今や子供数よりも多いと言われる日本のペット保有数ですが、特に高齢の方が飼っている場合、亡くなった後のペットの世話が心配ということでペット信託というのがかなり流行っているようですね。

 

ではそのペット信託という制度がどのような制度になっているのか?ここで少し説明してみましょう。

 

ペット信託とは?

ペット信託というのは2013年にその制度ができました。

 

できた当初はペットの地位もここまで来たか!と思いましたが、実際に利用している人も多く、現在ではその制度がかなり定着している感じがあります。

 

どんな仕組みかというと、現在の飼い主が死亡や入院、そして老人ホームへの入所などの理由で、ペットを飼うことができなくなった際に、受託者(資金を管理する人)を通して新しい飼い主にお世話をしてもらう信託契約のことです。

 

委託者である現在の飼い主が、信託財産として専用の口座にお金を入れておき、名義人である受託者が、そのペットの世話にかかる費用を定期的に引き出し、新しい飼い主にお渡しするようになっています。

ペット信託のメリット

ペット信託契約をすることにより、自分の生活費とは別に、ペットの生活費だけの資金を準備することができ、自分にもペットにも生活費の不安を取り除くことができます。

 

自分が突然亡くなることを考えた場合でも、前もってペット信託をしておけば、信託契約によって新しい飼い主のもとへペットが引き継がれるので、急に亡くなった後ペットが置き去りになることを防ぐこともできるのです。

 

今やペットはその地位を家族の一員にまで、引き上げています。子供と同じように自分が何かあった時には、彼らのことを心配になる人が多いということがこの制度を見てもよくわかると思います。

 

確かに私も猫を飼っていますが、かけがいのない家族の一員です。私がもし一人と飼っている猫と暮らしていたら、同じようなことを考えることは間違いないでしょう。

 

また、高齢になると子供が離れていき、新しくペットを飼いたいと思う人が増えています。しかし、自分に何かあった時のことを考えて飼うことを躊躇してしまうこともあるかもしれませんが、ペット信託という制度があれば安心してペットを飼うことができるのです。

 

ペット信託契約をするには?

個別に専門家に相談するのが間違いのない方法です。私は多くの専門家と提携していますので、ペット信託契約に非常に詳しい専門家もいます。

 

もし「ペット信託契約を考えたい」という場合は、私の方までご連絡ください。