30代女性向け

30代独身女性は1000万円を貯める!知っておくべき貯蓄法は?

30代に入ってくるとお金の使い方に関して少し考えるようになってきますよね。

20代の時にお金を貯めてこなかった方はこれから貯めていこうと考える人もかなり増えてくる世代に入ってきます。

30代で現在独身でいる方は、今後自分でお金を貯めておかないと将来が不安という方が大勢いますね。

「それじゃあ貯めよう!」

と思い始めた30代女子の上手な貯蓄方法について書いていきましょう。

貯蓄する分は先に引いておく

普通に貯金すると聞けば、お給料をもらった中で使った後で余ったお金を貯金しようと思う人はかなり大勢います。

でもなかなか貯められないのが現実ではないでしょうか。

ほとんどのケースで言えることは、人間というのは「お金を残そうと思わないと残らない」ということです。

つまり給料で20万円の手取りがあり、そのうち生活費で18万円使いました。残り2万円を貯蓄しよう、ということにはならないのです。

なので最初のポイントとしては最初からなかったことにするのです。

手取りが20万円であればそれを最初から18万円だと考え2万円は別の口座に移すのです。

この移すときには手数料などがかからないようにネット銀行で振込みしてもいいでしょう。

ネット銀行から引き出すときには手数料がかかるケースがありますので滅多なことでは引き出さなくなりますからね〜

こういった制限がないとなかなか人は貯められないものなんです。

とにかくプラスにならないことは少しづつ排除していくことが重要です。

目標を決めよう!

じゃあお金を貯めよう!となった時に次にやってほしいことが目標額を決めることです。

普通に2万円ずつだけ貯蓄していても最初は全然面白くないかもしれません。

でも目標額を決めておけばそこに近づいている達成感というのは確実に存在しますよね。

例えば5年後に300万円の目標を立てたとします。

使うものは何でもいいのですがとりあえずファーストクラスの旅行ということにでもしておきましょうか(笑)

300万円ためるとなれば、年間で60万円貯めていく必要が出てきます。

60万円を毎月に直すと5万円ですね。しかしこれは毎月からの貯蓄だけでは難しいかもしれません。

では一体どうすればこの目標額を達成できるのか?

例えばボーナスの時に18万円ずつを残すことで毎月2万円とボーナス2回合わせて36万円の貯蓄ができて60万円になりますね。

これが1年、2年続けるとどうなると思いますか?慣れてきて貯めることが苦痛ではなくなってきます。

このことは私がこれまでに相談を受けた方でそう実行していった方たちはみんな貯めることがしんどくなくなっています。

まずは目標を決めてその金額を達成するための計画を立てる。

このことが目標達成には必要なことだと思います。

貯蓄の色分けをする!

お金を貯めていくにはまずは短期・中期・長期というようにお金の色分けをする必要があるでしょう。

全てを一緒の口座で管理することはおすすめできませんね。

生活費など急な事故などにも対応できる口座は短期の口座、そして5年から10年くらいのスパンで使うものは中期の口座、そして老後の資金や15年後20年後に使うものは長期の口座と分けておくとわかりやすいでしょう。

例えば短期の普段の生活に使う口座は手数料の低い口座にします。例えばネット取引なんかしたりすると時間外手数料が無料になる普通口座とかはありますよね。

なので短期の口座は三井住友銀行、中期の口座はゆうちょ銀行、長期の口座は住信SBIネット銀行というように分けると良いですよ!

簡単に引き出しできないものに投資する

これも絶対に意識しておいた方がいいことだと思います

やはりすぐに出せてしまうとお金が足りなくなってしまった時に引き出してしまいます。

ところがこれがすぐに出せないところに入れておくと確実に貯まっていきますよね。

ただこの投資をしていくお金は生活費とは全く別のものとして投資あるいは貯蓄しなければなりません。

すぐに出せないものは基本的には長期の口座に入れるようにいたします。

そうすることで確実に自分のお金が増えていき、かなり貯まってくると使うのがもったいなくなり貯めることが楽しくなってきます。

こうなってくるとどんどんお金を貯められる体質になってきますよ!

それで長期の投資というのは、今の試合は少しずつでも殖やしていく商品に投資した方が良いですね。

1000万円を貯めるには?

やはり時間を味方にすることで複利効果を大きくすることが「できる可能性があります。

まだ30代の女性だと時間をまだまだ味方につけることができますので。

ですので何歳までに1000万円とかそういう目標があった方がいいでしょう。

例えば10年とか15年とか。そこから自分のできる額を考えて実行できるかを考えることが重要です。

でもまず最初にすることは貯蓄する分を先に引くことが重要だということを忘れないでくださいね!

ABOUT ME
FP福田
元大手金融期間出身のファイナンシャルプランナー お金の情報に精通し、年金不安のあるこの時代に効率的かつ無駄のないお金の残し方や貯め方を発信している。 アドバイスの内容はわかりやすいと特に女性に好評。 これまでの相談件数は延べ2000人以上で9割以上の人から指示を得ている。
法人保険についてのご相談

一人会社の社長で利益が出ている会社は節税にお悩みの方も多いですね。

また債務免除益で利益が出てしまう人などもお困りの方が多いと思います。

法人保険に関しての情報は私の方では多くの情報があります。

また節税方法も多岐に渡りまして、いろいろな会社と情報共有をしておりますので、節税を色々と考えている法人の社長様はこちらからご連絡いただければと思います。

また

「今顧問契約をしている税理士さんに不満がある」

「税理士を変えたい」

などのご相談も承っています。

法人保険に関するご相談については下記フォームよりご連絡ください。





節税に関して一人会社の保険について債務免除益対策