20代女性向け

20代女性の生命保険は貯蓄型がいい?インフレと状況を考えよう!

女性には生命保険が必要?とか不要?とか色々と気になる情報が多すぎてどれが正しいのかわからないことも多いですよね。

 

実際に私も現場で仕事をしているものとして、必要だなあと思うケースとこの人は必要ないんじゃないの?と思う時はあります。

 

ただこの日本人の特性というのは、損をしたくないという国民性が非常に強いなあ、と感じることが多いのも事実です。

 

今日は女性が保険を考えるときに貯蓄型がいいのかについて少し説明していこうと思います。

 

貯蓄型の生命保険とは?

貯蓄型といいいますと、概ね解約返戻金がある保険のことを指しますね。

 

この解約返戻金というのは「やめたら戻ってくるお金」と考えてもらえればわかりやすいでしょう。

 

解約返戻金がある保険というのは以下の3つの保険になります。

 

終身保険

養老保険

年金保険

 

この中で一般的に保険のお店や代理店の人に勧められるものでいうと、終身保険が多いのではないでしょうか。

 

終身保険というのは一生涯の保障がある生命保険のタイプであり、4月に予定利率が変更になって商品的には改悪されている商品だと思ってもらって良いと思います。

 

この保険は支払った保険料よりも保障が大きいものとなるケースが多いので相続対策などに有効な保険です。

 

ただ少し前までは支払った保険料よりも多く戻ってくるので貯金しているよりもいいということで加入されている方も多いと思います。

 

また年金保険も年金保険料控除があるということと、数十年前まではかなりの戻り率があったので現在でもお宝保険としてずっと加入している人も多い保険ですね。

 

ではシングルの女性が保険を検討するときに、このような生命保険を選んだ方がいいのかどうかですが、それは状況によると思われます。

 

シングル女性には保険が必要か?

これは年代によって変わるのですが、平成21年の調べでは20代女性で46.1%、30代女性で71.6%、40代女性で84.6%の加入率となっています。

 

やはり年代が上がるにつれて自分の健康のことについて真剣に考えるようになるのか、保険の加入率が高くなっていますね。

 

これは年齢が上がって来ないと実感しにくいことかもしれませんが、やはり人間年齢を重ねると病気というか体の衰えを感じてくるものですので、このデータはある程度納得できるものだと思います。

 

ですので今保険に加入していない方で保険を検討している方というのは一体何のために保険に加入するのかを明確にしてみてはいかがでしょうか?

 

例えば小林麻央さんのニュースをみてガンに対する保険が必要なのではないかと思ったとか、あるいは老後の生活費に対して少しでも貯蓄するために保険がいいと聞いたので、とか色々と検討するに至った理由があると思います。

 

そこをはっきりさせることによって、貯蓄型がいいのか掛け捨てがいいのか、はたまた保険は必要ないとか言えるものだと私は思っています。

 

どこぞのFPさんが20代の女性には保険は必要ない、とかいう暴論をみたことがありますが、それは状況次第です。

 

保険に入っていたおかげで助かっている人もこの世の中にはたくさんいます。

 

なので何のために加入を検討しているのかをはっきり意見できるようになることの方が重要だと思いますよ!

 

生命保険の弱点はインフレに弱いこと

先ほどのお話の続きになりますが、20代の女性が保険を考えるときには何のためにということが最も重要になってきます。

 

健康状態的にはあまり問題になっていない方が多い20代女性においては今から40年後のお金を考えるのはなかなか難しいでしょう。

 

それと生命保険と国債はインフレに非常に弱いと言われていることも考えると、数十年後に決まったお金が戻ってくるというのも、ひょっとしたらリスクになるのかもしれません。

 

例えば年金保険。毎月1万円の保険料で35年加入した場合支払った保険料は420万円になります。

 

それで現在のすごいマイナス金利の利率の商品ですと420万円の支払いで、450万円になって戻ってくる年金保険があったとしますね。

 

確かに35年後に450万円残っているのはいいことかもしれませんが、35年後の物価が今と同じだと思われますか?

