保険活用術

子供の医療保険は必要か?選び方はいつまでいるかでおススメは変わる!

今日は子供に医療保険を検討したいという相談がありましたので、その件についてお話したいと思います。

 

これを読んでいいただいているあなたも、昔はおばあちゃんに保険をかけてもらっていたとか、両親に払ってもらっていたとか経験がある人もいるのではないでしょうか?

 

そういった経験があると、自分も子供ができた時には子供のためになにかしてあげたいと思うのは必然のことかもしれません。

 

では一体こどもにはどのような医療保険に入ったらいいんでしょうか?それについて考えたいと思います。

 

いつまで加入するかが非常に重要

医療保険くらい入っておいてあげたい、と思って相談をされる方も非常に多かったりするのですが、生協や共済などで加入している人もかなり多いですよね。

 

生協には賠償責任保険がついていたりしますので、それで加入されている人も結構多いですね。

 

ただ私が医療関係者と話をしていて、その方が気に入ってくれるのは一時金がついている商品だったりします。

 

というのもやはり子供は長期間入院することは稀ですので、入ったらすぐに一時金が出るようなタイプを好まれる傾向にあると思います。

 

でもこれはいつまで入るかも重要な問題になってきますよね。

 

子供のころに保険に加入すれば、確かに安い保険料で一生涯保険料は変わりませんが、どこかのタイミングで子供に契約者を変える必要が出てきます。

 

普通に考えれば子供よりも親の方が先に亡くなりますからそれは仕方のないことですね。

 

そういった考えで加入するのであれば安い保険料の間に加入しておくことはいいと思われます。そうなってくると保障重視になるとは思います。

 

短期間で払込みする方法もある!

いや、子供に払わせるのはかわいそうだから、親がすべて払ってあげたい!という方もいるでしょう。

 

そういう方のご相談もかなりあります。

 

そういった場合には保険期間は一生涯のものでも払込期間を短くすることで対応することもできますね。

 

例えば10年とか20年とかで払いきってしまえば、後の保障は子供さんに一生残るわけです。しかも子供さんの負担は一切ありません。

 

こういった商品の中には払いきった後もお祝い金がもらえるものがあったりもしますので、さらに子供さんからしたら嬉しいことになりますよね。

 

短い期間で払いきるというメリットはそういったところにもあるといえるでしょう。

 

全額戻ってくるタイプのものに入っておいてあげたい!

医療保険の商品の中には支払った保険料がある年齢で還付される仕組みになっている保険を出している会社もあります。

 

それも最初の方に話したものと同じで途中で名義を変更する必要が出てきますが、その考え方も悪くないと思います。

 

ただ子供さんの年齢がまだ幼い場合、例えば6歳とか7歳とかの場合でしたら受け取る年齢に到達するまでに50年以上あることになります。

 

それで途中まで親が払っていてくれたわけですから嬉しいのは嬉しいでしょうけどもそれはインフレがなかった時かもしれません。

 

50年以上先の話であれば、やはり物価のことは気になってきませんか?

 

それくらい先でも同じだけの価値があるかどうかは極めて疑問符がつくところでしょう。

 

インフレに対応できるような保険も選択肢に!

そう考えた場合、やはり物価上昇があっても対応できるようなものの方がいいかもしれませんね。

 

今から50年前の1967年と今では物価も違いますし、モノの価値も全く違うと思います。

 

ということはこれから先についてもやはり同様のことが起こると思っていてもあながち間違いではないと思われます。

 

とすると医療保険だけの選択肢を取り外して、違う選択肢があってもいいかもしれませんね~

 

もちろん保障を残してあげたい!という場合はその限りではありませんが(笑)

 

このように色々な選択肢があるということを知っておいて欲しいと思います。

 

どれが正解というものはありませんので、自分の考え方にあった保険選びができるといいですね!

入院費用は上がっている!1週間の費用相場も高くなっている!

インフレなどのお話をしていて物価が高くなっているという話をしましたね。

 

そして健康な人にはあまり関係がないと思われがちである入院費用の相場も上がっているのをご存知でしょうか?

 

入院って聞くとなんだかピンと来ない人もたくさんいると思うのですが、実はこの入院費用もやはりといいますか上がっているんですね!

 

私はこういうFPという仕事をしていますのでそういう情報は入ってきやすい環境にあります。

 

今回は入院費用の相場についてお話したいと思います。

 

1回の入院日数は短くなっている

もちろん病気によるのですが、現在1回の入院日数はどんどん短くなっています。

 

時代の流れと言いますか、お医者さんの事情といいますかとにかく病院は長く入院させない方針になっていますので入院できる期間は短くなっていますね。

 

平成26年のデータで見ますと平均在院日数は31.9日となっています。

 

これは10年ほど前と比べると10日ほど短くなっているんですね。

 

昔はおばあちゃんが暇だから、もう少し病院にいさせてよ、という時代がありましたが今はもうそんなことをできる時代ではなくなりました。

 

入院費用は逆に上がっている

このように入院日数は短くなっていますので、費用もその分安くなっていると思ってしまいますが、実は短くなっても病院はきっちりと利益を確保しています(笑)

 

日数は短くなっていますが、検査とか色々なものをする回数が増えたのかもしれませんが、逆に平均の支払い費用は逆に上がっているんです。

 

これはどういうことかというと、入院は短くなって費用は高額化しているということになります。

 

そしてこの流れは今後も家族していくと考えられます。

 

日帰りの手術が今は約半数

今の時代はガンでも入院をほとんどすることなく、治療するケースも多いですよね。

 

つまり治療できる人をもっと多くしようということが大前提にあると思います。

 

そうなるとそれほど酷い病気や怪我ではない人に病院にいてもらっては確かに困る一面はありますね。

 

そして医学は日進月歩ですから、助かる病気も多くなっていますし、昔は諦めらければならない病気も手術で治るようになってきています。

 

そのことを物語るように今手術は日帰り外来手術が約半数を占めるほどになってきている事実は知っておいた方がいいでしょう。

 

でも患者さんからしたら、それの方が日常生活に支障が少なくなりますし、悪くない話ではあるのです。

 

1週間の入院費用の相場は?

正直これはピンキリなので一概にいくらいくらとは言えないのですが、やはり入院するということですから検査とか色々なことをすると思います。

 

Yahoo!知恵袋なんかでいうと7万かかったとか8万かかったとか様々な意見があります。

 

でも大体の相場でいうと一日あたり九千円から1万円くらいはかかると思っておくと、高くなっても安くなってもある程度の気持ちの余裕は生まれると思いますよ。

 

もし一日五千円くらいだと思っていてたら倍くらいの請求をされたらびっくりしますし(笑)

 

もちろん高額療養費制度がありますから、自己負担は少なく済む可能性はありますが…

 

これは加入している健康保険によってもかなり変わります。

 

入院した時の保険は不要か?

