クレジットカード

ANAVISAワイドゴールドの還元率は1.65%!初年度年会費キャンペーンは?

こんにちは!ファイナンシャルプランナーの福田です!

クレジットカードの中で、このカードは本当に陸マイラーに愛されているカードだと思います。

その最も愛されているカードというのが「ANA VISA ワイドゴールドカード」です。

これからANAマイルを貯めようと考えられている方の選択肢に入ってくるであろうANA VISAワイドゴールドカードについて説明していきます。

ANA VISA ワイドゴールドカードの入会キャンペーンについて

初年度年会費無料はある?

ANA VISAワイドゴールドは全日空と三井住友カードが提携して発行しているクレジットカードでVISAブランドとマスターブランドがあります。

この三井住友カードとANAの提携カードはワイドゴールドカードのほかに一般カードとプラチナカードもあります。

年会費のことだけを考えると一般カードも選択肢の一つに入ってくるのですが、一般カードは年会費は安くてもANAマイルに交換する手数料がかかります。

その手数料がなんと6480円もかかるので、それなら少し高くても色々な特典のあるANA VISAワイドゴールドカードを選ばれているということになっています。

ただしこのワイドゴールドカードについては初年度年会費無料とはさすがになっていません。

初年度から年会費はかかりますが、ある方法を利用すると安くなりますよ!

そしてこのカードに入会する前に必ず行っていただきたいことがあります!

マイ友プログラムで2000マイル

ANA VISAワイドゴールドカードに入会する前に行っていただきたいことというのがマイ友プログラムへの登録です。

特にゴールドカードですので、事前にこのマイ友プログラムを登録して申し込みすると2000マイルも獲得することができます!

2000マイルというとカード利用で20万円決済しないともらえないマイル数になりますから絶対に逃したくないところです。

マイ友プログラムとは?

ポイントは、カードを申し込みする前に登録する必要があります。

マイ友プログラム登録ページ

上のボタンのページに行きますと紹介者氏名と番号を入れるページが出てくるので、

紹介者氏名欄に「フクダトシヤ」

紹介者番号「00035548」

と入力してください。

そして登録した後にANA VISAワイドゴールドカードに申し込みしますと

2000マイル

もらえますので事前にきちんと登録しておいてくださいね!

ANAカードの公式キャンペーンで2000マイル!

このマイ友プログラムにプラスして入会キャンペーンも獲得できますと

マイ友プログラム2000マイル

入会ボーナスマイル2000マイル

となりますので合計4000マイル獲得できます!

他のANAアメックスなどのキャンペーンからすると少し見劣りしますが、4000マイルというのはかなり大きいマイルだと思われます。

ただ以前はもう少し大きな入会キャンペーンをしていたこともあるようですが、入会者が多くなってきたので出し渋りをしているのかも?(笑)

ただANAマイルを貯めるのに還元率は最強クラスといえるほどですから早めに申し込みするのがいいと思います。

ANAVISAワイドゴールドカードのメリットは?

マイ・ペイすリボはポイントが2倍になり年会費が割引に!

マイペイすリボという三井住友カード独自のリボルビング払いのシステムがあります。

このマイ・ペイすリボは自動的にリボ払いになる設定になっており、利用料金の全てがリボルビング払いになるという仕組みですので何もしなければ全額リボルビング払いになる仕組みのことです。

これに申し込みすると年会費が割引になりますので、ANA VISAワイドゴールドであれば年会費は以下のようになっています。

その最低支払い金額は5000円からとなってるのですが、この金額を予め上げておくとリボ払いにはなりません。

例えばこの設定を5万円にした時には5万円までの請求は一切リボ払いにはならずに一括で請求がきます。

ただリボルビング払いの手数料を支払う月にはワールドプレゼントのポイントが2倍になるという特徴を持っています。

この仕組みをうまく活用すると、毎月の請求のポイントが2倍に!

