30代女性向け

30代独身女性は1000万円を貯める!知っておくべき貯蓄法は?

30代に入ってくるとお金の使い方に関して少し考えるようになってきますよね。

 

20代の時にお金を貯めてこなかった方はこれから貯めていこうと考える人もかなり増えてくる世代に入ってきます。

 

30代で現在独身でいる方は、今後自分でお金を貯めておかないと将来が不安という方が大勢いますね。

 

「それじゃあ貯めよう!」

 

と思い始めた30代女子の上手な貯蓄方法について書いていきましょう。

 

貯蓄する分は先に引いておく

普通に貯金すると聞けば、お給料をもらった中で使った後で余ったお金を貯金しようと思う人はかなり大勢います。

 

でもなかなか貯められないのが現実ではないでしょうか。

 

ほとんどのケースで言えることは、人間というのは「お金を残そうと思わないと残らない」ということです。

 

つまり給料で20万円の手取りがあり、そのうち生活費で18万円使いました。残り2万円を貯蓄しよう、ということにはならないのです。

 

なので最初のポイントとしては最初からなかったことにするのです。

 

手取りが20万円であればそれを最初から18万円だと考え2万円は別の口座に移すのです。

 

この移すときには手数料などがかからないようにネット銀行で振込みしてもいいでしょう。

 

ネット銀行から引き出すときには手数料がかかるケースがありますので滅多なことでは引き出さなくなりますからね〜

 

こういった制限がないとなかなか人は貯められないものなんです。

 

とにかくプラスにならないことは少しづつ排除していくことが重要です。

 

目標を決めよう!

じゃあお金を貯めよう!となった時に次にやってほしいことが目標額を決めることです。

 

普通に2万円ずつだけ貯蓄していても最初は全然面白くないかもしれません。

 

でも目標額を決めておけばそこに近づいている達成感というのは確実に存在しますよね。

 

例えば5年後に300万円の目標を立てたとします。

 

使うものは何でもいいのですがとりあえずファーストクラスの旅行ということにでもしておきましょうか(笑)

 

300万円ためるとなれば、年間で60万円貯めていく必要が出てきます。

 

60万円を毎月に直すと5万円ですね。しかしこれは毎月からの貯蓄だけでは難しいかもしれません。

 

では一体どうすればこの目標額を達成できるのか?

 

例えばボーナスの時に18万円ずつを残すことで毎月2万円とボーナス2回合わせて36万円の貯蓄ができて60万円になりますね。

 

これが1年、2年続けるとどうなると思いますか?慣れてきて貯めることが苦痛ではなくなってきます。

 

このことは私がこれまでに相談を受けた方でそう実行していった方たちはみんな貯めることがしんどくなくなっています。

 

まずは目標を決めてその金額を達成するための計画を立てる。

 

このことが目標達成には必要なことだと思います。

貯蓄の色分けをする!

お金を貯めていくにはまずは短期・中期・長期というようにお金の色分けをする必要があるでしょう。

 

全てを一緒の口座で管理することはおすすめできませんね。

 

生活費など急な事故などにも対応できる口座は短期の口座、そして5年から10年くらいのスパンで使うものは中期の口座、そして老後の資金や15年後20年後に使うものは長期の口座と分けておくとわかりやすいでしょう。

 

例えば短期の普段の生活に使う口座は手数料の低い口座にします。例えばネット取引なんかしたりすると時間外手数料が無料になる普通口座とかはありますよね。

 

なので短期の口座は三井住友銀行、中期の口座はゆうちょ銀行、長期の口座は住信SBIネット銀行というように分けると良いですよ!

 

簡単に引き出しできないものに投資する

これも絶対に意識しておいた方がいいことだと思います

 

やはりすぐに出せてしまうとお金が足りなくなってしまった時に引き出してしまいます。

 

ところがこれがすぐに出せないところに入れておくと確実に貯まっていきますよね。

 

ただこの投資をしていくお金は生活費とは全く別のものとして投資あるいは貯蓄しなければなりません。

 

すぐに出せないものは基本的には長期の口座に入れるようにいたします。

 

そうすることで確実に自分のお金が増えていき、かなり貯まってくると使うのがもったいなくなり貯めることが楽しくなってきます。

 

こうなってくるとどんどんお金を貯められる体質になってきますよ!