そのような時代になってきたら、生命保険の主力商品となっている入院保険は必要なのか?という疑問が出てくると思います。

 

今多い入院保険はやはり入院一日いくらというタイプのものが多いですね。

 

会社によっては一時金をだす会社も出てきていますが、まだまだ少ないのが現状でしょう。

 

ただ日帰り手術が増えてきているということは入院はしなくても術後の通院は長くなるというか、ある一定の日数を行かなければならなくなるのは間違いないでしょうね。

 

そう考えると今後は通院治療に対応できる入院保険の方がいいかもしれないですね。

 

少なくとも入院メインの保険では日帰り手術だけの給付金では頼りなく思えるかもしれませんね。

 

この分野の保険も色々新しい保険が出てきていますから、そういった面で考えて見ることも必要だな〜と感じた次第です。

 

今後は一時金をたくさんもらえるような保険が主流になっていく可能性もかなりあるのでは?と思います。

 

このような入院保険を検討されている方は、こういったデータをしっかりと知っておいてもらい、FPや保険外交員の方とお話されるのが良いと思いますよ!

がん保険は必要か?女性の選び方のポイントやおすすめの入り方は?

各保険会社の代表商品として「がん保険」が発売されていますね。

 

様々ながん保険が販売されていますが、どの商品を選べば自分にあっているのかよくわからない人が多いでしょう。

 

そんながん保険は必要なのか?また必要であれば選び方のポイントやおすすめの入り方について書いていきましょう。

がんの治療方法とは

現在日本人の第1位の死因であるのは「がん」です。

 

「がん=死」という認識は薄れてきたものの、まだまだ怖い病気の一つであることは間違いありません。

 

そのがんですが、現在主な治療方法として知られているのは3つの方法があります。

 

その3つの方法というのは、手術治療・放射線治療・化学治療という3つの治療方法が選択されることが多いですね。

 

日本ではまだまだ手術がこの中で最も多く選択されますが、欧米は放射線治療の数が多くなっているのです。

 

放射線治療が多くなってきますと、入院をして治すというよりも通院で治すことが増えてきます。

 

こういう時代の流れもがん保険を選択するときには考えないといけないと思います。

 

 

がん保険は必要か?

そしてこの記事のタイトルで言いましたが「がん保険」は必要か?という疑問があると思います。

 

テレビCMで雨上がり決死隊の宮迫さんが「がん保険入っとけよ!」というCMがありましたが、果たして本当にがん保険は必要なのでしょうか?

 

一つ興味深いデータがあります。これは「がんになったとき家計の負担を感じたか?」ということです。

 

このアンケートに対して、43%の方が預貯金から費用を捻出したとなっています。

 

次に多かったのが「医療保険・がん保険の保険金を活用」で38%

 

また、「家族や親せき、友人等から借金・援助」という回答も11%もいるんですね~

 

つまり預貯金がたくさんある方は預貯金から出せばいいと思います。

 

もしがんになった時に家族の援助が必要ということであれば、ほかの人の迷惑になりますのでがん保険を検討するべきだと思います。

 

やはり人に迷惑をかけてはいけませんね(笑)

女性のがん保険の選び方は?

小林麻央さんの例を出すまでもなく、20代から40代くらいまでの人については男性よりも女性の方が「がん」を意識する世代だと思います。

 

そうなると「がん」に対する保険に関してはやはり考えないといけないですよね。

 

現在会社勤めをされている方や主婦の方などいろいろな人がいると思います。

 

ケース別に見ていきたと思います。

会社勤めをされている場合

会社勤めをされているといっても色々な場合があると思いますので一括りにはできませんが、どんな仕事をしているかによって変わってくると思います。

 

例えば営業職で働いている方などは、今後もその仕事を続けるのは難しくなってくるかもしれません。

 

また転勤などもある仕事をしている場合も、それが制限されるケースもあると聞きます。

 

総合職から事務職に変わったケースもあり、その時に給与形態も変わってしまうと今の生活レベルを維持できなくなるということもありますね。

 

バリバリのキャリアウーマンの人は生活レベルを下げないためにも「がん」に対する保障を真剣に考えた方がいいかもしれませんね。

 

タイプとしては、大きな一時金を選ぶかがんの治療をしている間給付金が出るようなタイプが望ましいかもしれませんね。

 

主婦の場合

主婦の方の場合、旦那さんの収入によって考えるべきポイントも変わってくるかと思います。

 

また子供さんの年齢も併せて考える必要がありますね。

 

子供が小さい場合であれば、御主人のサポートや両親のサポートもかなり重要になってきます。

 

生活レベルの維持というよりは早期治療を目的としたがんの保障を考えた方がいいかもしれませんね。

 

となるとやはりがんと診断された時に大きな一時金が出るタイプがいいかもしれませんね。

 

がん再発でも保障が出る要件が違う?

色々な会社から色々な保険が出ていますが、がんと診断された時に給付金が出ます。

 

これが診断給付金と呼ばれるものですね。

 

この診断給付金ですが、再発したときに診断給付金が出るのが2回目以降も保障するというタイプになります。

 

この2回目以降に出る要件が各保険会社ごとに違いますし、また保険ごとにも変わっています。

 

例えば2回目以降の保障は入院が必須要件であるとか、またでない保険もあります。

 

本当に保険ごとに違いますので、よく考えて保険を選んでくださいね。

 

 

おすすめの入り方は?

それでは実際にがん保険をどうやって選べばよいのか?ということですが、診断給付金を重視するのか総合的な保障を考えるのかなどで変わってきます。

 

また、もしがんにならなかったらお金が戻ってくるタイプの保険もありますね。

 

これはやはりその人の考え方によると思います。

 

また自分のライフスタイルによっても大きく選び方も変わってくるので、まず自分でどんな保障が必要なのか考えてみてください。

 

がん家系だから保障が大きいものがいいとか、がんには多分ならないから戻ってくるタイプがいいとか、その考え方を中心にして信頼できるパートナーに相談するのがよいと思いますよ!

 

三大疾病保険を比較しておすすめは一時金?女性には何が必要?

現在生命保険会社が出している商品の中で、かなりややこしい保険になると思われる三大疾病保険。

 

これは住宅ローンに特約でついていることも最近は多い特約となっています。

 

それはやはり注目度が高い病気だということがわかりますよね。

 

死因のナンバー5までにこの3つの病気が入りますから確かに気になる保障だと思います。

 

この三大疾病保険について解説していきましょう!

三大疾病とは?

それではまず三大疾病とはどんな病気のことをいうのでしょうか?

 

三大疾病というのは以下の3つの病気のことを言います。

 

「がん」(悪性新生物)

「急性心筋梗塞」

「脳卒中」

 

では一つずつ説明していきたいと思います!

 

日本人の死因ワースト1位のがんです。

 

「がん」の正式な病名は「悪性新生物」といいますね。

 

そしてこのがんの次に多い2位には心疾患(急性心筋梗塞)ですね。

 

心疾患というのは心臓に関する病気になります。だから分類としてはかなり広いです。

 

あくまで心疾患の中に急性心筋梗塞が含まれんですね。

 

だから急性心筋梗塞が三大疾病なのですが、大きな心疾患の中の一つの病名と考えるとよいでしょう。

 

そして日本人の死因第3位は意外にも「肺炎」が入っています。

 

その次の4位に脳血管疾患(脳卒中含む)になります。

 

肺炎が上がってくるまでは、ずっとこの三大疾病が死因のトップ3を占めていました。

 

なので三大疾病と呼ばれほどの大きな病気だということが分かってもらえたかと思います。

 

この三大疾病保険ですが、加入されている方の割合は意外と少なく33%程度とのこと。

 

この理由はみなさんがん保険には入られているけれどもほかの2つの病気の保障には心配が及んでいないことになります。

 

ただこの三大疾病保険は意外と曲者。よく理解して入らないと出ないこともしばしばありますのでご注意を。

 

これについては後でまた話します。

 

 

急性心筋梗塞は入院日数は短い?