やり方は簡単で毎月リボ残高を1000円程度残せば良いのです。

毎月のリボ残高を1000円程度にすれば10円程度の利息が付きます。

こうやって利息がつくくらいの残高を残すとボーナスポイントがつくのです。

毎月お支払金額を変更するという手間はありますが、これさえすればポイントが2倍になるのでやらない手はないでしょう。

年会費が4500円も割引されてしかもポイントが2倍になっているので、このカードを持っている人はほとんどマイ・ペイすリボの申し込みをしています。

10マイルコース登録の手数料が無料

三井住友カード発行のANA一般カードであれば、基本的には5マイルコースに登録になっています。

それを還元率をアップさせる10マイルコースに登録するだけで6000円の手数料がかかります。

しかしこの「ANAVISAワイドゴールドカード」はその移行手数料が無料というメリットがあります。

マイペイすリボを登録しWEB明細に登録すれば年会費は10,260円(税込み)です。

普通のANAカード(年会費2000円)やANAワイドカード(年会費7250円)に移行手数料を加えるとワイドゴールドと年会費はそれほど変わらなくなります。

こういう点も踏まえるとANA VISAワイドゴールドカードが支持されているところでもありますね。

還元率が最大で1.65%に!

先ほどマイ・ペイすリボの登録でワールドプレゼントが2倍になると説明しました。

ただこの全てのポイントが10マイルコースに還元できる訳ではありません。

ボーナスポイントは1ワールドプレゼントポイント=3マイルでしか交換はできません。

しかし、ポイントサイトを経由してソラチカルートで交換すると3マイルから4.05マイルに還元率が上がります。

ソラチカルートやソラチカカードに付いてはこちらで詳しく説明しています。

あわせて読みたい
ソラチカカードのポイントサイト案件が復活!2018キャンペーンで4500円!こんにちは、ファイナンシャルプランナーの福田です! ポイントサイトでANAマイルを貯めている人にとっては絶対に必要なカードなのがソ...

さらに年間300万円以上の利用があればボーナスポイントが1800ポイントもらえます。

1800ポイントを上記のソラチカルート経由にすると7290マイルにすることができます。

つまり300万円利用した時には以下のようになります。

通常ポイント・・・3000ポイント×10倍=30000マイル

ボーナスマイル・・・(3000ポイント+1800ポイント)×5倍※×80.8%=約19400マイル

※ワールドプレゼントは1ポイントが5倍の価値のため

合計49400マイル=還元率約1.65%

ANAマイルプラス加盟店でマイルが貯まる!

ANAマイルプラスという加盟店があります。

これに登録している加盟店でお買い物をするとANAマイルの獲得率が上がります。

セブンイレブンやマツモトキヨシなど日常的に買い物するところを意識して買い物すればさらにマイルが貯まりやすくなりますね。

毎日のお買い物 トラベルサポート 新生活
セブンイレブン

マツモトキヨシ

ENEOS

イトーヨーカドー

ANA機内販売

西鉄ホテルズ

京急EXイン

三井ガーデンホテルズ

ホテルモントレ

ニッポンレンタカー

ヤマダ電機

紳士服コナカ

紳士服フタタ

はるやま、PerfectSuitFactory(P.S.FA)大きいサイズの店フォーエル、HAL SUIT

大丸・松坂屋

阪急百貨店
阪急メンズ館

阪神百貨店

高島屋

ダイソン

海外旅行傷害保険がある!

このカードはゴールドカードですので、海外旅行傷害保険が付いています。

ゴールドの傷害保険ですので、補償内容はかなりきちんとしたものが付与されていますね。

海外旅行傷害保険

本会員 家族会員 家族特約
死亡・高度障害 最高5000万円 同左 30万から1000万円
傷害治療費用 150万円 同左 50万円
疾病治療費用 150万円 同左 50万円
賠償責任保険 3000万円 同左 1000万円
携行品損害 50万円 同左 15万円
救援車費用 100万円 同左 50万円

国内旅行傷害保険

本会員 家族会員 家族特約
死亡・高度障害 最高5000万円 同左 なし
入院保険金額 5000円 同左 なし
通院保険金額 2000円 同左 なし
手術保険金 最高20万円 同左 なし

ちょっとしたメリットとしては自動付帯されているところは嬉しいですね。

ANA VISAワイドゴールドカードのデメリットは?