 

つまりこれくらい先のことで戻ってくるお金が固定されているというのは、やはりインフレに弱いと言わざるを得ませんね。

 

医療保険でもこれと同じような仕組みの保険があると思うのですが、これも40年先とかそれくらい先の話になるので個人的には?がつくと思っています。

 

掛け捨て保険がいいのか?

ガンなどの病気が怖くて保障重視で保険を選ぶ方はどう考えればいいのでしょうか?

 

これもやはりその人の状況に寄るところが大きいと思います。

 

貯蓄がたっぷりあれば保険は必要ないでしょう。

 

ただキャリアウーマンで今の仕事がいつまで続けられるのがわからないが、病気になってしまうと今と違う部署で働かなければならない時もあると聞きます。

 

ガンになって同じ部署で働けなくなって、収入が激減して結局会社をやめてしまった方もいます。

 

そういう方にとっては、病気に対する保障を真剣に考える必要があるのです。

 

何でもかんでも掛け捨ての保険は勿体無いというのも暴論だと思います。

 

要するに保険は必要以上のかけすぎは意味がないのは事実ですが、必要な保障はやはり自分自身で考えておく必要があるのです。

 

それと現在はシングルで老後を迎える割合は昔に比べて上がっています。それは女性が一生働けるようになったというのがかなり大きいようで、この流れは今後も止まらないでしょう。

 

そうなると一番の不安は老後に今と同じだけの暮らしができるのかどうかを心配している人が多い。

 

なのでそういう方には今から資産運用を考えておく方が良いと思います。

 

長期分散投資を早い目にすれば、期間が長いこと取れる若い世代の方が長期投資を考える上ではかなり有利にはなります。

 

なので若い世代は特にインフレ対応している保険を選ぶことが最も重要だと思いますね。

 

まとめ

貯蓄型がいいのか掛け捨てがいいのかはその人の状況に寄るところが大きいですし、ライフスタイルによって変わってきます。

 

キャリアウーマンの方で、シングルで生きていくことを選択する方は自分の今の生活をできるだけ変えずに将来の資産形成をした方がいいでしょう。

 

また自分の健康に自信がなく親族も若いときにガンになった人がいるので保障の部分を真剣に考えたいという方は保障のことを考えながら、掛け捨てがいいのかそれとも貯蓄性のあるものの方がいいのかを考えればいいと思いますよ!

20代女性の平均年収は322万円!今から計画的に自分年金を作る!

20代の女性の平均年収は一体いくらかご存知でしょうか?

 

転職雑誌の「DODA」によると2014年の20代女性の平均年収は322万円だそうです。

 

非正規社員の場合は200万円を切っていることも多いようです。

 

これはでも20歳から29歳までの平均ですよね。

 

若ければもう少し少ないですし、年齢が上がるに連れて年収は上がっていきます。

 

できるだけ若い間からお金を貯めておく癖をつけておくことが大切です。

 

お金を貯められない人に共通するポイントは?

これまでに多くの相談を受けてきた私ですが、お金をなかなか貯められない人にある共通点があることがわかってきました。

 

それはやはりお金の管理がきちんとできていないことが挙げられます。

 

お金が貯められない人に共通するポイントを3つあげてみます。

 

衝動買いが多い

まず一つ目として衝動買いが多い人はなかなかお金を貯めることはできません。

 

これはいろんな悩みとかがあるケースもあれば、単に衝動買いが好きな人もいます。

 

ただやはり不意の出費がたまにあるのはいいかもしれませんが、多いとやはりお金は貯まりにくいですね。

 

残ったお金で貯金をしようと考えている

そしてやはりこれが大事なことだと思うのですが、やはりお金を貯めることができない人は先にお金を使って残ったお金で貯金しようと考えます。

 