心疾患とは心臓に関する病気の総称で、心疾患の大部分を占めているのが「虚血性心疾患」というものです。

 

冠動脈が完全に詰まって心筋に血液が届かなくなった状態を心筋梗塞(しんきんこうそく)といいます。

 

心臓の病気と聞くとやはり重大な病気の感じがしますもんね。

 

心臓の病気というのは、やはり早めの処置が大事です。

 

つまり手術を行うにもしても早急な対応が必要となり、三大疾病の中でも入院日数は比較的短いんです。

 

ただ、やはり大がかりな手術になることが多いので、お金はあるに越したことはないですよね。

 

そんな時に保険が出ないとなるとどんな気持ちになるでしょうか?

 

急性心筋梗塞だけの保障であれば他の心臓の病気には対応していないことがほとんどです。

 

よく考えて加入を決められることをおすすめします。

脳の病気は入院日数が長期化する

この三大疾病の中で最も平均入院日数が長くなるのがこの脳血管疾患になりますね。

 

もちろんその中に脳卒中というのですが、これは医学用語では正確なものではありません。

 

脳血管障害という名前が本来の病名なんですね~

 

そして脳の病気というのは平均入院日数が長期化する傾向にあります。

 

やはり脳というのは人間の身体の部分の中でも重要ですからね。

 

検査をしたりするのも当然慎重になってくるわけです。

 

また命には別状がなくとも言語障害や意識障害なども起こる可能性もあるので重篤化する恐れもあります。

 

また厚生労働省の調査では入院期間中の治療費トータルの平均額は三大疾病の中で最も高額な200万円との発表もあります。

 

脳の病気に関してはもう少ししっかりと考えた方がよいかもしれませんよ。

 

三大疾病になって保険が出ないことも…

先ほどこの三大疾病を保障する保険は曲者と申し上げました。

 

それは保障内容が保険によって大きく変わることが原因となっています。

 

例えば心筋梗塞になったとして入院したとします。

 

懸命の治療で早期に退院できてよかったよかった、保険金が出るので安心と思っていたら出なかった。

 

こんなケースは全然普通にあるのです。

 

皆さんが入っている三大疾病保険とか特定疾病保険という名前のものの説明書きをよく読んでみましょう。

 

昔のタイプで多いのは、そこに「労働不能の状況が60日以上経過した場合」と書いてあるのではないでしょうか。

 

もしそういうタイプの保険に入られているときには、その状態にならないと保険金は出ません。

 

小さい文字かもしれませんが、そこはよく読んでいただきたいところになりますね(笑)

 

おすすめの商品は?

この保険を難しくしているのは、保険会社ごとだけではなく保険ごとにも内容が違うことが多いからです。

 

これをすべてここで説明することは難しいですね。本当に保険商品ごとに違いますから。

 

特にこの保険は種類が多いだけに本当に注意が必要です。

 

おすすめできる商品というのはその人によって違いますが、基本的にこの保険に加入したい人はこの疾病になれば保険金が出て欲しい人だと思います。

 

なので、三大疾病の中でも特に心筋梗塞と脳卒中について意識を持っておけばいい保険は見つかりやすいと思います。

 

これを自分一人で選ぶのはなかなか困難ですので、信頼できるプロに相談してくださいね!

 

もし信頼できる相手がいない時には、私の個別相談を利用していただいても結構です。

 

相談方法
個別相談スカイプ相談

相談項目
将来の資産構築教育資金作りの相談生命保険の再構築

皮膚がんが保険対象外の場合もある?保険適用になるのはどれ?

皮膚がんの時に保険が出るとか出ないとか聞かれたことがありませんか?

 

皮膚がんというのは正式名称を上皮内新生物といいまして、がんの種類の一種として扱われることもあります。

 

がんの正式名称は悪性新生物ですので、そもそも名前が違うといえば違います。

 

ですが、やはり「がん」という響きは患者さんにとってあまりいい響きではありません。

 

この皮膚がんの時に保険が対象外のこともあるの?という疑問にお答えしていきましょう!

皮膚がんとはどんな病気か?

皮膚がん=上皮内新生物という病気は初期のがんということになっています。

 

この病気は腫瘍が粘膜上皮までにとどまっており、粘膜層より内部への浸潤していません。

 

この粘膜層を突き抜けると悪性新生物となります。つまり、そこまで浸潤(悪化)していないことがポイントです。

 

この説明では正直わかりにくいでしょう。

 

こういう説明ではどうでしょうか。

 

一例をあげると皮膚の層がAからEまであるとします。この皮膚の層というのはA~Dのところに腫瘍が届くといわゆる「がん」になります。

 

この境目のところを基底膜以降の組織に入ってくる(浸潤する)とがんになり、それ以前の粘膜層の部分でとどまった場合は上皮内新生物になるのです。

 

代表的な病名をあげると、子宮頸がんなどは上皮内新生物のことが結構多かったりします。

 

他には胃がんなども浸潤していないケースも多々ありまして、その時は上皮内新生物となりますね!

 

私の知っている限りでいえば、肺がんや食道がん、また前立せんがんやすい臓がんなどは自分の相談者の中にいました。

 

ただ上皮内新生物はそこまで重い病気ではないと考えられていないのも事実です。

 

実際に転移も少ないですし、いわゆるステージでいえば「0期」という判断になります。

上皮内新生物は治るのか?

いわゆるがん(悪性新生物)ではありませんので、完治というか5年生存率はほぼ100%となっていますね。

 

また入院日数で考えてみた場合、ほかのがんと比べても短いことがわかります。

 

平成23年度の患者調査をもとにすると、「良性新生物及びその他の新生物」の入院は10.7日です。

 

ただし、やはり手術は必要ですし、医師から出る言葉は「がん」になりますのでそこは気持ちの上で不安になることもあります。

 

もし自分が上皮内新生物になったとしたら確かにがん保険は上皮内新生物で満額出る保険に入っているので、経済的な心配は少ないかもしれませんがやはりいろいろなことを考えてしまうと思います。

 

この部分は上皮内だったけれども、がんに罹りやすい体質ではないのか?とか。

 

医師にそうではないですよ、と言われてもそのような不安はあるでしょう。

 

でも上皮内新生物の場合はそこまでの心配は無用のようです。

 

上皮内新生物の時に保険対象外の商品がある?

これは保険会社によってと保険商品ごとによっても異なるケースがあります。

 

入る商品が保障対象か対象外かどうかはパンフレットなどにも掲載されていますし、販売員の方からも説明があると思います。

 

しかし重要なのはやはり自分でどういう保障にしたいのかを決めることです。

 

保険会社によって上皮内新生物を悪性新生物と同様に100%保障する会社もあれば、10%しか保障のない会社もあります。

 

また半分というところもあるでしょう。

 

ただ上皮内新生物ですので、がんではなくほぼ治るし、あまりその部分に関しては問わないという場合は上皮内新生物の保障が少なくてもいいとは思います。

 

この部分も自分である程度考えておけば間違いは少なくなるのではないでしょうか。

 

つまり自分でこの病気の保障はいるのかいらないのかを考えておきましょうね。

上皮内新生物になった後は保険に加入できるか?

