30代女性向け

30代独身女性で保険に入っていない人は多い?人気の貯蓄型は終身がいい?

現在30代で結婚をしていない独身女性は都会ほど多い傾向にありますね。

ただ20代の頃と比べると経済的にも余裕が出てきて将来のことを考える人が多いのも事実ですね。

まずは30代独身女性保険に入っていない人が保険に入っておいた方がいいのか?

またもし加入するならどんな保険がいいのか?について説明したいと思います。

30代独身女性は保険に入ってなくて大丈夫?

30代というとまだまだ健康でも不安が少ない方が多いかもしれませんね。

そして今のところ独身ということは、養う必要のある家族を持っていないので、大きな死亡保障が付いている生命保険は必要ないと思われます。

そうなると死亡保険は入っていなくても大丈夫ではありますね。

ただ入院した時や大きな病気になった時の保険はどうでしょうか?

医療保険やがん保険は?

一日いくらの医療保険は必要か?

医療保険やがん保険に関してはその人の状況次第ではありますが、入っておいた方がいいと思われるのはがんなど大きな病気に備えての保険になると思われます。

なので入院したら1日5000円とか10000円の保険ではあまり役に立たないというお話もよく出てきています。

現在の医療保険は1日だけ入院しても多くの給付金を受け取ることができる保険が増えてきています。

時代のトレンドは一時金型が多くなっている

大きな病気になった時に、少額の給付金をもらってもあんまり意味が無いと考えている働く女性は意外と多いです。

確かに30代・40代の女性に多いがんになった時には、闘病するために会社の仕事をセーブし、それによって収入が減るケースが多いことも確認されています。

医療保険やがん保険で真剣に考えたい方はこちらの方の記事で詳しく調べてみてください。

30代独身女性で医療保険・がん保険は必要?おすすめの選び方は貯蓄型になる?20代の時よりは少しいいものを食べたり、美容に関しても少しいいものを使うようになったりと30代の女性はとかくお金の支出が多くなる頃だと思...

では医療保険ではなく、どうせ保険に入るのであれば損はしたくないということで貯蓄型を検討している人も多いです。

貯蓄型の保険

貯蓄型の保険は終身保険がいい?

貯蓄型で人気の保険は今の時代は終身保険が多いですね。

確かに終身保険は一生涯の死亡保障が付与されており、支払った分の多くが解約返戻金として利用できることもありますので、貯蓄型=終身保険と考える人も多いです。

ただ現代の低金利においては、昔ほどメリットがなくなっていることも事実です。

円建ての終身保険が魅力が少ないので外貨建ての終身保険を検討している人も多いでしょう。

ただ外貨建てを考えた場合には、養老保険を検討するのも一つの方法であると思います。

養老保険を検討する!

外貨建ての終身保険のことを知っている人は結構多かったりもしますね。

では同じ貯蓄タイプの保険で外貨建ての養老保険について知っている人は終身保険ほどは多くありません。

独身女性に関して言えば大きな死亡保障は必要がないので、より貯蓄性の高い養老保険を検討するのは理にかなっています。

終身保険だけではなく、養老保険に関しても比較検討するのも大きなメリットがあると思われます。

変額型は怖い?怖くない?

そして最近のマイナス金利を受けて変額保険とう貯蓄タイプの保険が出てきていますね。

これは貯蓄型というよりも投資信託に似た金融商品になっています。

日本の政府の姿勢として日本人には投資を奨励している事もあり、そういう意味では時代にあった保険とも言えますね。

ただ変額保険には死亡保障が大きく付与されているものや、ほとんど死亡保障がなくその分を運用に回している変額保険もあったりして色々と種類があります。

この保険を利用して投資を検討しているのであれば、あまり保障が付いているものは必要ないかもしれません。

変額保険を検討する場合には、そういった知識を持っておくと非常に便利ですよ。

年金保険は入っておいた方がいい?