年会費がネックになる?

確かにANAマイルがたくさん貯まりやすいカードではあるものの、そんなにカードを利用しない人から見ると年会費がネックになる可能性もあります。

年間10,260円ですが、年会費無料のカードばかり持っている人であればこの年会費は確かに痛いかもしれません。

また最大還元率は1.65%ありますがそれはあくまでも300万円を利用した時のこと。

そこまで利用しない人も多くいますので、その場合には還元率は下がってしまいます。

海外旅行傷害保険の疾病治療費が少ない

これはデメリットというほどのものかどうかはわかりませんが、死亡高度障害の5000万円は高い補償ではあるものの、疾病治療費の150万円は心もとないといえば心許ないかもしれません。

というのも海外で病気入院した場合、本当に医療費というのは高くつくことが多いです。

特にアメリカでは個人が破産する理由の最も多いのが医療費と言われるほどです。

普通に盲腸などで入院・手術をすると300万円を超える請求というのも普通にあります。

そう考えると疾病治療費用の150万円では全然安心できませんので、他のクレジットカードを持つ必要があるでしょう。

ANA VISAワイドゴールドまとめ

ANA VISAワイドゴールドカードはどんな人向きか

ここまでANA VISAワイドゴールドカードについて説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

このカードを最大限に活かすにはやはり年間300万円以上を利用する人で手間を惜しまずマイ・ペイすリボとソラチカルートでポイントをマイルに交換できる人ということになります。

仮に300万円以上の利用ができなくても1.5%ほどの還元率にはなりますから、それで十分という人でも良いでしょう。

ただし現在は大きな入会キャンペーンをしていないので、最初に一気にマイルを貯めたいという人向きではないと思われます。

一気にマイルを貯めたい人には?

では入会キャンペーンで一気にマイルを貯めたい人はどのカードを選べば良いのでしょうか?

個人的なおすすめとしてはANAアメックスかANAアメックスゴールドになりますね。

前者は一般カードで年会費は7000円(税抜き)で入会キャンペーンで33000マイル貯めることができます。

後者はゴールドカードで年会費は31000円(税抜き)で入会キャンペーンで60000マイル貯めることができます。

どちらもこれだけのマイルを貯めるには紹介プログラムを利用する必要がありますので、私の方にご連絡いただければ紹介することは可能です。

もちろんキャンペーンでマイルを獲得するには条件がありますが、それを達成できれば大きなマイルが入ります!

入会後3ヶ月以内に50万円が一般カードで、70万円利用できるのであればゴールドをおすすめします!

自分にあった方法でマイルを貯めるようにしていってくださいね!

アメックスのご紹介はこちらからしています!

ANAアメックスに紹介プログラムを利用する

ABOUT ME
FP福田
元大手金融期間出身のファイナンシャルプランナー お金の情報に精通し、年金不安のあるこの時代に効率的かつ無駄のないお金の残し方や貯め方を発信している。 アドバイスの内容はわかりやすいと特に女性に好評。 これまでの相談件数は延べ2000人以上で9割以上の人から指示を得ている。
30代から50代独身女性が無理なく3000万円貯める秘訣!

30代から50代の独身女性が老後資金を無理なく貯める方法をメールセミナーでアドバイスしています。

将来を安心して暮らすためには、時間を使ってお金に働いてもらう必要があります。

どうすれば貯めやすい体質になるのかをメールセミナーで伝えています。

年間どれだけ貯蓄をすればよいのかということをアドバイスしています。

またお金を稼いだり節約できる方法も取り入れています。

すぐに効果の出る方法も伝授しますので、ぜひメール登録をしてください!

7日間メールセミナーはこちらから