ではこの上皮内新生物にあった後、がん保険に加入はできたりするのでしょうか?

 

現在は比較的告知項目を少なくした保険であれば、がんになった後でも入れるような保険は増えてきました。

 

ただやはり上皮内新生物になると保険には入りにくいケースは多いと言わざるを得ません。

 

というのはそれが保険対象になっているかどうかが大きなポイントです。

 

がん保険で上皮内新生物の保障が少ない会社はそもそも大きな病気というように見ていませんので、がん保険に入れることもあります。

 

しかし上皮内新生物でも保障対象にしている会社はまたなるかもしれない人を保険加入させるわけにはいかないのかもしれません。

 

なので保険会社によるのですが、上皮内新生物になっても入れる保険はないことはないというのが結論となります。

 

なので最初は上皮内新生物の保障がある会社に入っておく方が良かったりすることもありますね。

 

このように色々と選択をできる上皮内新生物。

 

もし今お考えであれば、一度信頼できるFPや保険販売員の方に詳しく聞いてみてください。

 

もしそれでも解決しない場合は私の個別相談の方で相談にただければと思います!

外貨建て保険のメリットとデメリットは?加入していい人はどんな人?

日本の金融商品の改定が起こりとてつもない金利で推移しているこの日本。

 

外貨建て商品が以前よりもかなり増えて銀行でも多く取り扱っていますね。

 

その中の一つの商品として外貨建て保険がありますね。

 

しかし、ネットで調べればわかりますが否定的な意見も少数ではありません。

 

この外貨建て保険についてのメリットとデメリットについて述べていきたいと思います。

 

外貨建て保険のメリットは?

銀行で一時払いの商品に加入されている方が多いこの外貨建て保険ですが、日本円よりも高金利で運用できるということで販売数を伸ばしています。

 

この保険のメリットということで考えられるのは主に4つあると思います。

 

この中に為替リスク(リターン)があるということはいれませんでした。

 

というのは為替は変動するものでメリットでもデメリットでもありませんから。

 

結果的にどちらかに振れた時に損益が出るものだとお考えいただければと思います。

1.金利が高いので円建てよりも運用がいい

金利が日本円よりもかなり高いので最終的に支払った金額よりも多く戻ってくる可能性が高いです。(もちろん為替変動によって変わります)

 

世界的に見ても日本はかなりの低金利国家です。

 

ドルや豪ドルも一時のことを考えたらかなりの金利の低さになっていますが、日本円のそれよりははるかに高利ですね。

 

ある程度の収益性を日本円の同じ商品よりも期待できるのはメリットといえるでしょう。

2.保険料が割安である

また予定利率が日本円の保険商品よりも高いため、同じくらいの保険料でより高い保険金を得ることができます。

 

例えばで言うと保険料の総額が400万円支払って500万円の保険金があるとした場合、これを外貨建ての保険で入った場合3万ドル支払って5万ドルの保険金を得ることができます。

 

仮に1ドル100円とすれば、そのコストの差は100万円。

 

もちろん為替によって変わるものではありますが、より少ないお金で保障を得ることはメリットといえるでしょう。

3.外貨を保有することができる

これは分散投資の話になりますが、今の世の中では日本円だけを保有するのは少し危険だといえるでしょう。

 

やはりどの投資のセミナーに行ったとしても分散投資は必要だということは盛んに言われています。

 

なので今は日本円でしか資産を保有していない方は外貨建て保険に入ってドルや豪ドルの資産を持つことは悪くはないでしょう。

 

こういう商品を持つと、為替に興味も出てきますからね。

4.生命保険料控除が取れる

まだ生命保険に加入していない人は生命保険料控除を有効に活用できます。

 

この控除に関してはこちらの記事でかなっり詳しく説明しています。

 

外貨建て保険の場合は、一般生命保険料控除と個人年金保険料控除の2つが現在活用することができる控除となっています。

 

この保険料控除を活用することを前提で、しかもまだ外貨を保有していない人はメリットがあるといえますね。

外貨建て保険のデメリット

メリットがある一方で外貨建て保険のデメリットも当然ありますね。

 

代表的なデメリットということで3つ上げさせてもらいました。

 

 

1.運用コストが高い

これは他の外貨建ての商品、つまり外国債とかFXとかに比べて運用コストが高いといわれています。

 

実際の話、一時払いの商品だと思いますが銀行には手数料を開示するように指示していますね。

 

この手数料などの運用コストが高いので、それが契約者の運用に回っていないという指摘もあります。

 

また何といっても保険商品ですので保険関係費用に回る費用も大きいともいえるでしょう。

 

よって既に保険に加入していたり、他の外貨建て商品と悩んでいる人はそちらを選ばれる方がいいかもしれません。

2.為替コストが高い

為替コストは意外と高いということを指摘されていることもありますね。

 

低いコストの代表と言えるFXと比べてみるとかなり高いでしょう。

 

これもFXなどの商品と比較したりしている方から見るとデメリットになりますね。

3.途中解約するとリスクがある

これが一番のデメリットかもしれませんが、途中解約をすると解約控除などがありますので支払った金額よりもかなり少なくなる可能性があります。

 

なので加入する際には、きっちりと何年支払うといった契約通りに支払うのが望ましいですね。

 

外貨建ての商品によっては、年数が短いものから長いものまで選べたりします。

 

基本的にデメリットを少なくするためには絶対に支払える期間を考えて契約するのが最善かと思います。

 

外貨建て保険に向いている人

この保険に向いている人というのは、より少ないコストで終身保険を必要とする人には合うと思われます。

 

外貨建てといえども中身は生命保険です。

 

ドル建てでの受け取りにはなるものの終身保険で若い方であれば、支払った金額以上のものは死亡保障として残ります。

 

また日本円だけしか保有しておらず、生命保険にも入っていない人は分散投資という意味でも検討する余地はありますね。

 

日本円よりも多く戻ってくる可能性もありますから、投資初心者や生命保険に入っていない人には向いているといえるでしょう。

 

また長期間の保有を考え、自分でどれだけ支払ったかを管理し、円に換えるタイミングを自分で計ることができる人は支払った平均為替よりも、いい為替の時に円に換えれば為替での収益も期待できます。

 

これは長期間保有するつもりであれば、意外と難しくはなくコントロールはしやすいと思います。

 

外貨建て保険に向かない人

外貨建て保険で否定的な意見を述べている人はこのような方になると思うのですが、すでにある一定レベルの金融知識を有している人は向いていません。

 

自分で分散投資などを考えることのできる方や、FXでバリバリ儲けようと思っている人などは外貨建て保険に加入しない方がいいでしょう。

 

確かに流動性のことを考えた場合、10年間置いておかなければならない金融商品というのはリスクになります。

 

また為替手数料に関してもFXなどと比べて見るとかなり高いことがわかります。

 

資産運用を自分である程度コントロールできる方は、資産を増やす選択肢に外貨建て保険を選ぶことはないでしょう。

 

まとめ

ここまで外貨建て保険のメリットやデメリット、そして向く人と向かない人について説明してきました。

 

資産運用だけの観点で見れば外貨建て保険以外の選択肢もあると思います。

 

しかも自分である程度コストを意識できたりする人などは違う商品を選んだ方がいいでしょう。

 

ただ全員が全員そのような知識を有しているでしょうか?