 

それで長期の投資というのは、今の試合は少しずつでも殖やしていく商品に投資した方が良いですね。

 

1000万円を貯めるには?

やはり時間を味方にすることで複利効果を大きくすることが「できる可能性があります。

 

まだ30代の女性だと時間をまだまだ味方につけることができますので。

 

ですので何歳までに1000万円とかそういう目標があった方がいいでしょう。

 

例えば10年とか15年とか。そこから自分のできる額を考えて実行できるかを考えることが重要です。

 

でもまず最初にすることは貯蓄する分を先に引くことが重要だということを忘れないでくださいね!

30代シングル女性で医療保険は貯蓄型と掛け捨てならどちらがいい?

20代の時よりは少しいいものを食べたり、美容に関しても少しいいものを使うようになったりと30代の女性はとかくお金の支出が多くなる頃だと思います(笑)

 

そして30代のシングルの女性になると医療保険とか色々と考える時期にきますね。

 

少し疲れやすくなったり、婦人系の病気が気になる時期でもあると思います。

 

そんな時に「医療保険でも入っておこうかな?」と思う方にとって貯蓄型がいいのか掛け捨て型がいいのかは判断に迷うところですね。

 

ここではそういった方に少しでも参考になる情報を出していこうと思います。

 

貯蓄型の医療保険はお得?

日本人の特性上、貯蓄型という言葉はかなり耳障りのいい言葉になるというのはよくわかりますね。

 

支払った保険料が貯まっているのか貯まっていないのかは、仮にやめた時に全然違う気持ちになるものです。

 

ましてや基本的には掛け捨ての保険が多い医療保険でお金が貯まるとすれば、これはちょっぴり嬉しかったりもしますね。

 

では一体どういうタイプなのか簡単に説明してみましょう。

 

これは例えば60歳とかになれば支払った保険料を全て還元しますよ、という保険になり一般的には貯蓄型と呼ばれているのかもしれません。

 

具体的な金額で表すと例えば35歳の女性が3500円の毎月保険料を支払うとします。

 

3,500円×12ヶ月=42,000円×25年=105万円

 

この金額が60歳になった時一度も医療保険の給付申請をしなければ全額戻ってくることになります。

 

ほとんどの医療保険が支払った保険料よりも給付金の方が少ないため、こういうシステムの保険は悪くないと思います。

 

ただ注意しておく必要があるのは、その年齢になってお金が戻ってきたら保障はその時点でなくなります。(掛け捨て保険として継続することもできますが)

 

こうやってほとんど全てのお金が戻ってくるというのは、シングル女性からすると嬉しい仕組みになるのかもしれませんね(笑)

 

掛け捨ての医療保険は損か?

それでは全額戻ってくる保険の方がいいのか?と言われると一概にそうとは言えません。

 

というのも全額戻ってくる部分というのは、基本的な保障の部分のみであり、例えば女性特有の病気に備えたり、ガンとか一時金の保障がついている特約という部分は掛け捨てになります。

 

シングル女性というのは基本的には働いている人がほとんどだと思いますので、自分の生活を守る必要もあるでしょう。

 

そうなってくると、本当に必要最低限の基本保障だけあれば良いのか?というと疑問が付く部分も出てきますね。

 

また30代になれば美容や健康についてお金を20代の時よりも使うことが多いでしょう。その生活レベルを下げたくない人もいると思います。

 

そういった方の場合、もし貯蓄だけで大きな病気を乗り切ることは貯めておいたお金が目減りすることを意味します。

 

将来のために備えておいたお金が病気と戦うためになくなってしまったりすると将来に向けてかなり不安が残ることにもなります。

 

そういったことまで意識して考えた場合、やはりしっかりとした保険に入っておきたいと考える人は少なくないのですよね。

 

なのでなんでもかんでも掛け捨てが勿体無い、ということにはなりません。

 