これではやはりお金は貯まりませんね。

 

というのも人間という生き物はあったらあっただけ使ってしまいます。

 

やはり財布に少しの余裕があれば、いいものを買いたくなりますし、いいモノを食べたくなります。

 

そうなると当然お金は残ってこなくなります。

 

クレジットカードの明細をつけていない

今の世の中はネット社会ですね。ネットでのお買い物といえばクレジットカードの利用が当然多くなりますね。

 

ただネットで買い物してそのままにしている人は多いはずです。

 

その明細もきちんとスマホやノートなどに書き留めてみましょう。

 

そうすることで、今月一体どれくらい利用したのかがよくわかりますよね。

 

そういう細かなことになりますがきっちり管理できる人はお金が残ります。

 

強制的にお金を貯める

では一体どのようにすればお金を貯めることができるのでしょうか?

 

やはりまずはお金を貯めるには、最初から強制的にお金を引かなければなりません。

 

先ほどお話した流れで残ったお金を貯めるというのではどうしても使ってしまいがち。

 

なので最初からなかったものとして強制的にお金を引いてしまいましょう。

 

給料が入れば別の口座に最初から移してしまうという方法もいいでしょう。

 

またそのお金を積み立て信託とか将来の自分のためにお金を残していくことが非常に重要になってきます。

 

目標額を決める!

お金を貯める準備ができれば次は目標額を決めましょう。

 

目標額を決める前に目標の決め方をお教えいたします。

 

目標額を決めるときには、60歳とか先の目標を決める方がよいと思います。

 

年間目標を決めるのももちろんそれはいいことですが、60歳までにいくら貯めるという金額があればかなり大きな金額になりますので俄然やる気になります。

 

例えば65歳までに2000万円貯めるというのもいいですね~

 

仮に今25歳だったとしたら40年間もあります。

 

40年で2000万円ということは年間50万円ためていければ到達できる金額になりますね。

 

毎月25000円で年間30万円、ボーナス10万円ずつ貯めることができれば可能ですよね。

 

しかもこれは利息というか運用を全く考えずに2000万円になります。

 

これを運用も入れて考えてみると…非常に楽しみな金額になると思いませんか?

 

そうするためにはまずはお金を貯める体制を整えることが重要です。

 

まずは現在の支出を見直して貯蓄できる金額が一体どれだけあるのかを計算してみましょう。

20代女性のおすすめ医療保険は?選び方は職業によって違う!

20代の女性は、キレイになることやファッションにも興味がありお金はいくらあっても足りません(笑)

 

でも最近の若い女性たちは将来のことを見据えてきちんとお金を貯めている方もかなり多いですね!

 

ちょっと昔人間に足を突っ込みかけている自分から見ると本当に驚きです(笑)

 

そういうしっかりした方は、保険を選ぶ際にもやはりきちんと考えられています。

 

「世間の人たちはどんな保険を選んでいるのか?」

「またどんな保険が自分に合っているのか?」

 

という質問は私も数々相談を受けて来ました。

 

そこで、タイプ別に、また職業別にどんな保険を選べばよいのかを説明していきたいと思います。

独身で会社員のケース

会社員の方は福利厚生がしっかりしているかどうかで結構変わると思いますね!

 

会社によっては一ヶ月の上限額がかなり低く設定されている会社もあるため、入院の保険は必要ないと思える場合もありますね。

 

ただ大きな病気になってしまうとどうなんでしょうか?