 

何もわかならいから、信用できる人に任せたいとかそんな人も実は私の経験上でも少なくありません。

 

こちらサイドの知識の問題はもちろんありますが、外貨建て商品に入ることでメリットを得ている人も少なくはありません。

 

私が言いたいことは、何でもかんでも外貨建て保険の販売ありきではよくないと思いますが、総合的な判断で選べばよいと思います。

 

まだ外貨を持っていなかったりとか、生命保険料控除を全く使っていない、年金保険料控除が余っているとかの状況で選ぶのは決して間違いではありません。

 

今から日本円で終身保険に入るよりも低コストで加入できることに魅力を感じる人もいるでしょう。

 

結局のところは、納得いくまで説明を聞くことが重要だと思います。

 

また商品によるのですが、支払期間は短い方がおすすめです。

 

もし色々と疑問があるようであれば個別相談していただければと思います。

 

30代既婚女性の医療保険でおすすめは?必要な人はこんな人!

現在東京都で平均初婚年齢は30.4歳となっていますね。これは厚生労働省が調査したデータです。

 

なので30代既婚女性はまだお子さんが小さいケースが今は多いのではないでしょうか?

 

もちろん20代で結婚してすでにお子さんが大きくなっていることもあるでしょうけどこの辺りも医療保険に入った方がいいかどうかのポイントとなりますね。

 

今回は30代既婚女性で医療保険に入っておいた方がよいと思われるタイプの人を説明したいと思います。

 

子供が小さくて専業主婦の方

先ほども説明しましたが、日本は晩婚化が進んでいます。

 

東京都は初婚が30.4歳ですが大阪の場合も29.4歳で第5位。

 

この順位の近辺には神奈川県・千葉県・埼玉県・京都府と軒並み働いている人口が多い地区は30歳よる少し前になっているんですね。

 

なので30代の既婚女性でも子供が小さい方はかなり多いのが現状です。

 

まだ子供が小さいときには、何かと子供に世話がかかることは多くなります。

 

そんな時にもし主婦であるママが入院してしまったらどうするでしょうか?

 

もちろん実家のお母さんに来てもらうとか、実家に預けるという選択肢も出てきますがそんな時に役に立つのはやはりお金ですね。

 

軽い入院であればいいですが、ちょっと病気の程度が重くなった場合にはベビーシッターなどを雇おうという選択肢も出てきますね。

 

そんな時には入院費用にあまりお金がかからないケースでも、そういった他のことにもお金が使えると思います。

 

またどうして専業主婦かといいますと、もし子供を育てながら働いている方であれば有給休暇も使えるでしょうし、貯蓄もあると思われます。

 

主婦になってしまうと、収入は夫のみになってしまいます。

 

もちろん貯蓄がたくさんある方は心配無用かもしれませんが、子供の小さい時だけでも入っておくという選択肢はあってもいいと思いますよ。

 

家族にがんにかかった人がいる方

最初に断っておきますとがんは遺伝とかではなりません。

 

「がん家系」という言葉がありますが、実際にはほとんど関係ありませんね。

 

ただ家族ががんになったことがある方はその時の大変な状況をかなり知っておられます。

 

私の相談者の中にもこのような人たちがいました。

 

「家族ががんで大変だったからがん保険に入っておきたい」

「がんになった時には精神的にきつい。だから経済的な面まで心配したくない」

「がんになったら見舞いに行くなど家族の負担が大きくなる」

 

こういう声があるのも事実です。

 

それはやはり身をもって体験された方の言葉ですので説得力がありました。

 

医療保険というよりもがん保険になるのですが、しっかりと考えられて加入されるケースが多いです。

 

しかも加入された時に安心を得ることができたという充実が出る人もいます。

 

やはり身近な人が大病を患うとまわりの人に与える影響は大きいですもんね。

 

貯めたお金を減らしたくない方

 

医療保険にやがん保険に加入していないとなると、もし入院という事態になった時に手元の貯金を出すことになりますね。

 

でも自分の貯蓄を減らしたいと思っている人は少ないでしょう。

 

確かに少しくらいの入院費用では貯蓄で賄えることがほとんどだと思いますが、がんや三大疾病にもしなってしまった場合には手元の貯蓄で賄えるか不安な方はいますよね。

 

先ほども申し上げましたが、大きな病気になった時にはまずは精神的に参ってしまうこともあります。

 

その上経済的な不安までのしかかることはあまり得策とはいえません。

 

貯めたお金を切り崩さないためには、1日いくら出るとかの医療保険はあまり必要ないかもしれませんががん保険とか重い病気に備えるメリットはありますね。

 

また診断給付金などが出ますので、自分の貯蓄は守ることができます。

医療保険が不要な方は?

では反対に医療保険が不要な方はどんな方でしょうか?

 

大手企業などに努められている場合、結構保険組合がしっかりしていれば自己負担が本当に小さくて済む会社があります。

 

自分の会社はどれくらいの自己負担なのかを知っておくことはかなり重要ですので、一度調べておいてくださいね。

 

また、日本の国民健康保険制度は大企業だけでなく現在のところ充実しています。

 

将来的にはこれだけの保険料で運営していくことは難しいかもしれませんが、現在の制度は自己負担が大きい病気以外ではかなり役だちます。

 

また貯蓄があるかないかによって大きく違います。

 

極論を言えば、お金がたくさんあれば保険というものは治療費を賄うための保険は必要ありません。

 

もう少し税制面で保険の活用を考えた方がよいかもしれませんね!

生命保険料控除を活用していますか?対象となる保険を確認しよう!

 

30代におすすめの医療保険は?

 

ここまで30代の既婚女性で保険に入った方がいいタイプの人を説明してきました。

 

ではここから30代で医療保険に入るとすればおすすめはどんなものになるのか?

 

3つのおすすめパターンがありますのでお伝えしましょう。

支払った保険料が結果的に戻ってくるタイプ

医療保険という商品は安心を買う商品でもありますので。掛け捨てのタイプが非常に多いですね。

 

なので、結果的に支払った保険料が入院給付金額よりも大きくなるケースの方が圧倒的に多い。

 

このことが医療保険は必要ないのでは?と思われる方が多い一因にもなっていると思われます。

 

しかし、支払った保険料がすべて戻ってくるという保険も今は世の中に出ていますので保険料がもったいない!と思われる方は将来の貯蓄という意味を考えてこういうタイプを選択してもよいのでは?と思います。

 

もちろんデメリットというか注意点はもちろんありますが、お金を一円でも無駄にしたくない方には合っているなのかもしれませんね(笑)

 

定期的にボーナスがあるタイプ

これもどちらかといえば、お金を無駄にしたくない人向けの保険になるでしょう。

 

ただ、このタイプはよく吟味しないと、ボーナスがもらえる要件が会社によってかなり異なることもあります。

 

またずっと支払っていく終身払いというものと期間を定めて60歳とかまでに支払いを完了させる短期払いのものがあります。

 

これももちろん計算して考えればよいのですが、トータルコストを抑えることができるのは、短期払いになると思われます。

 

またこの短期払いも色々と選べまして、10年とか60歳までだとか。

 

自分に一番合ったタイプを探すのは一人ではなかなか難しいかもしれませんが、いいものもありますので頑張って探してくださいね!