将来の年金制度はかなり不安

そして30代の女性の心配事の一つとして老後は今の年金制度だけでは不安だということがあるでしょう。

確かに今の年金制度には大きな不安が付きまといますよね。

会社員勤めの方は厚生年金に加入されているので、自営業の人よりは年金は少しは安心ですよね。

ただじゃあその会社員の時に掛けていた公的年金(厚生年金)だけで暮らせるか?というとそれはまた別の話。

その老後の不安を解消できるかどうかは別として今から積立てたり、貯蓄をするのに有効な保険は個人年金保険になります。

ただ今の日本の低金利であれば、保険商品でも貯金でも増やすことはなかなか難しいのが現状です。

個人年金保険料控除は税金も安くなるので使おう

この低金利な時代に個人年金保険料控除という国の仕組みを使うことは賢い方法です。

ちなみに個人年金保険料控除の額はマックスで4万円。

この控除を一年間使うことができれば、年末調整で戻ってくるお金は6000円から8000円くらいだと言われています。

ただこの戻ってくる金額は所得によって変わりますので、所得が多い人ほど戻りは大きくなります。

所得税と住民税の両方ともメリットがありますので、できるだけ活用してほしい国の制度です。

年金保険料控除についてはこちらで詳細を確認してください。

個人年金保険は年金保険料控除を使うと税金が安くなる!上限や条件と確定申告は?マイナス金利という言葉が出てきて、現在日本の円でお金を増やすのが難しいこの時代。 国の制度で使えるものは使っていくのがよいと思う今...

30代独身女性の生命保険のまとめ

どの保険に入ればよいのか?

ここまで説明してきましたが、ではどんな保険を選べばよいのでしょうか?

それはもらっている年収なども違いますし、置かれている環境によってかなり変わってきます。

ただ大まかに分けると以下の3パターンになるかと思います。

  • 必要最低限の死亡保障は加入したい
  • 働けなくなった時に収入が減るのが怖い
  • 将来の老後不安のために個人年金には入っておきたい

私のこれまでの経験上で話すとこういう意見の人が多いですね。

ただ最近の状況を考えてみると、今の生活レベルを落としたくない人が非常に多いような気がしています。

そうなると働けなくなった時にしっかりとした保障があった方が今の時代にはいいのではないでしょうか?

誰に相談する?

そこで誰に相談したらいいのかわからないという方もおられると思います。

まずは自分の知っているFPの人などがいれば一番いいので、そういう信頼できるアドバイザーがいればその人たちに相談してみてください。

そしてもし相談できる人がいないのであれば、保険のプロ集団である人たちに相談するのも一つの方法になります。

プロのFPへ保険を相談

こちらの人たちは訪問型の人たちになりますので、自分の都合のいい場所で会えるのは一つのメリットです。

またひつこい勧誘などはありませんので、自分にあった保険をじっくりと選ぶことができます。

もし会った時に自分と考え方が合わないと思えば、次の面談をせずに打ち切ることも可能です。

そしてこういった人たちに相談したあと、しっくりこないという場合には私の方へ相談をいただいても構いません。

もし私に相談してみたい!という方はお気軽にメールやLINEにて相談を受け付けております。

メール相談では本音でお伝えさせていただきますので、まずはお気軽にメールでご相談してください!

メールお試し相談をする

またはLINEでもお気軽に相談できるようにしています。

些細な心配事でもいいのでご相談ください。

友だち追加迷っているだけではなくて一歩踏み出す勇気を持ってください!

真剣に考えている人は全力で応援しますよ!

ABOUT ME
FP福田
FP福田
元大手金融期間出身のファイナンシャルプランナー お金の情報に精通し、年金不安のあるこの時代に効率的かつ無駄のないお金の残し方や貯め方を発信している。 アドバイスの内容はわかりやすいと特に女性に好評。 これまでの相談件数は延べ2000人以上で9割以上の人から指示を得ている。
毎月1万節約して2万円増やして3万円を作り出す方法!

マイナス金利の昨今お金を預貯金に入れているだけではなかなか増えていきません。

また自分のお金は自分で守らないと、将来の生活設計が不安になります。

  • 「どうやってお金を貯めればいいんだろう?」
  • 「お金を殖やすにはどうすればいいの?」

という漠然とした不安があると思います。

現代においてはいい会社に勤めたからといって、将来が安泰なわけではありません。

自分のことは自分で守っていく必要が出てきている時代になっています。

自分でお金を少しでも節約したり、またお金に働いてもらうことによって複数の収入の柱を増やす方法もあります。

すぐに効果の出る方法も伝授しますので、ぜひメール登録をしてください!

FP福田メルマガに登録する