 

がんをはじめとする三大疾病になると治療が長引くこともありますね。

 

治療が長引くことで女性のキャリアが奪われることもあるみたいです。

 

がんになった時に一時金として何百万円とか入っていた方が安心なケースもあります。

 

それでも大きな保険料を掛け捨て保険に入るのはどうかな?と思いますね。

 

それでしたら、将来の自分のためになるようなものを選んだ方がいいと思います。

 

まだ全然考える必要性はないとは思いますが、将来の年金が枯渇することは目に見えていますので将来の自分のためにお金が残る保険に入るという選択肢もあるでしょう。

既婚者・子供がいないケース

既婚者で子供がいない時には、まだお勤めされていることの方が多いでしょう。

 

基本的には独身の会社員と同じ考え方でいいとは思いますが、近いうちに子供が欲しくなってきたりすることもあります。

 

特段大きな保障は必要とは思えませんが、子供が欲しいと思っている場合には保険に加入している方がいいかもしれませんね。

 

普通分娩の場合であれば、入院の保障は何もありませんが、もし帝王切開になった時には医療保険に入っている場合給付金が出ます。

 

手術給付金が出ますのでバカにできない金額が出ますね。

 

終身型とか定期型はどちらでもよいと思いますが、ライフスタイルとその人の考え方で選べばよいと思います。

既婚者・子供ありのケース

すでにご結婚されていて、お子さんがいらっしゃる方もいるでしょう。

 

そんな人は自分がもし入院なんかしてしまった場合のことを考えると大変です。

 

お子さんが小さい間は、当然ちょっとしたケガや病気で入院することはありませんよね。

 

でも第一生命のCMでも放送されていたように、20代の入院の確率は7.1%と元恋人の名前を呼んでしまった3.6%よりもかなり高いことがわかっています(笑)

 

そう考えると、やはり自分がもし入院したときのことを考えると一時的にお金があった方が何かと便利。

 

もちろん実家の親御さんが助けてくれるケースもあるとは思いますが、ここではやはり短期入院に強い保険が合っていると思われます。

 

ちなみにこのCMの違うバージョンではスマホの水没が6.8%となっていました。

 

スマホの水没が入院する確率よりも少ないのはちょっと驚きではありますが(笑)

 

まあそうですね、20代の人が入院するのは盲腸やケガなどもありますから、そう考えるとそれほど不思議な数字ではないかもしれません。

 

自分でお仕事をされている方は?

今の時代は自分でお仕事をされている人もかなり多いと思います。

 

資格を取ったり、自分で何かを教える仕事をしていたりと。

 

そんな方向けにはこちらの記事で自営業向けの保険の選び方について書いてあります。

 

自営業者におすすめの保険は?会社員とは違う選び方のポイント

 

簡単に説明すると、やはり自分が入院したときには、売り上げの補填ができるような保険であることが望ましいかと思います。

 

それと生命保険料控除はしっかりと使いましょう!

掛け捨てがとことん嫌いな方は?

そもそも掛け捨てが嫌いな方は、医療保険に入らなくてもよいのでは?と思います(笑)

 

でも今の時代はそんな人向けの医療保険も出ているのは出ています。

 

自分が払った金額が全額戻ってくるタイプの商品は、このように掛け捨てが嫌いな人にとっては合っているでしょうね。

 

ただ全額戻ってくるといっても、戻ってくる時期はかなり先になります。

 

この辺りのことを踏まえて検討される方がよいと思います。

 

一番のおすすめは?

その人その人によって考えが違いますので、一番おすすめのものは何?と聞かれると答えることはできません。

 

しかしながら一番コストが低いものを探すことができます。

 

事実どの商品が一番コストが少なくて済むのかということはやはりお会いしてそに人の状況を把握しないと人によって変わる場合もあります。

 

そのように最も自分にあったものを検討されたい方は個別相談またはスカイプ相談でご相談ください。

 

毎月10名限定ですのでお早めに!

 

でも20代の女性の時から医療保険を考えるのは、コストの面で考えるとかなり有利になります!

 

お金をできるだけ有効に活用したいとお考えの方は、この機会にじっくりと考えてみてはいかがでしょうか?

 

相談方法
個別相談スカイプ相談

相談項目
将来の資産構築教育資金作りの相談生命保険の再構築