掛け捨て保険が時と場合によっては、生活保障としていい保険になることは当然のごとくありますよ。

 

掛け捨て保険の場合はコストを意識する

貯蓄型の保険ではなくて掛け捨ての保険に加入する時には、やはりコストを意識した入り方をした方がよいでしょう。

 

掛け捨ての場合は、何歳まで加入するといったことはまず最初に考えておく必要があると思います。

 

例えば60歳まででいいとか65歳まででいいとかですね。

 

バリバリ仕事をしている人であれば65歳くらいまで会社で全うするという人は、65歳までにしっかりとした保障に入っておくことも選択肢としていいでしょう。

 

もしガンとかの病気になって、部署が異動になり収入が少なくなる人もいます。

 

病気になったからといって会社がそのような理不尽なことは絶対にしないということを言えるでしょうか?

 

また終身の保障の場合であっても、この保険には一体いくら支払うのだろう?ということは絶対に調べておくべきことです。

 

そのようなコストを意識した入り方を考える場合、ある一定の年齢(60歳・65歳)までに支払ってしまうという保険は基本的にはコストが低くなる傾向があります。

 

また計算もしやすいのでコスト管理の意味で考えるとおすすめですね。

 

ここで一つ耳寄りのお話をいたしましょう。

 

もし60歳までに支払ったり、65歳までに支払うことを考えている方はもう少し短い支払い期間を考えて見るのはいかがでしょうか?

 

毎月や毎年の保険料は上がるのですが、トータルで支払う保険料総額は低いケースが多いです。

 

やはりいくら支払うのかがわからないものよりも、きちんと何年でいくら払うということがわかっている方が安心ではないでしょうか?

 

例えば毎月5,000円で25年間支払うといったような感じですね。

 

6万円×25年=150万円の支払いになる。

 

そういう意識が身につくと、金融商品全般をコストの面で考えることができるようになりますよ。(住宅ローンなども基本的にはこういう考え方でいいです)

 

どちらがいいのか?

では一体掛け捨て保険か、貯蓄型の保険がどちらがいいのでしょうか?

 

今回のケースは30代のシングル女性という前提でお話をさせてもらっていますが、基本的には支出が少ない方がいいと思います。

 

その支出が少ないという意味はトータルの出費が少ない方がいいと思います。

 

掛け捨て保険を選ぶ場合も、できるだけコストが低いものの方がいいでしょう。できることなら早い期間で払込みすることが自分に有利なものになることが多いです。

 

また貯蓄性のものであれば、できるだけ長い期間で入った方がその間保障がありますので良いと思います。

 

ただその場合には生命保険はインフレには弱いということだけは意識しておいてください。

 

まとめ

ただ具体的にどの商品がいいのか?と言われるとやはり信頼できるFPや自分の担当者などに相談してみてはいかがでしょうか?

 

そうした場合もこういった考え方を持ってお話すれば、そんなに変なものは出てこないと思います(笑)

 

でも自分の意思をはっきり出さない場合は、この限りではないことも多くなってきます。

 

まずはコスト意識をもち、親身になってお話できる人と将来の自分のことについて一度真剣に相談されることをおすすめいたしますよ!

 

もしそういった方がいない、という場合には私の個別相談などを利用してもらっても構いません。

 

とにかくまずは自分の将来について一度考えてみてくださいね!

 

相談方法
個別相談スカイプ相談

相談項目
将来の資産構築教育資金作りの相談生命保険の再構築

30代既婚女性の医療保険でおすすめは?必要な人はこんな人!

現在東京都で平均初婚年齢は30.4歳となっていますね。これは厚生労働省が調査したデータです。

 

なので30代既婚女性はまだお子さんが小さいケースが今は多いのではないでしょうか?

