い保険会社があれば、そちらで契約すればいいのですから。

タバコを吸っていない人は保険料は安くなる?

そういうことを考えた場合、掛け捨ての定期保険は保険会社によってはタバコを吸う吸わないで保険料が大きく変わるところもございます。

私の経験上で言えば、タバコを吸われない方が保険に加入する場合、喫煙者の加入できる保険よりもおよそ2割から4割ほど安くなりますので、団信よりも安くなるエースが多かったですね!

つまり団体信用生命保険が不要というわけではなく、少しでも安い保険会社を選んだり、金融機関が負担してくれる銀行を選ぶと、年間5万円から8万円ほどの団信保険料が少し浮いてきてあなたの小遣いに化ける可能性が高まります。

一度自分の小遣いのためにもチェックしてみる必要がありそうですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。