 

とにかく今のリスクを減らしたいタイプ

これが保険の本来の入り方かもしれまっせんが、例えば会社経営や自営業をされている女性は今の保障が必要な方もいるでしょう。

 

また貯蓄がたくさんない人も保障が必要な方になりますね。

 

今のリスクを本当に減らしたい方は当然一時金が多く出るタイプがいいと思います。

 

たとえ一泊二日の入院でもまとめて多くのお金が給付されるタイプは今のリスクを回避するには適していると思います。

 

後は入院事情をよく知っている方が意外に入院すればすぐに給付金が出るタイプを選択されますね。

 

これは最近の入院は長くないことを知っているからかもしれません。

 

一時金タイプを選ぶのはこういう傾向があることを知っておくと便利ですよ(笑)

 

30代からは乳がんリスクが高い

 

そしてやはり30代の女性といえば、小林麻央さんの例を出すまでもなくがんの心配が大きいです。

 

乳がんや子宮がんという女性特有の病気がありますので、この年代の方のがんの罹患率は男性のそれを大きく上回ります。

 

ですからこの時期からこういった病気に対する保障を備えておくという選択肢は大いにあってもいいと思います。

 

また女性が大きな病気になると、プライバシーが守られる個室にしたいと思われる人も多いです。

 

確かに乳がんになったときには、入院自体は長くなく通院が多いかもしれません。

 

しかし、諸費用その他もろもろの費用を考えると、闘病するための費用というのは決して馬鹿にできないものです。

 

またセカンドオピニオンの意見も聞く方が自分の治療の選択肢を出すうえであった方がよいでしょう。

 

30代の女性でしたら、まだまだ保険料も安いことが多いのでこの機会に真剣に考えてみてもいいでしょうね!

まとめ

色々な選択肢がありますので、これが一番いいというものはそれぞれの状況を踏まえて考える必要があります。

 

複数の会社をひかっく検討するのも重要ですが、まずは自分に医療保険が必要なのか不要なのかを考えてみましょう。

 

それで必要となったら、信頼できる人に相談されるのが一番の近道ではないかな?と思います。

 

自分に合った保険に巡り合えたらよいですね!!

 

相談方法
個別相談スカイプ相談

相談項目
将来の資産構築教育資金作りの相談生命保険の再構築

我々の国民年金の受給額はいくら?年金だけでは生活できない!

我々の老後生活を左右する国民年金ですが、今のところ65歳から支給ということになっていますね。

 

会社員の方も自営業の方も形は違えど将来自分たちのために納付している国民年金

 

その年金は一体どれくらいあるのか考え阿多ことがあるでしょうか?

 

国民年金の受給額、つまり受取額だけで生活できるのか?

 

国民年金の保険料は?

現在国民年金の月額はいくらかご存知でしょうか?

 

2017年現在の国民年金保険料は月額16,490円になっています。

 

この月額は16900円に改定率をかけたものになり、当分の間16,900円に改定率をかけることは決まっていますので当面の保険料はこのくらいをキープするものと思われます。

 

この改定率という言葉ですが、国民年金のホームページには以下のように記述されています。

 

改定率は、その年の労働人口や平均寿命の伸び率などを判断し、その都度年金保険料に反映させるものです。~国民年金HP

 

国民年期の保険料はこれまで何度も変遷しておりまして、その年度ごとに違うのですが、きっちりと20歳の時から60歳まで年金を払い続けた場合を考えてみます。

 

国民年金の受給額は?

40年間一度も遅滞することなく、またきりんと払い続けた場合には1年間いくらもらえるのかを調べてみると779,300円受け取れることになります。

 

 

この受取額の計算式は下のような計算をしますね。

 

77万9300円×保険料納付期間(月数)/480 (平成29年度)

という事になります。

 

つまり40年間である480か月のうち何か月納付したかによって約80万円から月数分を除くという感じですね。

ただこの金額を見てどのように思われましたか?

 

毎月に直すと約65,000円ですね、夫婦2人で13万円です。

 

よくても「生活の足しにする」程度のものですよね。

ただこの金額は満額を支払っての話ですので、免除期間がある人はもう少し変わってきます。

 

いずれにしても満額は約80万円ですので、それ以上はありません。

 

このことを頭に入れておいてもらうのがよいかと思います。

 

会社員の方が入っている厚生年金はこの国民年金の上乗せになりますね。

 

なので自営業者の方よりも会社員の方が将来受け取ることができる年金は多くなります。

 

今主婦になっている方でも、会社員で働いていた時代があれば上乗せされますね。

 

詳しいことはねんきん定期便がはがきで来ていると思いますので、そこからホームページでシミュレーションご活用くださいね!

 

ねんきん定期便クイック試算

 

実際の支給額は55,244円

満額で779,300円(月額64,941円)の国民年金ですが、これは満額を支払ってのもの。

 

平成27年度に支給された国民年金の平均額は55,244円という報告が出ています。

 

もちろんっこれは政府が勝手に下げたのではなく、支払っていない期間があったりとか免除期間があったりということでこういう金額になっているのですね。

 

ちなみに繰り上げ支給を受けた人(60歳からもらっている人)はもう少し下がります。

 

実際の支給額は38,967円となっていますので4万円にも満たしていませんね。

 

これでは全然生活はできないレベルです。しかしあるとないとでは全然違いますからやはり年金は納付しておきましょうね。

 

ではその将来の生活の基盤となる年金なのですが、一体何で運用しているかご存知でしょうか?

 

国民年金は何で運用しているのか?

国民年金及び厚生年金の運用に関しては、厚生労働大臣より寄託を受け年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)という組織が管理運用をしています。

 

独立行政法人という官僚の天下り先ですね。

 

この組織で国民の年金の運用を安全かつ適切な運用をしているのです。

 

そしてこの組織がなぜ運用しているのかというと、GPIFはこのように説明しています。

 

「国が直接年金積立金の管理や運用を行った場合には、行政の肥大化につながったり、専門的知識を持つ人材を集めにくいことや、国による企業支配につながるといった問題があるため、国とは別の組織が行っています。」~GPIF

 

簡単に言えば国が運用するとよくないから専門機関を作ったということですね。

 

独法なのでそれほど変わらないような気もしないでもありませんが…

 

そしてこのGPIFは企業努力としてが収益性を高めるために、株式や債券投資、さらには外国株式や外国債券などに投資をして収益を上げるようにしています。

 

そのためには長期的なポートフォリオが必要となっています。

 

長期投資は分散投資

ではこのGPIFの運用方針というのはどういうものになっているでしょうか?

 

国民の年金というのは、国民からお預かりしている保険料という意味で大事な資産であり、減らしてはいけない資産です。

 

その国民からお預かりしている重要な資産でさえも、収益を上げるためには日本人が危険だと思う外国債券や外国株式というようなものに投資をしています。

 

少し前までは、国内債券の比率が60%ちかくありました、つまり、安全な債券である国債だけでの運用では資産は増えていかないということを表しているんですね。

 

このことは我ら国民も十分に認識しておく必要があるのです。

 

ということは、我々自身もポートフォリオを組んで、自分の資産構成も長期的な視点で見れば分散投資を行う必要があるのです。

 

日本人の資産は現預金に偏りすぎ

日本銀行が2015年3月に公表した「資金循環の日米欧比較」の中の「家計の資産構成」はどうなっているのでしょうか?