 

もちろん20代で結婚してすでにお子さんが大きくなっていることもあるでしょうけどこの辺りも医療保険に入った方がいいかどうかのポイントとなりますね。

 

今回は30代既婚女性で医療保険に入っておいた方がよいと思われるタイプの人を説明したいと思います。

 

子供が小さくて専業主婦の方

先ほども説明しましたが、日本は晩婚化が進んでいます。

 

東京都は初婚が30.4歳ですが大阪の場合も29.4歳で第5位。

 

この順位の近辺には神奈川県・千葉県・埼玉県・京都府と軒並み働いている人口が多い地区は30歳よる少し前になっているんですね。

 

なので30代の既婚女性でも子供が小さい方はかなり多いのが現状です。

 

まだ子供が小さいときには、何かと子供に世話がかかることは多くなります。

 

そんな時にもし主婦であるママが入院してしまったらどうするでしょうか?

 

もちろん実家のお母さんに来てもらうとか、実家に預けるという選択肢も出てきますがそんな時に役に立つのはやはりお金ですね。

 

軽い入院であればいいですが、ちょっと病気の程度が重くなった場合にはベビーシッターなどを雇おうという選択肢も出てきますね。

 

そんな時には入院費用にあまりお金がかからないケースでも、そういった他のことにもお金が使えると思います。

 

またどうして専業主婦かといいますと、もし子供を育てながら働いている方であれば有給休暇も使えるでしょうし、貯蓄もあると思われます。

 

主婦になってしまうと、収入は夫のみになってしまいます。

 

もちろん貯蓄がたくさんある方は心配無用かもしれませんが、子供の小さい時だけでも入っておくという選択肢はあってもいいと思いますよ。

 

家族にがんにかかった人がいる方

最初に断っておきますとがんは遺伝とかではなりません。

 

「がん家系」という言葉がありますが、実際にはほとんど関係ありませんね。

 

ただ家族ががんになったことがある方はその時の大変な状況をかなり知っておられます。

 

私の相談者の中にもこのような人たちがいました。

 

「家族ががんで大変だったからがん保険に入っておきたい」

「がんになった時には精神的にきつい。だから経済的な面まで心配したくない」

「がんになったら見舞いに行くなど家族の負担が大きくなる」

 

こういう声があるのも事実です。

 

それはやはり身をもって体験された方の言葉ですので説得力がありました。

 

医療保険というよりもがん保険になるのですが、しっかりと考えられて加入されるケースが多いです。

 

しかも加入された時に安心を得ることができたという充実が出る人もいます。

 

やはり身近な人が大病を患うとまわりの人に与える影響は大きいですもんね。

 

貯めたお金を減らしたくない方

 

医療保険にやがん保険に加入していないとなると、もし入院という事態になった時に手元の貯金を出すことになりますね。

 

でも自分の貯蓄を減らしたいと思っている人は少ないでしょう。

 

確かに少しくらいの入院費用では貯蓄で賄えることがほとんどだと思いますが、がんや三大疾病にもしなってしまった場合には手元の貯蓄で賄えるか不安な方はいますよね。

 

先ほども申し上げましたが、大きな病気になった時にはまずは精神的に参ってしまうこともあります。

 

その上経済的な不安までのしかかることはあまり得策とはいえません。

 

貯めたお金を切り崩さないためには、1日いくら出るとかの医療保険はあまり必要ないかもしれませんががん保険とか重い病気に備えるメリットはありますね。

 

また診断給付金などが出ますので、自分の貯蓄は守ることができます。

医療保険が不要な方は?

では反対に医療保険が不要な方はどんな方でしょうか?

 

大手企業などに努められている場合、結構保険組合がしっかりしていれば自己負担が本当に小さくて済む会社があります。

 

自分の会社はどれくらいの自己負担なのかを知っておくことはかなり重要ですので、一度調べておいてくださいね。

 

また、日本の国民健康保険制度は大企業だけでなく現在のところ充実しています。

 

将来的にはこれだけの保険料で運営していくことは難しいかもしれませんが、現在の制度は自己負担が大きい病気以外ではかなり役だちます。

 

また貯蓄があるかないかによって大きく違います。

 

極論を言えば、お金がたくさんあれば保険というものは治療費を賄うための保険は必要ありません。

 

もう少し税制面で保険の活用を考えた方がよいかもしれませんね!

生命保険料控除を活用していますか?対象となる保険を確認しよう!

 

30代におすすめの医療保険は?

 

ここまで30代の既婚女性で保険に入った方がいいタイプの人を説明してきました。

 

ではここから30代で医療保険に入るとすればおすすめはどんなものになるのか?

 

3つのおすすめパターンがありますのでお伝えしましょう。

支払った保険料が結果的に戻ってくるタイプ

医療保険という商品は安心を買う商品でもありますので。掛け捨てのタイプが非常に多いですね。

 

なので、結果的に支払った保険料が入院給付金額よりも大きくなるケースの方が圧倒的に多い。

 

このことが医療保険は必要ないのでは?と思われる方が多い一因にもなっていると思われます。

 

しかし、支払った保険料がすべて戻ってくるという保険も今は世の中に出ていますので保険料がもったいない!と思われる方は将来の貯蓄という意味を考えてこういうタイプを選択してもよいのでは?と思います。

 

もちろんデメリットというか注意点はもちろんありますが、お金を一円でも無駄にしたくない方には合っているなのかもしれませんね(笑)

 

定期的にボーナスがあるタイプ

これもどちらかといえば、お金を無駄にしたくない人向けの保険になるでしょう。

 

ただ、このタイプはよく吟味しないと、ボーナスがもらえる要件が会社によってかなり異なることもあります。

 

またずっと支払っていく終身払いというものと期間を定めて60歳とかまでに支払いを完了させる短期払いのものがあります。

 

これももちろん計算して考えればよいのですが、トータルコストを抑えることができるのは、短期払いになると思われます。

 

またこの短期払いも色々と選べまして、10年とか60歳までだとか。

 

自分に一番合ったタイプを探すのは一人ではなかなか難しいかもしれませんが、いいものもありますので頑張って探してくださいね!

 

とにかく今のリスクを減らしたいタイプ

これが保険の本来の入り方かもしれまっせんが、例えば会社経営や自営業をされている女性は今の保障が必要な方もいるでしょう。

 

また貯蓄がたくさんない人も保障が必要な方になりますね。

 

今のリスクを本当に減らしたい方は当然一時金が多く出るタイプがいいと思います。

 

たとえ一泊二日の入院でもまとめて多くのお金が給付されるタイプは今のリスクを回避するには適していると思います。

 

後は入院事情をよく知っている方が意外に入院すればすぐに給付金が出るタイプを選択されますね。

 

これは最近の入院は長くないことを知っているからかもしれません。

 

一時金タイプを選ぶのはこういう傾向があることを知っておくと便利ですよ(笑)

 

30代からは乳がんリスクが高い

 

そしてやはり30代の女性といえば、小林麻央さんの例を出すまでもなくがんの心配が大きいです。

 

乳がんや子宮がんという女性特有の病気がありますので、この年代の方のがんの罹患率は男性のそれを大きく上回ります。

 

ですからこの時期からこういった病気に対する保障を備えておくという選択肢は大いにあってもいいと思います。

 

また女性が大きな病気になると、プライバシーが守られる個室にしたいと思われる人も多いです。

 

確かに乳がんになったときには、入院自体は長くなく通院が多いかもしれません。

 

しかし、諸費用その他もろもろの費用を考えると、闘病するための費用というのは決して馬鹿にできないものです。

 

またセカンドオピニオンの意見も聞く方が自分の治療の選択肢を出すうえであった方がよいでしょう。

 

30代の女性でしたら、まだまだ保険料も安いことが多いのでこの機会に真剣に考えてみてもいいでしょうね!

まとめ

色々な選択肢がありますので、これが一番いいというものはそれぞれの状況を踏まえて考える必要があります。

 

複数の会社をひかっく検討するのも重要ですが、まずは自分に医療保険が必要なのか不要なのかを考えてみましょう。

 

それで必要となったら、信頼できる人に相談されるのが一番の近道ではないかな?と思います。

 

自分に合った保険に巡り合えたらよいですね!!

 

相談方法
個別相談スカイプ相談

相談項目
将来の資産構築教育資金作りの相談生命保険の再構築