 

現預金が52.5%、保険年金準備金が26.4%、株式・出資金9.5%、投資信託5.5%、債券1.7%となっています。

 

実に日本人の金融資産の5割以上が現預金となっています。

 

ある意味国民性といいますか、この国の文化を表していると思います。

 

一方、アメリカにおいては株式・出資金が33.4%、保険年金準備金が32.5%、現金預金13.4%、投資信託13.1%、債券4.7%の順番です。

 

日本人と比べるとかなりポートフォリオの違いが鮮明となっています。

 

国民性の違いといってしまえばそれまででしょうが、元本保証というか「減るのがイヤ」というのが日本人の特徴だといえるでしょう。

 

「投資は怖い」と異常な恐怖心を持っているのが日本人だと私も色々な方々とお話しているとすごく感じます。

 

しかし、年金を運用しているGPIFを見ても、やはり増やすためには長期投資を実践されていますし、ある程度のリスクを取っていくことで収益性をあげようと努力しているのがわかります。

 

確かに短期的に見ればマイナスの運用損が出ていましたが、考え方としては間違いではないと思います。

 

自分たち国民も年金を積み立てている以上、間接的には投資をしているという意識を持てば少しづつ変わっていくのでは?と思っています。

 

しかも現在はマイナス金利で預けているだけではお金は増えていかない時代です。

 

自分の家計のポートフォリオをもう少し考えてみて、長期的な資産構築を考えるときにはバランスのいい投資戦略が必要になってきますね。

 

特に自営業者の方は大変です。

 

先ほども説明したように満額を支払っても国民年金は年間80万円しかありません。

 

これだけで生活するのは正直無理ですので、今から少しづつでも自分の資産を構築していく必要があります。

 

どのようにして貯めていけばいいのかわからない!という方は毎月先着10名だけで相談をお受けしていますのでお申込みください。

 

相談方法
個別相談スカイプ相談

相談項目
将来の資産構築教育資金作りの相談生命保険の再構築

生命保険料控除を活用していますか?対象となる保険を確認しよう!

生命保険料控除というのをご存知ですか?

 

このページに来られた方ですので、当然生命保険料控除を活用しようと思ってたどり着かれたことと思います。

 

ではこの生命保険料控除とは一体何なのでしょうか?

 

詳しく説明していきたいと思います。

 

生命保険は税金とは切り離せない関係

生命保険に加入するときには、必ずと言っていいほど税金の知識が必要になってきます。

 

むしろ生命保険に入るときには、これは何の税金に関係があるのか?ということを意識しておいた方がよいですよね。

 

もちろんこれは個人で生命保険に加入するときにも役立つ知識になります。

 

ではどうして役に立つかというと生命保険には税金面において優遇されているからなんです。

 

日本の国は同じ金融機関である銀行や証券ではなく、生命保険会にだけ優遇措置を取っています。

 

なんでそうなっているかは色々な絡みがあると思われますし、ここに書くのはどうかと思いますのでご興味のある方は直接会って聞いてください(笑)

 

生命保険料控除はあるが銀行預金控除はない

ではなぜ生命保険料は控除対象になるのでしょうか?

 

生命保険においても終身保険や養老保険のように貯蓄性の高い商品もあります。

 

 

また個人年金保険などは、お金が貯まっていく上にさらに控除も受けられるというこの制度を活用した方が有利な制度もあります。

 

同じお金をためていく商品が銀行や証券会社にあったとしても、こういった控除を受けることはできません。

 

預貯金控除というものはこの世の中に存在しないのです。

 

自分の将来の年金を個人年金保険で積み立てていった場合には、年金保険料控除が最大年間4万円まで控除されることになります。

 

こんな有利な制度は利用するべきですよね。

 

でも貯金はしているけれども個人年金はしていないという方も結構いると思われます。

 

こういう方は年間で数千円単位でもったいないことをしている可能性が高いですよ!

 

所得控除を詳しく説明

ここで少し所得控除に関してお話しておきます。

 

会社員の方ですとあまり意識していないと思いますので、ここで少し説明しておきます。

 

所得税というのは、額面の年収に税金がかかるわけではなく、控除などを差し引いた額に対して以下の表のとおりの税金がかかることになっています。

 

下の表は速算表になっています。国税庁のホームページのを見て記載しています。

 

平成27年分以降

課税される所得金額 税率 速算控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え1800万円以下 33% 1,536,000円
1800万円を超え4000万円以下 40% 2,796,000円
4000万円超 45% 4,796,000円

 

つまり課税所得に対しての表であり、年収で掛け算するわけではありません。

 

どういうことかというと、会社員の方にはもともと給与所得控除というものがあります。

 

仮に年収が1000万円の方は給与所得控除でまず以下の算式にあてはめます。

 

収入金額×10%+1,200,000円

 

これに1000万円を入れた場合、1000万円×10%=100万円+120万円=220万円が所得から控除されます。

 

この時点で780万円です。

 

その後に配偶者控除とか基礎控除などを差し引きして課税所得が決まるのです。

 

ではこの控除の合計が100万円あったとすると780万円から100万円を引いた680万円が課税所得になり、上の速算表にあてはめると税率は20%となっています。

 

この速算表にあてはめると680万円×20%=136万円-控除額427,500円=932,500円の税額となるのです。

 

ここで気になるのが配偶者控除というものがありますね。

 

パートで年間103万円以下であれば、とか世間で話題になっているものです。

 

みなさん配偶者控除は活用したいと必死ですが、これと同じ項目の中に生命保険料控除はあるのです。

 

なので活用できるのであればした方がいいに決まっていますよね?

 

生命保険料控除活用例

少し例をあげると、年収のうち給与所得控除などを引いて400万円に税金がかかる人がいたとしましょう。

この人が預貯金で毎年8万円貯めようが、支払わなければならない税金は変わりません。

 

その方の所得税率が10%であれ400万円の10%になりますので40万円の税金です。

 

預貯金でためている場合…10%の税金で40万円

 

さらにこれとは別に住民税もかかります。

 

住民税は一律10%になりますので同様の金額がさらにかかることになりますね。

 

では同じ条件の人が預貯金ではなく、個人年金保険で同じ額を貯めようとした場合はどうでしょうか?

 

8万円の保険料の半分である4万円が年金保険料控除の対象となります。

 

よってこの金額4万円をを400万円から差し引きます。つまり396万円に税金がかかるのです。

 

課税される税金が10%であれば39.6万円。

 

年金保険に加入した場合…10%の税金で39.6万円

 

つまり年間4000円の利息がついたのと同様の効果を生み出すことになります。

 

さらにここに住民税も変わってきます。

 

住民税で控除されるのは所得税の7割になりますので4万円の70%は28,000円控除されることになります。

 

本来住民税は同様の金額を納める必要がありますが、28,000円の控除がありますと2,800円が年末調整で戻ってくることになります。

 

つまり所属税で4,000円、住民税で2,800円の合計6,800円が年末調整で還付されて戻ってきます。

 

8万円預けて6,800円の利子がつく預貯金が他にあるのでしょうか?

 

金利で考えてみますと、8.5%の金利ということになります。

 

 

このマイナス金利の時代には活用して欲しい制度であることがおわかりいただけるかと思います。

 

しかもこの金額は年金保険料控除のみでの金額です。

 

生命保険料控除には全部で3種類の控除があります。

 

・一般生命保険料控除

・介護・医療保険料控除

・個人年金保険料控除

 

ではどれだけ払ったらどれくらいの控除になるのかを表になっていたのがWikipediaにありましたので拝借しました(笑)

 

年間に支払った保険料 所得税の税額 住民税の税額
12,000円以下 全額 全額
12,000円超20,000円以下 全額 払込保険料×1/2+6,000円
20,000円超32,000円以下 払込保険料×1/2+10,000円 払込保険料×1/2+6,000円
32,000円超40,000円以下 払込保険料×1/2+10,000円 払込保険料×1/4+14,000円
40,000円超56,000円以下 払込保険料×1/4+20,000円 払込保険料×1/4+14,000円
56,000円超80,000円以下 払込保険料×1/4+20,000円 28,000円
80,000円以上 40,000円 28,000円

 

この3つの控除を有効に使いましょうね。

 

ちなみに上記の表は新制度の表になっています。

 

旧制度と新制度というのは、平成24年より先か後で変わってきます。

 

旧制度は介護医療保険料控除がありませんが、一般と年金の控除が5万円ずつあります。

 

もし今ご加入中の保険がこの制度を徹底的に活用できていないのなら、一度見直してみてもいいかもしれませんね!

 

生命保険と税金の関係は深い

生命保険に加入するのであれば、税金の知識を持った人に相談しましょう。

 

このように生命保険と税金は切ってもきれない関係にあるといっても過言ではありません。

 

しかし業界の中には税金の知識がほとんどない人も大勢います。

 

個人の方でもこのように税金の知識を持てば、年間何万円かであればメリットを受けることは十分可能になってきます。

 

また生命保険の税金メリットはここだけにとどまりません。

 

相続においてもかなりの力を発揮いたしますので、やはり税金の知識は必須です。

 

本当のプロの人に相談するようにしてくださいね。

 

もし本当のプロがあなたのまわりにいないようであれば、私毎月先着10名までであればご相談をお受けすることができます。

 

利用したいな、と思うようであればお申込みしてくださいね!

 

相談方法
個別相談スカイプ相談

相談項目
将来の資産構築教育資金作りの相談生命保険の再構築

 

20代女性のおすすめ医療保険は?選び方は職業によって違う!

20代の女性は、キレイになることやファッションにも興味がありお金はいくらあっても足りません(笑)

 

でも最近の若い女性たちは将来のことを見据えてきちんとお金を貯めている方もかなり多いですね!

 

ちょっと昔人間に足を突っ込みかけている自分から見ると本当に驚きです(笑)

 

そういうしっかりした方は、保険を選ぶ際にもやはりきちんと考えられています。

 

「世間の人たちはどんな保険を選んでいるのか?」

「またどんな保険が自分に合っているのか?」

 

という質問は私も数々相談を受けて来ました。

 

そこで、タイプ別に、また職業別にどんな保険を選べばよいのかを説明していきたいと思います。

独身で会社員のケース

会社員の方は福利厚生がしっかりしているかどうかで結構変わると思いますね!

 

会社によっては一ヶ月の上限額がかなり低く設定されている会社もあるため、入院の保険は必要ないと思える場合もありますね。

 

ただ大きな病気になってしまうとどうなんでしょうか?

 

がんをはじめとする三大疾病になると治療が長引くこともありますね。

 

治療が長引くことで女性のキャリアが奪われることもあるみたいです。

 

がんになった時に一時金として何百万円とか入っていた方が安心なケースもあります。

 

それでも大きな保険料を掛け捨て保険に入るのはどうかな?と思いますね。

 

それでしたら、将来の自分のためになるようなものを選んだ方がいいと思います。

 

まだ全然考える必要性はないとは思いますが、将来の年金が枯渇することは目に見えていますので将来の自分のためにお金が残る保険に入るという選択肢もあるでしょう。

既婚者・子供がいないケース

既婚者で子供がいない時には、まだお勤めされていることの方が多いでしょう。

 

基本的には独身の会社員と同じ考え方でいいとは思いますが、近いうちに子供が欲しくなってきたりすることもあります。

 

特段大きな保障は必要とは思えませんが、子供が欲しいと思っている場合には保険に加入している方がいいかもしれませんね。

 

普通分娩の場合であれば、入院の保障は何もありませんが、もし帝王切開になった時には医療保険に入っている場合給付金が出ます。

 

手術給付金が出ますのでバカにできない金額が出ますね。

 

終身型とか定期型はどちらでもよいと思いますが、ライフスタイルとその人の考え方で選べばよいと思います。

既婚者・子供ありのケース

すでにご結婚されていて、お子さんがいらっしゃる方もいるでしょう。

 

そんな人は自分がもし入院なんかしてしまった場合のことを考えると大変です。

 

お子さんが小さい間は、当然ちょっとしたケガや病気で入院することはありませんよね。

 

でも第一生命のCMでも放送されていたように、20代の入院の確率は7.1%と元恋人の名前を呼んでしまった3.6%よりもかなり高いことがわかっています(笑)

 

そう考えると、やはり自分がもし入院したときのことを考えると一時的にお金があった方が何かと便利。

 

もちろん実家の親御さんが助けてくれるケースもあるとは思いますが、ここではやはり短期入院に強い保険が合っていると思われます。

 

ちなみにこのCMの違うバージョンではスマホの水没が6.8%となっていました。

 

スマホの水没が入院する確率よりも少ないのはちょっと驚きではありますが(笑)

 

まあそうですね、20代の人が入院するのは盲腸やケガなどもありますから、そう考えるとそれほど不思議な数字ではないかもしれません。

 

自分でお仕事をされている方は?

今の時代は自分でお仕事をされている人もかなり多いと思います。

 

資格を取ったり、自分で何かを教える仕事をしていたりと。

 

そんな方向けにはこちらの記事で自営業向けの保険の選び方について書いてあります。

 

自営業者におすすめの保険は?会社員とは違う選び方のポイント

 

簡単に説明すると、やはり自分が入院したときには、売り上げの補填ができるような保険であることが望ましいかと思います。

 

それと生命保険料控除はしっかりと使いましょう!

掛け捨てがとことん嫌いな方は?

そもそも掛け捨てが嫌いな方は、医療保険に入らなくてもよいのでは?と思います(笑)

 

でも今の時代はそんな人向けの医療保険も出ているのは出ています。

 

自分が払った金額が全額戻ってくるタイプの商品は、このように掛け捨てが嫌いな人にとっては合っているでしょうね。

 

ただ全額戻ってくるといっても、戻ってくる時期はかなり先になります。

 

この辺りのことを踏まえて検討される方がよいと思います。

 

一番のおすすめは?

その人その人によって考えが違いますので、一番おすすめのものは何?と聞かれると答えることはできません。

 

しかしながら一番コストが低いものを探すことができます。

 

事実どの商品が一番コストが少なくて済むのかということはやはりお会いしてそに人の状況を把握しないと人によって変わる場合もあります。

 

そのように最も自分にあったものを検討されたい方は個別相談またはスカイプ相談でご相談ください。

 

毎月10名限定ですのでお早めに!

 

でも20代の女性の時から医療保険を考えるのは、コストの面で考えるとかなり有利になります!

 

お金をできるだけ有効に活用したいとお考えの方は、この機会にじっくりと考えてみてはいかがでしょうか?

 

相談方法
個別相談スカイプ相談

相談項目
将来の資産構築教育資金作りの相談生命保険の再構築